• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生活美人に聞く!美人の食生活の秘密とは?

Date:2012.12.06

人間の「元気に生きる」というエネルギーの源は、やはり食生活ではないでしょうか。時間がないからといって、毎回インスタント食品や外食ばかりを続けていると、必ず身体や体にも悪影響を及ぼします。

季節に合った旬の食材を食卓に揃えることはとても大切です。ただ、時間がないのも現代の私たちには言えること。なるべく時間や手間をかけないで、美味しく新鮮なものをいただくのが理想ですよね。

そんな食生活を心がける為には、料理の基礎知識やスピーディー調理方法を知っておくと良いかと思います。そうすれば毎日の食卓が豊かになりますし。美人への近道も間違いないです!

朝食には時間をかけない料理の知恵と工夫をしましょう。

朝食は1日の活力を得るための大事な時間です。物を噛んだり、食べたりする事で脳に刺激が送られ、頭や身体をしゃきっと目覚めさせてくれます。

だからと言って、「痩せたい」などといったダイエット目的の理由から、コーヒーだけで長時間空腹が続くと、かえって太る原因になります。

朝食をしっかりと摂る為に、調理時間のかからない知恵や工夫も大切です。なんせ、朝の1分1秒は特に貴重ですからね。

どんなメニューが理想なの?

サラダの材料の野菜は、前夜の夕食の片付けのついでに切ったり、茹でたりしておきます。野菜を茹でるついでにゆで卵を作っておけば、朝の調理時間はほとんどかけなくても充分にバランスの摂れた朝食が食べられます。

茹でるのに時間のかかるブロッコリーなどは、電子レンジを使うとだいたい1分くらいです。便利なシリコンスチーマーなども、こういった時の救世主!栄養もしっかりと摂れるし非常に使えるアイテムです。

冷蔵庫に常備してある果物や乳製品を加えれば、ほぼ理想に近い朝食になります。

和食中心派は炊き立てのごはんをたまには味わってみませんか?タイマーをセットしてお米を炊くのはもちろんの事、冷凍したご飯を解凍すれば簡単に炊きたてのご飯が食べられます。

また、和食派にオススメなのが、前夜に茹でたり、切っておいた野菜にポン酢などをかけて和風サラダにして、その上に納豆を添えればたちまちバランスの摂れた美人食の完成です!

1食3皿が栄養バランスのポイントです!

食品の数を上手に組み合わせて食べる事は、ビタミンやミネラル不足を解消してくれます。栄養バランスの摂れた食事の為に、

  1. エネルギー源の主食
  2. たんぱく質となる主菜(肉・魚・豆類)
  3. ビタミンやミネラル源となる副菜(緑黄色野菜、淡色野菜、海藻類)

の3皿を意識的に摂りましょう。これに果物を加えれば、さらにバランスが良くなります。

旬の食べ物にアンテナを張りましょう!

「旬」の食べ物は、自然の四季に恵まれた日本人ならではの「健康食」です。その季節に出回る「旬」の食材は、栄養も豊富で身体もとても良く、キレイになる為にも積極的に取り入れるようにしたいものです。

季節感も味わいながら、身も心もキレイになるのですから良い事ばかりです!今はスーパーに行けば何でも手に入る時代です。ですが、季節ごとの「旬」の食材を覚えておくと、食材選びや料理のレシピ作りの参考になりますよ。

知っておきたい旬の野菜たち

春編

3月(わけぎ、うど、京菜、からし菜)
4月(木の芽、三つ葉、ふき、さやえんどう、ワラビ、新たまねぎ)
5月(たけのこ、わらび、キャベツ、新ジャガイモ、そらまめ)

夏編

6月(ジャガイモ、ごぼう、梅、らっきょう)
7月(玉ねぎ、きゅうり、トマト、さやいんげん、青唐辛子、茄子)
8月(茄子、みょうが、新しょうが。きゅうり)

秋編

9月(しょうが、枝豆、茄子)
10月(栗、里芋、ぎんなん、シメジ、まつたけ、エノキ)
11月(ごぼう、白菜、大根、ほうれん草、カブ)

冬編

12月(ねぎ、ゆず、白菜、大根、小松菜、れんこん)
1月(ねぎ、ゆりね、大根、小松菜、レンコン)
2月(大根、水菜、わけぎ、春菊)

知っておきたい旬の魚介類

春編

3月(メバル、エボダイ、ワカサギ)
4月(マダイ、トビウオ、アサリ、ハマグリ)
5月(イサキ、カマス、カツオ)

夏編

6月(アジ、ハモ、アナゴ)
7月(スズキ、タコ、カマス)
8月(ドジョウ、シマアジ、イワシ)

秋編

9月(サバ、サンマ、イワシ)
10月(アジ、サンマ、イカ、カレイ)
11月(カワハギ、芝エビ、カキ)

冬編

12月(サワラ、タラ、ブリ、カキ、アマダイ、アンコウ)
1月(ブリ、マガレイ、ボラ、ホウボウ、ムツ)
2月(ブリ、イシガレイ)

この記事をシェアする

関連記事