• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

習慣が肥満を招く?生活リズムをきっちり管理してダイエットする方法

Date:2013.04.22

リンゴのみを食べるダイエットや運動するダイエット、食事を抜くダイエットなど世の中には様々なダイエット方法が溢れています。皆さんも何かしらダイエット方法を試したことがあるのではないでしょうか。

実は、ダイエットを行う前に生活リズムを改善することがダイエットに繋がると言われています。今回は生活リズムを改善する為には具体的にどんな事をすれば良いかご紹介します。

生活リズムの改善は見直すことから始まります

生活リズムとは、平日と休日の動きを大まかに見ることでわかります。紙に就寝時間や起床時間、食事、おやつ、運動などの時間を書き込みましょう。

おやつと夕食の時間が近い場合は、おやつの時間をお茶の時間に変更し、夕食後すぐに就寝の場合は胃腸に負担がかかっていることが考えられます。

人が寝ている間は体も眠る必要があるのですが、食べてすぐに寝てしまうと消化不良になってしまいます。ですから、夕食は寝る3時間前までに済ませることをお勧めします。

日々違うので書けないという方は、生活リズムの改善によってダイエット出来る可能性が大です。不可能ではない理想とする生活リズムを書いてどこか見える所に貼りましょう。

日々の食生活を見直そう

食事は、一日三食摂ることはもちろんですが、肉や魚、野菜、果物などバランスの良い食事を心がけましょう。家に居る時はきちんと食べることが出来るが、仕事があるとバランスの良い食事は難しいという場合はサプリメントを利用しましょう。

特にビタミン不足は免疫力を低下させるだけではなく、肥満になりやすいと言われていますので、一日必要な量はしっかり摂取することを心がけましょう。

間食も少しであれば気分転換にもなるでしょう。しかし、食べ過ぎは禁物です。袋菓子などは食べる分だけ出して、他は翌日にまわすなど出しっぱなしで間食を摂らない様にすると過剰摂取を控えることが出来るでしょう。

日々の就寝時間を見直そう

先ほどもご紹介した通り、寝る3時間前までに夕食は済ませておくことをお勧めします。寝る前には、明かりを落とし穏やかな音楽やリラックス出来る香りを使って、寝入りやすい様に工夫しましょう。

また、寝酒は控えてハーブティーやホットミルクなど気持ちを穏やかにする飲み物がお勧めです。理想的な睡眠時間である6時間から8時間程度は確保しましょう。

日々の運動量を見直そう

一日の生活リズムを書きこんだ際に、運動する時間が全くない方は居ませんか。これまで通り運動しなければ体型はそのままですが、少しでも運動を取り入れることでダイエットが期待出来ます。

例えばお風呂に入る前に腕立て伏せや腹筋、ストレッチなどを行う、朝食前にヨガを行う、帰りが早い日はウォーキングやジョギングを行うなど運動する時間を確保しましょう。

毎日出来る運動であればダイエット効果が期待出来ますが、あまり無理をすると続かないので体に負担がかからない運動を選ぶことがポイントです。

規則正しい生活は脳にも良い?!

規則正しい生活は体内時計を整えると言われています。体内時計が整うと心身だけではなく、脳の老化予防にも繋がります。この他にも肌の調子が良くなる、夜型から朝型体質に変わるなど様々な効果が期待できるので、試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事