• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

《手相占い》「鎖型」の位置でわかる!【生命線】別病気診断

Date:2013.10.08

生命を司る【生命線】には、まさに現在・未来での健康状態が表れています。特に健康上に何か問題があるケースでは「島」や「鎖型」となって線上に表現される事が多く、またその位置関係から注意しないといけない年齢も割り出す事ができます。

健康で長寿の「生命線」とは、あくまで「島」や「鎖型」、そして障害線などがない線で構成されている事です。

ここで示した形状の生命線を生まれながらに持っている人、もしくはある日手相に表れる事があったら、それは健康障害の一つです。摂生を心がけて、健康に留意するように心がけましょう。

×いつも体調不良のタイプ

画像のように、生命線全体が鎖型の人はいつもどこかしら体調が思わしくありません。年齢とともにさらに覇気も体力も低下していくでしょう。小さな病気から大病になるケースも多く、健康には相当気を遣わないと快適な生活を送る事は難しいです。

もしある日この相に気が付いたのなら、生活習慣を見直す必要があるようです。また、このタイプは精神的にも少々虚弱体質気味?な面があります。病気になりやすい傾向はもともとあるのですが、それを克服しようとする気持ちもありません。

生活面でも誰かが助けてくれるだろうという考えを持ってしまっているところがありますので、もう少し主体性を持って生きて行く事をお勧めします。

×鎖型の位置で、気をつけないといけない病気はこれ

「生命線」の鎖型の位置によって、病気にかかる年代と気を付けたい病気の種類がある程度わかります。基本的には「生命線」の長さを一生分として、上側が初年代、下に行くほど晩年を表す位置となります。

ですので画像のように上側に鎖型が現れている人は、子供の頃から風邪を引きやすく虚弱だったケースが考えられます。ちょっとした事でもお腹をこわしたりしたのかもしれません。

また、子供の頃に十分な滋養を取り入れる事が出来なかった人にもこの相が表れている事があります。

反対にこちらの画像ように生命線の下側に鎖型がある場合、若い頃は良くても晩年に病気に注意しないとなりません。

晩年に気を付ける病気と言えば、やはりガンなどの重篤なケースが多いので、万全の注意が必要でしょう。摂生を心がけると、自然に生命線自体が変化します。

この記事をシェアする

関連記事