• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎月生理で精神不安定の方は必読!沈む気持ちを改善する方法とは

Date:2014.08.21

毎月の生理で精神不安定になる方は居ませんか?生理になると下腹部痛や頭痛、貧血、吐き気など様々な不快症状が出ることがあるので、イライラや落ち込みなども増すことでしょう。

今回は、生理で沈む気持ちを改善させる方法を5つご紹介します。

1 香りでリラックスする

生理の時には、アロマの香りを取り入れて気持ちをリラックスさせることをお勧めします。

最近では、アロマを楽しむ人が増えていることから店頭にアロマコーナーを作っている所も多く、サンプルがあるので好みの匂いを実際に試すことができます。

アロマポットが無くても好きな香りのオイルをティッシュやハンカチに染み込ませれば、簡単に香りを楽しむことができます。

生理痛緩和にお勧めは、気分を良くするグレープフルーツや生理痛や精神不安定に効果的なゼラニウム、痛み緩和や眠りを誘うラベンダーなどです。

精油の場合は、希釈してマッサージオイルとして使うことも可能なので、ご自身が好きな香りで気分を改善させましょう。

2 好きなドラマや映画を観て気分転換する

生理の時には、痛みやイライラなどの不快症状によって自分の内へ気持ちが向きがちになることでしょう。内へ向けた気持ちによって生理関連の痛みに敏感になってますます気持ちが沈むこともあります。

ベッドやソファーの上に寝転んで好きなドラマや映画などを観て、内から外へ出ることをお勧めします。選ぶポイントは、3つあります。

1 難しい話は避けて内容が分かりやすい作品を選ぶ

生理の時にはじっくり考える推理系は不向きなので避けたほうが良いでしょう。

2 悲劇的な作品を避ける

悲観的作品も精神が不安定の時にはお勧めできません。悲しいシーンに浸り過ぎて落ち込みを引きずることもありますので避けたほうが良いでしょう。

3 お笑い系を避ける

笑いは病気を吹き飛ばす効果もあると言いますが、お腹に力が入ると下腹部に刺激が伝わって痛みを悪化させることもありますので、爆笑しない程度の作品を選んだほうが良いかもしれません。

3 ハーブティーを飲んで気分を落ち着かせる

生理の時には、体を冷やさないように冷たい物を避けて温かい食べ物や飲み物を摂ることをお勧めします。

生理で沈む気持ちを改善させる飲み物としては、ハーブティーが良いでしょう。ノンカフェインのハーブティーには、気分を落ち着かせる効果があり睡眠を妨げることもありません。

ラベンダーティーやカモミールティー、ローズヒップティーなどがお勧めですが、初めて試す場合は試飲できる店頭で購入することをお勧めします。

紅茶専門店では、ハーブティーを美味しく淹れる方法だけではなく、サンプルをもらえることもありますので、ご自身の気になる生理時の症状を話して効果がありそうなハーブティーを教えてもらいましょう。

4 無理のない範囲で出かけてみる

生理になると体がだるくなり、何もしたくない気持ちになるかもしれませんが、無理のない範囲で出かけることもお勧めです。

家に居る時と違って、外には刺激が沢山あるので気が紛れて痛みをひと時でも忘れることができるでしょう。また、ご自身の好きな雑貨屋やレストランなどへ足を運ぶことで血流も促進されて、不要な血液がスムーズに排出されやすくなります。

外出中に体が冷えて痛みが悪化する可能性もありますので、鎮痛剤を持参することはもちろんですが、ホッカイロや腹巻などをして腹部が冷えないように注意し、普段より行動量を抑えて、程々のところで帰宅しましょう。

ただし、鎮痛剤を飲んでいる場合や痛みがひどい場合は、ご自身で運転せずに気を遣わない家族や友達などと一緒に外出すると良いでしょう。

5 体質に合った漢方薬を飲む

生理の時に、下腹部痛や精神不安定など症状が重なって対処することが難しくなっている場合には、専門家に相談することもお勧めです。婦人科や産婦人科の外来では、ご自身の体質に合った漢方薬を処方してもらうことができます。

毎月通院できなくても1か月や3か月など月単位で処方してもらえますし、漢方や鎮痛剤には保険も適用されます。

毎日飲まなくても頓服的に使える漢方もありますので、気になる症状を相談してみてはいかがでしょうか。

精神安定剤は婦人科での処方も可能

生理の時に痛みによってパニックになる、精神が不安定になるなど精神面に問題がある場合は、精神安定剤を飲むという方法もあります。常用するのではなく、生理の時期のみに飲めば依存する心配もありません。

心療内科や精神科を受診することには抵抗があるという方も多いかもしれませんが、精神安定剤は婦人科でも処方してもらうことが可能です。鎮痛剤との併用も可能です。

生理は、5~7日程度ですが毎月トラブルになる方には過酷な日々になることでしょう。辛い生理の時期を少しでも楽に乗り越えられるように、あなたに合う対処法を探してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事