• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性が悩む生理は場所次第で楽しめる!生理日でも楽しいデート

Date:2014.06.12

大好きな彼氏と二人きりのデートは楽しくて夢心地でしょうが、生理中の女性にとっては地獄の時間になるかもしれませんね。生理痛や吐き気などの症状がある場合は、デートを楽しみたくても気分が乗らないことでしょう。

今回は、生理の時でも楽しめるデートの場所をご紹介しますので、次回の生理時デートの参考にしてみてはいかがでしょうか。

動かずのんびり過ごせるカラオケボックス

生理時に下腹部痛や腰痛になるという方は、できるだけ動かずのんびり過ごしたいと考えませんか。そんな時には、座ったままで食事や歌を楽しめるカラオケボックスをお勧めします。

大人数で行く場合は、振付を真似る、ノリノリで体を揺らすなど運動量が激しい場所になりがちですが、彼氏と二人きりなら騒がなくても十分楽しめる場所です。歌だけではなく食事も楽しめるので一日中カラオケボックスで過ごせるでしょう。

「今日はバラード特集にしよう」と提案すれば、静かで落ち着いた空間にすることもできるでしょうから、生理で動きたくない時にはカラオケに誘ってみてはいかがでしょうか。

癒しの時間で心も体も落ち着く天文台

生理になると情緒不安定になってしまう方は居ませんか?ストレスを溜めずにリラックスして過ごすことが乗り切るポイントですから、デートは癒しの場所を選びましょう。

お勧めは、天文台です。天文台では、星座や月、太陽など宇宙について学べますし、壮大な世界に触れることで生理の辛さをひと時でも忘れることができるかもしれません。

プラネタリウムでは彼氏と隣同士に座って手を握り、のんびりと宇宙の世界を楽しめるので癒しの時間になることは間違いないでしょう。生理の時には、プラネタリウムデートで空や宇宙を眺めて心と体を落ち着かせてみてはいかがでしょうか。

彼氏を気遣うことなく非現実世界に浸ることができる映画館

生理になると貧血になりやすい方は、デート中の会話も困るかもしれませんね。

そんな時には、会話を交わす必要がほとんどない映画館デートをお勧めします。上映中の2~3時間程度は、彼氏を気遣うことなく非現実世界に浸ることができます。

上映中にナプキン交換の必要もあるでしょうから、心配をかけないために「トイレが近いから途中で抜けるけど気にしないで」と言っておくと良いでしょう。

いつでも気兼ねなくトイレや気分転換に出るために、上映して間もない作品や人気作品は避けることをお勧めします。

景色と会話を楽しめる車中

生理になると家に籠って寝て過ごす方も居るかもしれませんが、気分転換することも大切です。ちょっと外の空気を吸うだけでも良いですし、緑ある景色を眺めるだけでも気分が良くなるでしょう。

それが叶うデートと言えば、車でのドライブです。彼氏に運転をお願いすれば、ご自身は外の景色や空気を自由に楽しむことができます。

また、ドライブコースであれば道の駅での食事やトイレ休憩もできますので、生理の漏れの心配もないでしょう。車でのデートは下半身が冷えやすいので、ホッカイロを貼りひざかけやカーディガンなどを持参すると良いでしょう。

寝ることも食べることも自由な自宅

生理だからやっぱり家から出たくないという方は、自由に過ごせる自宅でのデートをお勧めします。とは言え、彼氏の家では彼氏自身がつまらないかもしれませんので、自分の家に呼ぶことをお勧めします。

彼氏が好きなDVDや一緒に楽しめそうな卒業アルバム、レトルトで良いので食事やお菓子も準備して彼氏が飽きないように工夫をしましょう。

動物園ほど歩かないペットショップ

生理の時は、あまり歩きたくないという方も多いのではないでしょうか。でも、せっかくのデートなのに一日カフェで座っていては、ご自身だけではなく彼氏にとってもつまらない時間になってしまいます。

そんな時には、癒しを求めて動物と触れ合ってみてはいかがでしょうか。広い動物園を歩きたくないかもしれませんが、動物と触れ合える場所は動物園だけではありません。

歩く距離が短くても様々な動物と触れ合える場所、それはペットショップです。短時間で見終えるほど小さなペットショップには、水中で生活する魚や亀の生活を覗くことができます。

ペットショップにはトイレや休憩コーナーが設置されている所もありますので、事前にリサーチして幾つかのペットショップ巡りをしてみてはいかがでしょうか。

痛みがひどい場合は迷わず婦人科へ

生理痛がひどくて毎月痛み止めが手放せないという方は、子宮内膜症や子宮筋腫など婦人科系の病気も疑われます。放置することで症状が悪化すれば、手術になる場合もあります。

早期発見であれば、漢方薬やピルなどの薬物療法で症状を改善することが可能と言われています。なかなか足が向かない場所かもしれませんが、なるべく早く婦人科を受診することをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事