• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理でデトックス!毒素排泄を高めるための生理中の過ごし方

Date:2016.05.21

shutterstock_356220077ほぼ毎月やってくる生理。

「生理がくると生理痛が酷い」
「経血の量が増えて臭いや下着へ染み出るのが心配」
「生理時はむくみやすい」
などなどネガティブな印象が強いですよね。中には予定に合わせて生理を薬でずらしたりする人もいるほどです。

ところがこの生理、とっても効果的なデトックス機能なんですよ。デトックスといえば毒素排泄のことですよね。

毒素排泄機能を高めることが美容や健康にうれしい効果をもたらしてくれるということは有名ですよね。

生理も同じでデトックス効果があります。このデトックス効果を生かせるのは生理がある女性ならではなのです。

生理の持っているデトックス機能と、そしてそのデトックス機能を高めるための過ごし方やポイントについて紹介していきますね。

生理のデトックス機能のすごさ

生理とは妊娠が成立しなかったことで子宮内膜が剥がれ落ちたものです。出血量にも個人差がありますが、おおよそ5日前後の期間子宮から出血が続きます。

生理が始まってから約2週間後に排卵がおこり、そして妊娠が成立しないとその後約2週間ほどで生理が始まります。

この生理のデトックス機能についてまずは詳しく理解しましょう。

むくみ、便秘、黄体期はいろいろなものをためこむ時期

排卵後から活発に分泌されるようになる女性ホルモンがプロゲステロンです。このプロゲステロンですが、妊娠に備えて血液や脂肪などを蓄えようとします。

ダイエットを実行するなら生理前よりも生理が終わってからのほうがいいと、聞いたことがありませんか?

女性はどうしてもホルモンバランスの関係で、

  • 痩せやすい時期
  • 痩せにくい時期

が出てきてしまうのです。

排卵から生理前まで活発に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモンとも呼ぶ)は、代謝を悪化させる働きもあるのでこの時期にダイエットを実行しても効果が表れにくいのです。

そして生理になるとプロゲステロンの分泌量が徐々に低下して、エストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ぶ)という女性ホルモンの分泌が活発になります。

この女性ホルモンが優位になると体は今までプロゲステロンが体内にため込んでいたものを排泄するように働いてくれます。

これらが生理による経血とともに排泄されるようになります。

便
生理前に便秘に悩む女性も多いのでは?これもプロゲステロンの影響によるものです。
骨盤の古い血液、老廃物
子宮は骨盤に覆われています。プロゲステロンは妊娠に備えて骨盤にも血液や水分をためこもうと働きます。
余分な水分
生理前にむくみやすくなるのは、プロゲステロンが余分な水分を体がためこんでしまうから。

こういったプロゲステロンの影響により、体にため込まれていた老廃物が経血と共に体から排せつされていきます。

生理のデトックス機能を高めるためのコツ!これであなたもデトックス美人に

生理のデトックス効果を高めるためには、日常生活の過ごし方がとても重要になってきます。

デトックス効果を高めるための過ごし方のコツを紹介していきますね。

女性に冷えは大敵!温活でデトックス効果をアップする

冷えは美容と健康の大敵ですよね。体が冷えると代謝が鈍ってしまって、毒素の排泄機能も低下してしまいます。

それなので女性は日ごろから体を温めるように努めたほうがいいのです。

特に気を付けたいのが生理が始まる頃です。基礎体温を付けている方はわかると思いますが、排卵後から高温期に入ってその後生理の始まりとともに低温期に突入します。

生理が始まると体が冷えやすくなりますし、生理痛を酷くする原因にもなります。この時期こそ普段より意識して体を温めるようにしてくださいね。
体を外から温める
デトックス機能に大いに関係している臓器の肝臓、子宮を冷やさないように腹巻やひざかけを使って冷やさないようにしましょう。
冷たい物を食べない
極力体の内側からも体を温められるように、冷たい物は控えましょう。
適度な運動をする
運動すれば脂肪が体の内側から燃えやすくなりますので、デトックス効果がアップします。

食べ物でデトックス効果をアップする

普段、食べている物で私たちの体は作られていますよね。デトックス機能にもこの食べ物が大きく影響を与えるんですよ。

デトックス効果を高める食べ物を食べることは、美容や健康にも多いに役立ちますので、これを機会に食べるものを見直してみましょう!

納豆
ホルモンバランスが乱れると、デトックス機能が低下しがちになります。そこでおすすめしたいのが納豆!納豆の原料となる大豆には大豆イソフラボンが含まれています。

この大豆イソフラボンですが、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます。

また納豆は血液サラサラ効果も高いので、内臓の働きを高めてくれてデトックス機能の改善にも効果的です。

納豆だけでなく

  • 豆乳
  • 味噌
  • 豆腐

といった大豆製品も大豆イソフラボンが摂取できるのでおすすめです。

魚介類
デトックスと関わりの深い臓器といえば肝臓。肝機能が弱っているとデトックス機能も衰えがちになります。

肝臓を元気にしてくれる成分といえば亜鉛やタウリンです。

これらを多く含んでいるのは

  • あさり
  • たこ

といった魚介類です。

ごま
ごまには肝臓の働きを助けてくれるタウリンがたっぷりと含まれています。ごまを食べるなら白よりも黒がおすすめ。

黒ごまのほうがタウリンの含まれる量が多いからです。

亜鉛はホルモンの合成に欠かせない栄養分ですから、不足するとホルモンバランスが乱れがちになります。

またごまには若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEがたっぷりと含まれています。ビタミンEは体を温める作用もありますので、冷えの改善にもおすすめです。

良質な油
質の良い油は不飽和脂肪酸を豊富に含み血液をサラサラにしてくれます。

血液がサラサラになると生理の経血の排泄もスムーズになります。良質の油を含んでいるのは、

  • 青魚
  • オリーブ油

といった植物性の油脂です。

飲み物でデトックス効果を促進する!

デトックス効果を高めたいのなら、食べ物だけでなく飲み物にも気をつかいましょう。

コーヒーは1.2杯まで
リラックスしたいときに飲む機会の多いコーヒーですが、コーヒーはホットで飲んでも体を冷やす作用があります。何杯も飲んでしまうと冷えを招いてしまいます。どうしても我慢できないときは1日あたり1~2杯にとどめましょう。
生姜紅茶
紅茶に温め食材の生姜をプラスすることで温め効果が格段にアップします。
デトックスウォーター
お気に入りの野菜や果物をミネラルウォーターに浸して一晩寝かせるだけで作るお水のこと。セレブの間でも流行しています。

断食でデトックス効果が高まる?

セレブやモデルの間でも流行っている健康美容法の一つが、断食(ファスティング)。

固形物をほとんど食べないことによって、体本来が持っている排泄機能を高めるのです。

現代人の胃腸機能は消化によって多大な負担がかかっていますので、それを休ませることで排泄機能を高められるのです。

生理もデトックスですが、断食することでその効果を高めることができるのでしょうか。それはやり方にかかっています。

まずは正しいやり方で断食を実践することです。断食は正しいやり方で行わないと効果が現れません。しっかりと正しいやり方で実践すればデトックス効果を高めることができるでしょう。

もう一つのポイントが実践する時期。女性は女性ホルモンのバランスの変化によって代謝機能にも変化が出てきます。女性の排泄機能が高められるのが生理の時期と排卵前までの時期です。この時期に断食を行うとデトックス機能も高まります。

生理のデトックス機能を高めるための過ごし方

生理のデトックス効果を高めるためには食事や飲み物以外にも注意するべき点がいくつかあります。

便利な紙ナプキンよりも布ナプキンでデトックス効果を高める

現代女性の多くが使っている紙ナプキン。経血の吸収も抜群ですし、汚れたら取り換えて捨てるだけなので扱いも楽です。

ところがこの紙ナプキンが原因で生理のトラブルが酷くなってしまったり、生理のデトックス機能を弱める原因になってしまうのです。

それは紙ナプキンに体にとってさまざまな有害物質が含まれているからです。それが肌に触れることで肌からその有害物質が吸収されてしまうのです。それが生理やデトックスのトラブルを酷くしてしまう原因になるのです。

面倒かもしれませんが、オーガニック素材の布ナプキンを使ってみましょう。体や皮膚にも優しいのでデトックス機能を高めるのにも効果的です。

▼布ナプキンの使い方についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。
布ナプキンの使い方。外出OK、夜もぐっすり!の意外な魅力

生理は最大のデトックス!生理を強い味方につけよう

生理が女性にとって最大のデトックスです。

デトックスによる効果を実感できるようになれば、生理ををマイナスに受け止めるのではなく、プラスに受け止めることができるようになるのではないでしょうか。

美容や健康に良い生活を送ることが、結局は生理によるデトックス効果を高めるだけでなく、生理のトラブルを改善することにもつながるのです。

生理を強い味方につけてもっときれいになりましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント