• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理痛の症状が重い女性必見。痛みを和らげる食べ物とは?

Date:2013.04.04

「女性であることが辛いと思う時はいつですか?」というアンケートをしたとしたら、絶対に上位に来るであろうという項目があります。

仕事でもありそうです。スポーツでもそうかもしれません。でもやっぱり体のことではないでしょうか。そうです。生理、とりわけ生理痛の時ほど、女性であることを辛く感じる時はあまりないと思います。

もちろん人によって差はありますし、生理痛自体は悪いことではありません。子宮が収縮している証拠なので、正常の証と言えばそうなのですが・・・やはりこれは女性だけが知り得る痛みですし、言い表そうにも難しいのです。

生理痛を和らげる方法としては鎮痛剤を飲む、下腹を腹巻やカイロで温める、温かい飲み物を飲むなどが一般的です。

他にも食べ物で生理痛を和らげることが出来ます。一体どんな食べ物が効くか知っていますか?

やはり体を温めることが大事!

腹巻をつけたり、ぬるめのお風呂にじっくりと浸かるなど、体を温めることが生理痛の鎮静には大事です。同じように食べ物でも体を温める効果があるものがいいのです。

ニンニクや生姜は、どんな料理にも調味のためや薬味として加えることが出来るので、普段から摂ることを心がけおくといいでしょう。

貧血を防ぐ食べ物も大事!

生理中は子宮の周辺に血液が集まり、脳の血液が足りなくなる「虚血性貧血」が起こりやすくなります。女性が生理中に貧血になりやすくなるのはこのためです。また、同じ理由から「虚血性頭痛」というのも起こります。

生理中にどちらかが起こりやすいという人は貧血を防ぐための食べ物を意識的に摂ることが大事です。一般的にはレバーやプルーンなどがあります。

あまり知られていないところでは黒ごまも鉄分を多く含む食品として挙げられます。黒ごまにはビタミンB12も多く含まれており、このビタミンB12は貧血防止と精神安定の成分が含まれています。

生理中のホルモンバランスの乱れから、気持ちが不安定になる人も多いと思いますので、黒ごまがいいとぜひ覚えておいてください。

血行をよくすることも大事!

生理中は血行が悪くなってしまうために普段よりもむくみを引き起こしやすく、体が重く感じることがあります。

むくみを緩和させるためにお風呂で冷水と温水のシャワーを交互に当てる、というのがありますが生理中のデリケートな体には少し抵抗がある方法です。

他にも塩分を控えたり、半身浴をするなどの方法がありますが、血行をよくする効果のある食べ物もあります。

野菜ではニラやピーマンに血行促進の効果があるとされています。意識的に摂らないと入ってこない野菜なので、食べる機会を積極的に作ってほしいものでもあります。

この記事をシェアする

関連記事