• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の必需品!生理用ナプキンを選ぶ時に知っておきたいこと

Date:2012.11.17

現役女性が長い期間お世話になる生理用ナプキン。ふつうの日用、多い日用、軽い日用、羽つきなど、さまざまな種類があることに加え、吸水性の面からも進化を続けるメーカー側の努力には頭が下がります。

店頭にもたくさんの種類が並んでいますが、何を隠そうワタクシ、中学時代からずっと同じメーカーのものを使い続けています。

特に不便を感じていなかったので、どうせ捨てるものだしと手ごろな値段のものを選んでいた結果そうなったわけですが、最近ちょっと新しいものに挑戦してみたいな~となんとなく思い、生理用ナプキンの種類についてネットで調べてみました。

生理用品売れ筋ランキング

「ケンコーコム」というサイトに「生理用品売れ筋トップ5」なるものが載っていました。それによると、

1位:エリス 新・素肌感 ふつう~多い日の昼用羽なし 30枚×2個入(257円)
2位:サラサーティコットン100 Tバックショーツ用 20枚(277円)
3位:ソフィシンクロフィット 12ピース(262円)
4位:セペ流せるナプキン 28枚入り(358円)
5位:エリス 新・素肌感 ふつう~多い日の昼用羽つき 22枚×2個入(257円)

ふつう~多い日用、2パック入りで値段が手ごろなものが根強い人気だというのはうなずけます。Tバック用のパンティーライナーが2位という結果には(Tバックを履いている人がそんなに多いのかと…)ちょっと驚きましたが、4位のトイレに流せるナプキンというのは初めて知りました。

トイレに流せるナプキン

生理用ナプキンと言えば、使用後は新しいナプキンの包み紙、またはトイレットペーパーで包んで備え付けの三角コーナーへポイ、というのが常識だと思っていました(男性読者の方、リアルな内容でゴメンナサイ…)。

ところが3位の「セペ流せるナプキン」は、本体はもちろん、包み紙やテープまですべて水に溶ける素材でできているため、使用後はトイレに流すことができるのだそうです。

三角コーナーに入れておくとゴミの日に集める際、ニオイが気になったり、三角コーナーがないトイレを利用したときなどを考えると、これは画期的発明!と思ったのは私だけではないはず。

さらに天然素材のため環境にも優しく、かぶれが気になる女性にも安心して使える優れモノとのこと。敏感肌の女性は要チェックですよ!

ピースタイプ

普通のナプキンと併用して使用するもので、ショーツ側ではなく体につけて使用するタイプ。タンポンのように膣内に入れるのではなく、外側に密着させて使用することにより動いてもズレることなくしっかり吸収してくれるというもの。

立ち仕事や歩き仕事の多い女性、タンポンは苦手という女性から熱い支持を受けているようです。急に立ち上がったときドっと出て不安になった経験はありませんか?多い日にナプキンと併用すればこんな不安も解消されるかもしれませんね。

布ナプキン

こちらは3年ほど前友人から聞いて以来、私も生理の終わりかけの「軽い日」に使用しています。毎月の生理は5~7日続くのが普通のため、最後の方になるとかぶれが気になることがありました。

経血が少なくなる4日目以降、布ナプキンに変更してみたところ、かぶれが気にならなくなりました。洗って使用するため、エコだということで人気が高まってきた布ナプキンですが、やはり紙ナプキンと比べると多い日の吸収力は劣ります。

経血がモレる可能性もあるというわけです。そして「捨てずに洗ってまた使う」わけですから、手洗い、漬け置き、すすぎなど、面倒な手順も発生してしまいます。

その点を考慮して、かぶれが気になる女性やエコ意識の高い人は、軽い日を布ナプキンに変えてみたり、おりものシートの代わりとして使ってみるといいかもしれませんね。

自分に合ったタイプを選ぶには

まず、どんなナプキンがあるのか調べてみましょう。働く女性が増えた現代、生理用品に求められるニーズも多種多様になり、こんな便利な商品が出ているのか!と驚くこともあるでしょう。

知らないということはそれだけで快適になるチャンスを逃していることになりますから。メーカーのHPをチェックしてみてください。新商品は素材から使い方まで細かく説明してあったりして、参考になりますよ。

そして自分の悩みにマッチした商品であれば試してみる価値はあり!肌との相性(かゆみ、かぶれが出ないか等)や経血量が多いのか少ないのか等によってひとりひとりニーズは違います。自分にぴったりの商品に出会えるといいですね。

最後に、生理用品はドラッグストアで購入していましたが、特徴などよくわからないまま値段だけ見て選んでしまったり、レジが男性の店員さんだとなんとなく気恥ずかしく思ったりというデメリットがありました。

ネットだと特徴が詳しく書かれている上、店頭よりも価格が安いような印象を受けました。それに○円以上送料無料!というサイトもあり、まとめ買いをすれば意外とお得なのかなと思ったりもしました。

現役女性の皆さん!まだまだ先は長いです!自分にあった生理用品を選んでブルーdayも快適に過ごそうではありませんか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント