• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理用品の新たな選択肢!シンクロフィットでブルーな日も快適に

Date:2013.06.08

ブルーな日は体調が悪くなったり、気分的にも元気が出なかったりしますよね。トイレに行くたびに交換する生理用品もストレスの一つ。

日本の生理用品は世界的に見てもものすごく優秀ですが、それでも多い日はナプキンで経血が漏れてしまったりということもありますし、タンポンはトキシックショック症候群などが怖くて使わないようにしている人も多いようです。

こまめにトイレに行きたくても仕事の種類などによっては長時間動き回らなければならないことも。そんな人に是非オススメしたいのが、ソフィの「シンクロフィット」という商品!ブルーな日を更にブルーにさせる生理用品の悩みに新たな選択肢が登場です。

シンクロフィットってどんな商品?

ユニ・チャームから発売されているソフィのシンクロフィット。ナプキンのように下着につけるのではなく、体に直接挟み込んで使用します。タンポンのように体内に挿入するのではなく、経血の出口を吸収体で直接蓋をするようなイメージです。

包装された状態はスティック状でとってもコンパクト。小ぶりのポーチやズボンのポケットにも余裕で入ります。使い方は、包装紙を開けて本体に指を差し込み、体にキュッと挟み込むだけ。

初めての時は正しく装着できているか分かりにくいですが、説明書通りにすればすぐにコツがつかめます。本体も包装紙も水に流すことができ、用を足すときに自然に外れてそのまま水に流せるので手も汚れずとっても便利です。

ナプキンとセットで使用しますが、ナプキンが汚れていなければシンクロフィットのみ交換します。日本製というのも安心です。多い日にはちょっとした動きで「あっ!漏れたかな?」とドキッとすることありますよね。

シンクロフィットなら体と吸収体の間に隙間が無いので、ドキッとすることがありません。動き回る立ち仕事の人はもちろん、子供の相手をしてしゃがんだり立ったりすることの多いママでも余裕です。

実際に使用してみました!

私は実際に愛用している一人なのですが、初めて使用した時は衝撃的でした。まず、体に挟み込むというのがとても新しいですよね。装着してすぐは少し挟まってる違和感があったのですが、すぐにわからなくなります。

3時間ごとぐらいで用を足すついでにつけなおすという感じでしたが、ナプキンがほとんど汚れることなく、シンクロフィットのみの取り替えで済むというのもとても助かります。

当時は仕事柄立ちっぱなしで動き回る事が多く、ブルーな日はドキッとすることがとても多かったのですが、シンクロフィットをつけた日はものすごい安心感でした。

現在もブルーな日に子供と出かける時は必ず使用しています。包装紙も全て水に流せるというのもとっても便利。友人の家に遊びに行く時などに生理用品を捨てさせてもらう必要もありませんし、生理用品用のゴミ箱が無い場合にも困ることがありません。

ナプキンよりも小さいのでポーチもスッキリし、出かける際にバッグが生理用品でパンパンになることもありません。

私は生理用品によってはかぶれてしまったりすることもあるのですが、今のところシンクロフィットでかぶれたことはありません。良いことづくめのシンクロフィット、是非お試しください!

この記事をシェアする

関連記事