• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝返りできない不安を解決!夜の生理用品、みんなはどうしてる?

Date:2014.01.10

女性に生まれたら避けては通れない月経。日本の生理用品はとても優秀ですが、それでも吸収量や肌への負担など、まだまだ気になる部分は多いですよね。昼間の生理用品ももちろん重要ですが、夜寝ている間のモレに不安を感じる人はとても多いです。

朝起きた時にパジャマや布団まで汚れていたら、気分も落ち込んでしまいそう。特に「普通の夜用ナプキンじゃ無理!」というくらい量の多い人は、色々なオリジナルの対策を考えてモレを予防しているようです。

ナプキンは急激に進化中!

寝ている間に起きてしまうモレの原因は、主に「体とナプキンの間に隙間ができてしまう」・「量が多すぎて吸収しきれない」のどちらかです。最近は夜のモレ対策に力を入れた「超」の文字が付く夜用ナプキンが各社から発売されています。

体にフィットする吸収体や血液をせき止める立体ギャザーなどが付き、長さも下着ギリギリまで届くようなサイズ。2、3日目の多い日は「超」シリーズを使うという人はとても多いようです。

さて、ここで悩むのはどのメーカーのものが一番吸収力が高いのかという部分。夜のモレで悩む女子たちの間では「エリスが一番吸収力が高くて安心!」と言われているようですが、体型や肌に合うかどうかなども重要な要素ですので、実際に使って確かめるのが一番確実です。

そんな安心感のある「超」シリーズですが、中にはそれでも全く間に合わないぐらい量の多くて困っているという人もいます。そんな人たちの間で話題なのがエリスの「ウルトラガード クリニクス」という商品。

1パック10枚入りで他の商品と比べると割高感は否めませんが、長さはしっかり40センチあり、その吸収量は驚きの「夜用ナプキン5枚分」!子宮の病気などで量が多すぎて悩んでいるというような人は、昼間に使用するのもオススメです。

ナプキン&タンポン重ね付け作戦

タンポンの使用に抵抗の無い人は、夜用のナプキンとタンポンを併用するのも定番のようです。伝いモレが気になる人はソフィの「シンクロフィット」とナプキンを併用するという人も。

その他にも、夜用ナプキンだけではサイドからモレやすいという人は、夜用ナプキンの左右にあるギャザーの部分に羽無しのナプキンを入れ込んだり、後ろからのモレがひどい人はおしり部分にナプキンやティッシュなどを挟んでガードしたり、それぞれ試行錯誤してオリジナルの対策をしているようです。

量が多くてどうしても心配な人や、外泊などで失敗できない時にはショーツ型のナプキンと夜用ナプキンを重ね付けするという人も。

寝る体勢も重要?

生理用品に頼るばかりではなく、寝る体勢も重要だという声も。モレにくい体勢として一番多く聞かれたのは「横向きに寝る」という事でした。ナプキンを付けたらお尻の谷間にしっかりと沿わせ、横向きに寝ることでモレる確率がとても低くなるのだそう。

様々な対策をとっても最悪モレてしまった場合を考えて、量が多い日にはタオルや防水シーツを敷いて寝たり、パジャマの中にオーバーパンツを履いて寝るという人もいるようです。

この記事をシェアする

関連記事