• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寿命を延ばす!?成人病対策に使える6つのスパイス

Date:2013.12.27

私たちの生活は昔に比べて楽になってきていて、不自由なく食べるものも手に入りますし、何をするにも苦労が少なく、色々なことが楽にできるようになってきました。

簡単だからとファストフードやジャンクフードを日々食べ、運動もろくにせずに車でいつも移動…なんて甘えた生活が増え、今は若くとも糖尿病などの生活習慣病にかかる人も増えています。

そのため、今の世代は将来的に短命になってしまう可能性も大なのです。そこで、健康を気にして色々なサプリメントを飲んでみたりと努力される方も多いかも知れません。

でも、実はもっと身近に-台所のスパイスの棚や冷蔵庫に隠れているものが、貴女の寿命を延ばしてくれるものだったりするのです!サプリメントや薬を飲む前に、まずは貴女の台所、探ってみませんか?

1. 黒こしょう

とても身近なスパイスで、料理に大活躍の黒こしょうは、女性がなりやすい病気、骨粗しょう症に効果があるといわれています。黒こしょうは銅が多く含まれており、骨の健康維持に絶大な効果を発揮し、さらには赤血球を作るのに役立つのです。

人間に銅はそれほど多く必要としませんが、少ないと甲状腺に問題が出たり、心臓の鼓動が不規則になったりといった症状が出るので、不足にならないように注意する必要があります。

なお、黒こしょうはすでに挽かれているものではなく、丸のままのものを自分で挽いて、新鮮なものを利用するのがお勧めです。

2. ターメリック

ターメリック、日本名でうこんと呼ばれるスパイスは、カレーのあの黄色を生み出していることで知られるスパイスです。ターメリックに含まれるクルクミンという成分は、なんと、がんと戦う能力があるという研究結果があるのです。

クルクミンは抗炎症効果があるのですが、それががんの成長をさまたげ、更には転移をストップさせるというのです。それは特に乳がんや前立腺がんに効果的と言われています。

しかもターメリックは黒こしょうとあわせて使うとその効果を2000%あげてくれるといいます。是非今日から予防として料理に取り入れてみましょう。

3. シナモン

アップルパイなど、お菓子の風味付けに使用されるシナモンは、第2型糖尿病の血糖を10%程度まで落としてくれる効果があると言われています。スープに風味付けで入れてみたり、シリアルに振りかけてみたり、コーヒーに一振りするなどして、毎日少し取り入れて見ましょう。

4. クローブ

肉の臭み消しに使われることが多いクローブは、歯痛や胃腸の消化機能を向上させてくれる効果が知られています。更にはクローブに含まれるオイゲノールという成分はインシュリンを作り出すのを活発にし、血糖値を正常にしてくれる働きがあるのです。

また、クローブに含まれるマンガンは、身体の組織や骨を作り出す助けをしてくれます。従いまして、マンガンが少ないと関節症になりやすくなります。肉料理やスープ、焼き菓子に使ったり、紅茶にちょっとだけ入れてみるなどして取り入れてみましょう。

5. しょうが

しょうがは身体を温めたりする効果があったり、頭痛を抑える効果があったりと、色々な健康効果があります。更にはしょうがはマグネシウムを含んでいて、血圧を安定してくれる効果があるのです。

炎症を抑える効果もあり、がん、糖尿病、心臓病にも効果が期待できます。がん細胞を消し去ったと言う研究結果もあるくらいです。しょうがは薬味として色々な料理に使えますので、是非活用しましょう。

6. コリアンダー

ちょっと癖のあるハーブであるコリアンダーは、その香りの高さから苦手な方も結構いらっしゃいますが、安眠を助ける効果があることでも知られています。

また、第2型糖尿病の方にも有効で、血糖値とコレステロールを正常にしてくれる働きもあります。コリアンダーのパウダーも売っていますので、それをスープやサラダドレッシングにかけてみたりするのもお勧めです。

いかがでしょうか?まだ成人病を患っていない方は対策として、患ってしまっている方は病院の治療にあわせて、このようなスパイスを取り入れてみましょう。健康な生活は食生活からです。毎日口にするものからも健康管理をしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事