• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

誰もが見とれる背中になりたい!恥ずかしい背中のニキビの治し方

Date:2014.09.03

暖かい季節になると、肌を出す機会も増えてきます。そんな時に気になるのが、背中や二の腕のぼつぼつ。顔の肌はきれいなのに、見えない部分のぼつぼつが気になっているという方は結構いらっしゃいます。

せっかくの夏なのに、水着が着られないという悩みを抱えている方もいるのでは?この記事ではぼつぼつの原因から対策までをご紹介します。

女性の4人に1人が悩んでる!

にきびでもない、湿疹でもない。かゆくも痛くもない不思議なぶつぶつの正体は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」です。皮膚のターンオーバー異常により、角質が毛穴につまって盛り上がってぶつぶつ、ざらざらとしてきます。

発生場所は二の腕、背中が多く、他にも太ももやお尻に広がっている人もいます。思春期から20代くらいまでがピークとされ、女性の4人の1人はこれに悩んでいるそう。

原因は、シャンプーやリンスのすすぎ残しやストレス、食生活や遺伝など複雑で、大体はこれらのいくつかが重なって起きているそうです。

30代からは自然に消滅してくるのがほとんどらしく、皮膚科に行っても「そのうち治るから」なんてろくに治療をしてもらえないことも多いんだとか。

「でも、今治したいんですけど!」と頭に来ちゃう人もいるようです。

まずはシャンプーの見直し

この毛孔性苔癬に有効なケアは、シャンプー・リンスの見直しです。手軽に買える普通のシャンプーには肌に有害な成分が多く、特にシリコンなどは毛穴をコーティングしてぶつぶつをひどくする原因になります。

頭皮はきれいにすすいでいても、体にはシャンプーやリンスが残ったまま・・・ということが多く、そのすすぎ残しの範囲に沿ってぶつぶつができていることがほとんどです。まずはヘアケア製品を自然に近いもの、できれば弱酸性のものに切り替えていきましょう。

「弱酸性」と謳っていても、実は「ph調整剤」というものを使って肌によくないアルカリ性のシャンプーを無理やり弱酸性に調整している場合もあるので、製品のラベルをよく確認するようにしてください。

シャンプーやリンスで髪を洗ったら、頭皮だけではなく体もよくすすぐようにしてください。

体の洗い方

体の洗い方にも一工夫。化粧落としに使うクレンジングオイルで、ぶつぶつの気になる部分をクレンジングしてから、マイルドなスクラブ剤で洗ってあげましょう。この時に使うクレンジングオイルやスクラブ剤の成分にも気を付けて。

クレンジングオイルには、石油系のオイルを使ったものもあり、これは肌に間違いなくダメージを与えます。自然由来の成分のものにしましょう。

また、スクラブ剤も同様。化学成分がなるべく入っていないものを選んでください。シャンプーのすすぎ残しを防ぐためにも、洗う順番は、髪⇒顔⇒体という風にするといいでしょう。

保湿もしっかり

洗ったままの乾燥した肌も肌が固くなって毛穴がつまります。顔用の化粧水で優しくパッティングした後、肌に浸透する自然派のクリームをたっぷり塗りましょう。これだけでも翌日の肌触りが違ってきます。

食生活も見直して

糖分や油分の多い食べ物は毛孔性苔癬だけでなくニキビや肥満の原因にもなります。これらの食べ物は減らし、野菜中心と良質のたんぱく質をバランスよく摂るようにしましょう。

また、マルチビタミンなどのサプリ(これも質の良いものを)を摂るのもおすすめです。ビタミンは単体では効果を発揮しづらいので、さまざまなビタミンが配合されたものを摂りましょう。

いかがでしたか?これらのケアをすることで1、2か月で見違えるような効果が見えてくるはずです。高価でなくとも良質なコスメと毎日の丁寧なお手入れがものを言うので、ぜひあきらめずに続けてみてください。

この記事をシェアする

関連記事