• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

旦那さんもビックリ、奥さんの底力。専業主婦のプロになるコツ

Date:2012.11.08

専業主婦とひとくちに言っても、それはさまざまでしょう。旦那さんが稼いでくれるお金などで生活し、家の掃除や洗濯、料理、ご近所との付き合いなどをするのが専業主婦ですが、その内容はいろいろですね。

専業主婦の仕事は手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができます。反対に、完璧にこなそうとするとキリがありません。でも、毎日生活する場所をいかに快適に過ごせるか、というのは主婦の力量にかかっているのです。専業主婦の仕事をどのようにこなせば、家族は喜んでくれるのか、そのコツを紹介しましょう。

体を癒すお風呂にするコツ

1日の疲れを取る場所。それはお風呂です。汗や汚れをきれいに洗い流し、体をゆっくりと休ませ、癒すお風呂はまずは清潔できれいでなければなりません。水垢なんてついていてはいけませんよ。

床も石けんやシャンプーなどでぬめっていると、すぐにカビが生えてしまいます。毎日使うバスルームは毎日きれいに掃除をして、よく水分を乾燥させるようにしましょう。

シャンプーやリンスの容器の底も気がつくと黒くなってしまうもの。細かいところまで気を配ってキレイにしましょう。シャンプーやボディソープなどをきらさないように、補充もしっかりと。

トイレだって癒される場所

トイレ掃除は毎日しましょう。なんて基本ですね。つい面倒になってしまうのがトイレ掃除かもしれませんが、やはり、清潔にしておかなければいけない場所です。毎日掃除をして、においなどが気にならないようにしておくことが大切。便器の裏などもきれいに掃除をしましょう。

トイレはほっと一息できる場所でもあります。香りもいかにもトイレの芳香剤というかおりよりも、リラックスできるアロマなどの香りを漂わせてあげましょう。

旦那さんの仕事服は清潔に

旦那さんの服装は奥さんの手がどれくらい行き届いているかの目安になります。よく言われることですが、襟足の汚れ、袖口のほつれや汚れ、ズボンの折り目などがきちんとしていると、手の行き届いた奥さん、ということになります。

ピカピカに磨かれた靴、アイロンのかかったハンカチなども大切なポイント。清潔感のある旦那さんは奥さんの腕にかかっているのです。

衣類は取り出しやすく

整理整頓も主婦の大切な役割。洋服ダンスの中もきちんと整頓して、下着やズボンなどを取り出しやすくしておきましょう。旦那さんが着たい服やはきたい靴下などがすぐに探し出せるように、一目できれいに、分かりやすく整頓しておくことがポイントですよ。

クリーニングに出すものはためておかず、できるだけ早く出すようにしましょう。汚れなども早い方が落ちますし、いざ着ようと思ったら汚れていた、なんてことのないように面倒がらずに洗濯やクリーニングを。

リビングはくつろげる空間に

リビングの整理整頓は必須です。目につくところに生活臭のあるものを置かないようにしましょう。電気やガスの請求書や新聞紙、ゴミなどは目のつかないところに片付けて。ホコリやチリも出さないように掃除をこまめにしましょう。

テレビのホコリもきれいにふき取りましょう。ソファのクッションはふかふかに。テーブルはピカピカに磨いておきましょう。物が多いと部屋が狭くなりがちで、窮屈に感じてしまいます。できるだけ余計はものはおかずに、広い空間造りを心がけましょう。

料理は心を込めて

料理はとても重要なポイント。子どもに合わせたメニューばかりでは、旦那さんもうんざりです。お酒の好きなご主人であれば、おつまみを少なくても3品は用意しましょう。おかずは季節の旬のものを。

1週間の中で和・中・洋を折りまぜて。飾りつけも美しく。栄養面も考えたメニューを。旦那さんの好きなものを作るのはもちろんですが、栄養が偏らないようなメニューを考えて出しましょう。家族の体のことを考えた料理は、自然と心のこもった料理になりますよ。

奥さんはいつも笑顔で

そして一番大切なのは、奥さんの笑顔です。どんなにおうちがキレイでも、レストランのような食事が毎日出ても、奥さんがぷりぷりしていたり、疲れている様子では家族の心も暗くなってしまいます。心からの笑顔を忘れずにいることで、明るく幸せな家庭が築けるのです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント