• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚前の女性に知って欲しい…専業主婦には向き不向きがある!?

Date:2014.04.07

現代の女性の中には、仕事を辞めるために結婚を急いだり、結婚したら絶対に専業主婦になりたいと願う人も少なくないのだそう。確かに結婚して専業主婦になれるというのは、実に恵まれていること。

子供を授からないうちは自分のための時間も、夫のための時間もたくさん確保できるのでゆったりした生活が望めます。でも、そんな一見羨ましくも見える「専業主婦」は、向き不向きの差が激しい職業なんです!

専業主婦自体になることは簡単ですが、その結果「幸せ」を手にするかどうかは別問題。どんな女性が専業主婦として成功できるのかを見ていきましょう。

1.ひとりが好きで自立した女性

専業主婦は基本的に一人の時間が長いものです。家中の家事を隅々まで行ったとしても、時間は余ると思います。それに耐えられない女性はまず専業主婦に向いていないかも。

暇に耐え切れず実家に顔を出す回数が増えたり、友人とのランチや外出の回数が増えることもあります。たまにのことだったらもちろんOKですが、あまりに頻繁になると主婦としての仕事に支障をきたします。

また最近では実家依存に陥る女性も増えています。精神的に自立していて親離れできている女性のほうが、専業主婦に向いていると言えます。

2.お金の感覚を正しく持ち、管理できる人

専業主婦にとってお金の管理は非常に大事なことです。夫の収入のみでの生活をしなければならないので、まずきちんと収支を把握して家計管理するのは当然のこと。また、自分のためにかけるお金が独身時代より少なくなるケースも多いでしょう。

余程お金持ちな男性と結婚しない限り、制限ができるのは仕方がないでしょう。限られた金額の中で自分の生活を楽しむことができないと、生活のバランスが崩れてしまうので要注意です。

3.家事にやりがいを感じられる人

家事がもともと好きな人もいれば、嫌いな人もいると思います。最初は苦手でも経験を重ねて得意になり、好きになるという人もいるため好き嫌いはそれ程問題ではありません。

たかが家事・・・と思うかもしれませんが、そこに自分なりのやりがいを感じて楽しむことができる女性は専業主婦向きです。よって「尽くす」ということが苦手な人は専業主婦には向かないでしょう。

夫にありがとうと言ってもらうこと、美味しいと言ってもらうことに喜びを感じられなければ、やりがいをもって家事などできません。

4.趣味を持てる人

専業主婦の生きていく世界は家の中と、自分のプライベートのみ。周囲の友人も専業主婦ばかりだったらさほど退屈もしないでしょうが、今の時代なかなかそうもいきません。

そこで大事なのは趣味を持つことです。孤独感や寂しさから夫に執着しすぎて関係が悪くなるケースもよくあります。しかし自分が熱中できる趣味を一つでも持っていると、人に必要以上に執着しなくなるのです。

もちろん家の中で本を読むだけでも、映画を観るだけでもOK。教室やカルチャースクールに通うのでもOK。自分が自分のために使う時間をしっかり確保するように心がけてみましょう。

いかがでしたか?簡単なことのようで難しい・・・それが専業主婦の仕事なのです。
頑張れば良き専業主婦になれる人もいれば、どう頑張っても気質的に合わない人もいるでしょう。ただ楽ができる職業だと思っていると、痛い目に遭うかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事