• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

初めは乳液!先行乳液、化粧水の順番で乾燥肌を解消へ!

Date:2016.05.28

shutterstock_333047165女性にとって美容は永遠の課題です。できることなら、いつまでも健康的でつややかなお肌を保ちたいですよね。

アラサー世代になるとお肌の変化を感じることが多くなりますが、この時のスキンケアが未来のお肌を作るといっても過言ではありません。何かと忙しい年代ですが、日々のスキンケアは忘れないようにしましょう。

お肌のケアで一番大切なことは、毎日欠かさずに基本的なケアを行うことです。

基本的なケアの必需品である「乳液」には、化粧水の後に使用する一般劇な保湿乳液と、化粧水の前に使用する先行乳液がありますが、両者には異なる特徴があります。

お肌の状態に合わせて両者をうまく使い分けることでよりお肌を整えることが出来るでしょう。

ここでは、お肌の仕組みから見る日々のケアの重要性と、乳液の特徴から見る一般的な保湿乳液と先行乳液の特徴や違いについて紹介します。

お肌の生まれ変わり。ターンオーバーから見る日々のケアの重要性

いつまでも美しいお肌を保つためには日々のスキンケアが重要です。お肌の表面は一定のサイクルで生まれ変わっており、今のケアが未来のお肌を作るといっても過言ではないでしょう。

お肌は下の層から

  • 基底層
  • 有棘層
  • 顆粒層
  • 角質層

の4層に分かれています。お肌の表面の表皮は、基底層の細胞が新しい細胞に押し上げられて上に上がっていき無核となった角質細胞であり、最終的には垢となって剥がれ落ちます。

このお肌の生まれ変わりのサイクルをターンオーバーと呼びます。つまり、お肌の新陳代謝です。体の部位によってターンオーバーのサイクルは異なりますが、お顔の場合は28日程度と言われています。

年齢を重ねるにつれて体の代謝が落ちるのと同じ様に、お肌の新陳代謝も低下していきます。

放っておくとお肌の生まれ変わりのサイクルが崩れ、お肌に様々なトラブルがおきるようになりかねません。

お肌は日々生まれ変わっているので、毎日のケアが非常に大切です。日々のケアを怠ると、将来のお肌にまで影響が出てくる可能性があります。

お肌トラブルの大元凶。一番怖いのは乾燥肌

お肌のトラブルは様々ありますが、その中でも悩みとして多いものに乾燥肌が挙げられます。

乾燥肌は簡単に言うとお肌が乾燥している状態なのですが、実はこの乾燥肌は、様々なお肌トラブルを引き起こす大元凶となるのです。

お肌のバリア機能が低下する
お肌には、様々な外的刺激からお肌を守り、水分の蒸発を防ぐバリア機能が存在するのですが、乾燥肌だとこのバリア機能が低下してしまいます。その結果、痒みやニキビ、肌荒れなどの様々なお肌トラブルを引き起こします。
化粧水がしみこまない
潤いのあるお肌になるためにたっぷり化粧水を使用しても、乾燥肌では奥まで浸透しにくいです。砂漠にいくら水を入れても意味がないのと同様に、乾燥肌には水分がしみこんでいきにくいのです。
しわが増える
しわが目立つ人と目立たない人の差は、お肌の潤いや弾力です。お肌の水分量はお肌の潤いや弾力に関係しているので、乾燥肌だとしわが目立つようになる可能性があります。

他にも乾燥肌が引き起こすお肌トラブルには様々なものがあります。

乾燥肌は、ひどくなるとメイクの仕上がりにも影響が出るし、放っておくと将来のお肌に大きな影響を与えることにもつながりますので、早めに対処しておくほうが良いでしょう。

恐怖!お肌の乾燥スパイラル

何をしても一向に乾燥肌が改善しないという人は、もしかしたらお肌が乾燥スパイラルに陥っているかもしれません。

  1. お肌の乾燥により、お肌のバリア機能が低下する
  2. お肌の水分が蒸発しやすくなり、さらに乾燥肌となる
  3. 外部刺激に反応しやすい敏感肌となる
  4. 様々なお肌トラブルが起きやすい状態となる
  5. 刺激を受けたお肌に痒みが出てお肌のバリア機能が更にダメージを受ける

恐ろしいことに、この状態を繰り返していると乾燥肌スパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

救いの手は保湿にあり。乳液の種類と効果について

乾燥肌の改善には十分な保湿が必要です。しかし、乾燥肌は化粧水が十分にしみこんでいかない状態なので、まずはお肌の基盤を改善し、水分がしみこんでいくお肌を目指しましょう。

保湿のキーポイントは「乳液」にあるのですが、乳液は使用法によって大きく2つに分けられます。

保湿乳液 先行乳液
化粧水の後に使用 化粧水の前に使用
先に使用した化粧水の保湿成分、栄養成分を閉じ込め、お肌の蓋となる 水分、油分、保湿成分のバランスを整え、お肌の基盤を整える
お肌によりうるおいを与える お肌自体を柔らかくし、より化粧水が浸透するようにする

化粧水の後に使用する一般的な保湿乳液はお肌の蓋の役割がある

一般的な乳液は、洗顔後に化粧水→乳液→クリームの順番で使用します。

一般的な乳液は化粧水で補った保湿成分や美容液の栄養成分が蒸発していかないようにお肌に蓋をする役割があり、さらに3種類に分けられます。

保湿乳液
化粧水の保湿成分や美容液の栄養成分をお肌に閉じ込める油分の蓋の役割をする乳液。
UV乳液
保湿乳液の役割に加えて美白効果を加えた乳液。紫外線を防ぐので日中の使用が便利。
ティント乳液
保湿乳液の役割に加えて下地の役割もする乳液。商品によっては紫外線を防ぐ効果もある。

一般的な乳液は油分でお肌に蓋をする役割がありますので、基本的には洗顔後に化粧水→乳液→クリームの順番で使用するのが鉄則です。

一般的な乳液には20~30パーセントの油分が配合されているのですが、先に乳液を使用してしまうとお肌に油分の膜ができてしまうので、後から化粧水を使用しても水分が浸透していきません。

一般的な乳液は化粧水の保湿成分や美容液の栄養成分を閉じ込める蓋の役割をするので、必ず化粧水や美容液の後に使用しましょう。使用順番を守らないと効果が得られないばかりか、お肌トラブルを生むことにつながるので注意しましょう。

化粧水の前に使用する先行乳液はブースターの役割がある

先行乳液は、洗顔後に乳液→化粧水→クリームの順番で使用します。先行乳液は、先に乳液を使用することでお肌を柔らかくし、後に使う化粧水がよりお肌にしみこみやすくなりますので、乾燥肌にはより効果的といえます。

先行乳液は化粧水がより浸透するためのブースターの役割をするとともに、お肌のバランスを整えます。

  • 水分
  • 油分
  • 保湿成分

先行乳液はこれらのバランスを整えることでお肌の基盤を整えるので、美容液と似た働きも持っているといえるでしょう。

お肌の土台自体に効果があるので、使い続けるうちに乾燥肌や皮脂などのお肌トラブルが減っていきます。

先行乳液はお肌自体を整えて、より保湿成分が浸透していくお肌を目指します。乾燥肌はお肌の基盤を整えることが先決なので、先行乳液は、乾燥肌にこそ効果がある商品といえるでしょう。

先行乳液で有名なのはアルビオンの商品です。
アルビオンの商品紹介の画像

しなやかさを生む乳液 – ALBION
http://www.albion.co.jp/this_is_albion/milk/

クレンジングの落とし残しにも。先行乳液のもう一つの効果

先行乳液にはもう一つ大きな効果があります。それは、落とし残しのクレンジングもしっかりと落とすことが出来ることです。

一般的に、油汚れは油で落とします。クレンジングには油分が含まれているので、水で洗い流しても落とし残しがある可能性があります。

そんなときに先行乳液を使用していると、乳液の油分によって、落とし残したクレンジングも綺麗に落とすことが出来るのです。

クレンジングは日々のメイクを落とすために必要なものですが、お肌に残った状態ではお肌自体を痛めてしまいます。先行乳液なら、クレンジングの落とし忘れがあってもケアの前に落とすことが出来ます。

お勧めスキンケア方法「ミルフィーユ塗り」でさらに潤うお肌へ

頑固な乾燥肌には、ミルフィーユ塗りをすると良いでしょう。ミルフィーユ塗りとは、洗顔後のお肌に乳液→化粧水→乳液→化粧水→…と重ねて使用していくスキンケア法です。

使用する乳液は保湿乳液でも先行乳液でも構わないのですが、乳液、化粧水がしっかりとお肌になじんでベタベタしなくなってから重ねていくことがポイントです。

これ以上お肌が吸収できないというところまで乳液と化粧水を重ねていきましょう。

ミルフィーユ塗りは、特別な商品を買いそろえる訳ではなく、手持ちの商品でできるスペシャルケアなので、コスパも良くおすすめの方法です。

ミルフィーユ塗りをすると翌日のお肌が見違えるようにもちもちとしっとりするのが実感できるでしょう。

乾燥肌が気になったら、日々のスペシャルケアとして日常的に取り入れるのも良いでしょう。

ミルフィーユ塗りに使用する乳液は先行乳液でも保湿乳液でも良いのですが、油分の少ない乳液を使用しましょう。また、化粧水もなじみが良く重ねてつけていきやすいさっぱりタイプがお勧めです。

日々のシンプルケアで1ランク上のお肌になろう

日々時間に追われる現代社会では、念入りなスキンケアを毎日行うことは難しいかもしれません。

しかし、シンプルなケアを毎日行うことはそんなに負担にならないのではないでしょうか。

高価なアイテムを買いそろえて特別なことをしなくても、基本的なスキンケア商品でお肌は十分保てます。

しかし、保湿乳液と先行乳液は役割が異なりますので、今の自分のお肌状態を理解して自分に合う乳液を選びましょう。

この記事をシェアする

関連記事