• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【写真有】今の倍は化粧品が収納可能!洗面所の小棚を広々使う裏技

Date:2012.07.08

メイクは女性をきれいにするだけでなく、気分を晴れやかにしてテンションをあげてくれます。だから、たとえ置く場所がなかったり、利便性を考えて洗面所にメイク道具を置く場合でも、ちょっとワクワクするような可愛らしい演出をしてみませんか?もちろん便利さもアップする、簡単なアイデアをご紹介します。

下手な収納の使い方してません?

整理されていて片付いてはいるんだけど、使い勝手の悪い洗面所収納、ありますよね~。置くものの高さが合わなくて無駄なスペースがいっぱいあったり、似たような大きさのものがたくさんあるから重ねて置きたいけど安定感が悪い。写真の洗面所の場合は一段目と二段目の奥行きも違うので、二段目はぎゅうぎゅうなのに一段目はスカスカです。

この段も化粧品の大きさがバラバラで、無駄なスペースがかなりあります。こういった無駄を改善して、味もそっけもない収納を変えてみましょう。

用意するのは・・・

・仕切り板付き収納ボックス(100円ショップで買えます)
・吸盤付きの小物収納カゴ(100円ショップで買えます)
・レースシール(100円ショップで買えます)
・手持ちのメイク収納ボックス
・ペットボトル 500ml用
・ハサミ

レースシールは布素材やプラ素材などいろんなものが100円ショップに売っています。好みのもの、手持ちの化粧品やメイク道具の色味に合うものを1種類だけ用意してください。

手持ちの古くなったメイク収納ボックスにレースシールを貼り付けます。見えるのは前面だけなので、貼るのはそこだけでOK。

ここでは、白・赤・ピンク・ベージュ系の色が多かったので、その中からベージュっぽいシンプルなレースシールを選びました。古いキズや汚れも隠れて可愛く変身!

次に、仕切り板付き収納ボックスの仕切り板の上部ではなく下の方にレースシールを貼ります。カーブのない上下同じフォルムなら、どちらに貼ってもかまいません。

それを、目線より下に置く場合は上向きに、目線より上に置く場合は逆向きにセットします(見えないと意味がないので)。さらに、写真のように収納ボックスをタテに置き下の段にレースシールを貼ります。これは滑り止めにもなるので、必要なら先程の仕切り板の反対側にも貼ってください(小さなもの筒状の転がりやすいものを置く場合)。

先程の味気ない洗面台にセットすると、ご覧のように無駄なスペースが消え収納力もグンとアップ!チラチラ見えるレースが可愛くてテンションもあがります。ちなみに、置くものが自立できない場合は写真のようにフィルムケースを置くと、勝手に転がってスペースを調整してくれます。中には試供品の口紅を入れてみました。

次にペットボトルをハサミでカットします。切る場所は置く棚の高さや入れるメイク道具の高さで調整してください。

さらに、取りだしやすさを考慮してタテにも切り込みを入れます。カップホルダーのようなカタチになります。

カットした部分にレースシールを貼ります。前面に半分貼り、残り半分を裏側に折り込んでください。角の部分は斜めにカットするときれいに貼れます。

カットした上部も同じようにレースシールで保護しつつ飾ります。レースシールは貼り直すと接着が弱くなるので、1回で貼り付けるように頑張ってください。

ルースパウダーの容器にもレースシールをデコってみました。一番大きな化粧品名を消すように、貼ると馴染みます。

ギュウギュウだった二段目にセットしてみると…一段目にいぶ収納できたおかげで、こんなに余裕が。ルースパウダーやファンデーション、フェイスパウダーなどが同じ棚にまとめられ、安定感もあって取りだしやすく、可愛さもアップしました。

最後は、吸盤付きの小物収納カゴにレースシールを貼ります。通気性を考えて穴のあいた籠にしましたが、網カゴやワイヤーカゴでもOK。その場合は貼らなくてもいいし、貼る場合は一番上のフチをレースで飾ると可愛くなります。

小物収納カゴの吸盤を洗面台の奥の壁面に貼りつけます。くれぐれもカゴは棚の幅を測ってから買いに行きましょう。でないと棚に入りきらないことに…私もギリギリというかギュウギュウでした。でも、安定感は増したかも?!

全体をセットしてみると、ぐ~んと収納力がアップしたのが分かります。もうひとつペットボトル収納を作って、こちらには保湿クリームなどを重ねて置きました。ちなみに、保湿クリームの容器もレースシールでデコってあります。こうすれば滑り止め効果もあるので、おっちょこちょいでよく落としてしまう!という人にもオススメです。

吸盤付きの小物収納カゴには、これまで入らなかったパックや試供品などを入れて、フチには毛抜きをかけました。便利さと可愛さ、どちらもアップで気分あがってま~す!

この記事をシェアする

関連記事

コメント