• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おすすめ!同性の先輩に結婚や子供についてインタビューを実行しよう

Date:2014.02.24

あなたの周りには人生の先輩と呼べる同性の方はいますか? アルバイト先、職場、プライベート…たくさんの場でそういう方々と接する機会があると思います。

でも、「世代が違うから」、「あまり話が合わないから」という理由でそういう先輩たちとの交流を意図的に避けてしまう部分、ありませんか? 気持ちはわかりますが、人生の先輩たちは本当にたくさんのことをご存知です。

20代、30代の女性がものを10個知っているとしたら、先輩たちは1000個のものを知っていると考えて間違いありません。

それなのにただ歳が離れているから、生活サイクルが違うからという理由だけで仲良くさせていただく機会を手放すなんて本当にもったいないことです。

しかし、いざそのような先輩たちとお話する機会を持てたとしても、何を話したらいいかわからない、戸惑って遠慮してなかなか聞きたいことを聞けない…ということもあるかもしれません。

そんなときのために普段から聞きたいことを用意しておくこと、これってとっても大事です。メモをしてもいいですし、頭の中でいくつか挙げておいてもいいでしょう。

恋愛、結婚、育児、人間関係、仕事…たくさんのことを乗り越えて立派に生きてこられた先輩方の意見です。しっかり聞いて、アドバイスを自分の力に変えていきましょう!ここでは先輩方と向き合うポイントをお伝えします。

質問がまとまらなかったら相談したいことでもいい

さて、人生の先輩たちに聞きたいこと。たくさんあると思います。会社での人間関係だったり、女性の出世についてだったり、結婚のタイミング、相手の選び方…。答えがひとつじゃないからこそ、たくさん悩んで、時には失敗したりして。思いつめてしまったりもするでしょう。

でも、そんなときに一人で抱え込んで悩んでいても答えはずっと出ません。かといって、同世代に相談するのもなんとなくライバル心が出てしまい相談できない…。

そんな時には、人生の先輩に助けを求めましょう。何も恥ずかしいことはありません。今、自分が悩んでいることを具体的に挙げて、質問させていただくのです。いざ話す段階になってあたふたしないようにメモをとっていくことをおすすめします。

その際のポイントですが、携帯電話やスマホにメモをとり、その画面を見ながら話すのは控えましょう。同世代の友達同士なら当たり前の行為かもしれませんが、目上の人と話すのに携帯電話の画面を見ながらというのはあまりいい構図ではありません。

ちゃんとノートや本物のメモ用紙にメモをとり、それを見ながら質問するべきです。もし、質問内容がなかなか浮かばなかったら、相談という形でもいいでしょう。その際もなるべく具体的に悩んでいることを並べ、詳細に伝えましょう。

人間関係については具体的に質問する

では、なぜ悩みについて具体的に相談したほうがいいのでしょうか。それは具体的に相談すればするほど、先輩たちの人生経験に当てはめてお答えしていただける可能性が高くなるからです。

「私の若いころも同じようなことがあったわ」と例を出して話していただけたら本当に参考になりますもんね。あまりに説明を省いた相談の仕方だと、その悩み自体がたいしたことないと思われて、アドバイスをいただけない可能性もあります。

また、その悩みについて、自分が今後どう動いたらいいか、どう立ち回るべきかをちゃんと聞きましょう。そうしないと、ただ愚痴をこぼしているだけになってしまいます。その物事についてきちんと解決したいのであれば、必ずそれに対する解決策を聞くべきです。

ここでもやはり質問を駆使するべきです。「この場合、私はこうしたほうがいいですか?」、「こう言われたら、こう返すべきですか?」と、どんどん具体的に聞いていきましょう。

必ず親身になってお答えいただけるはずです。こちらが用意した分だけ、相手にも真剣さが伝わります。

先輩の話に耳を傾ける

忙しい日常、大変な人間関係を過ごしているうちに、なんだか自分だけがこんな大変な目に遭っているのではないだろうかと思ってしまうことってありますよね。それは心が疲れている証拠です。そんなときには人の意見なんてなかなか受け入れられないものです。

それこそ立場が近かったり、年齢が近いとたとえアドバイスをもらっても「あなたにそんなこと言われたくない」とか、「弱みを見せたくない」という気持ちが働いて、なかなか素直になれないものです。

でも人生の先輩たちにはたくさんの経験と重みがあります。そんな素敵な先輩たちの話になら耳を傾けることができるのではないでしょうか。また、話を聞いてもらうことにより、気持ちにも余裕が生まれます

何か大変な壁にぶつかったら、ぜひ先輩に話を聞いていただき、今後自分がどうするべきかどんどん質問をしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事