• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

全身同じ色ばかり・・・さりげなくセンスを上げる色の組み合わせ方

Date:2013.09.06

今日何着て行こう…日々悩みますよね。そんな時に、こんな事ありませんか?

  • いつものこれでいいか…となる
  • 変えてはいるけど変わり映えしない
  • 色がワンパターン
  • もうちょっとおしゃれにしたいのに変われない
  • 色を取り入れたいけど落ち着かない
  • 色を使うと派手になる etc…

そんな方に簡単に違和感なく色を取り入れる方法と色のセンスアップの仕方をご紹介します。まずはいつもの色について。それはお気に入りの色ですか?自分に似合っている色ですか?これがしっくりくる、落ち着くのであればOKです。

そのような物は使いやすく、着回しもしやすく、無駄にならないので今まで通りどんどん使っていきましょう。

だいたいモノトーンが多いと思いますが、いつも着ている色なら大きく外れる事はないですし、また、いきなり色をガラッと変えてしまうと今までと同じく違和感を感じて長続きせず、組み合わせを難しく感じてしまうので、今日はいつもの色をベースにした色の取り入れ方を説明します。

では、いつもの色に簡単に色を取り入れるには?それは、小物に色を持ってくる事です。大きなところでは帽子、靴、バック、スカーフ。小さなところではブレスレット、ネックレス、ピアス(イヤリング)、ブローチ、髪飾り、ネイル。

どんな色をもってきても小物のみの場合違和感なく取り入れられます。しかも一気にセンスアップ。大きな小物に取り入れ、同系色のアクセサリー系が合わせられればなお良し。

どんな色がいいのか…。

鮮やかな色でOK。全身黒にシルバーのアクセサリーなど、色を入れたか入れてないかわからないような取り入れ方は何も変わらないので、是非赤、青、黄色、ピンク、グリーンなどきれいな色を使ってみましょう。

選び方は好きな色でOK。洋服ではなかなか着ないけど、実は好きという色。もしそういう色がなかった場合は、雑誌やネットに載っている流行の色からスタートしましょう。

たくさん小物を揃えられない…。

そんな時はメイクも活用しましょう。特に色で遊べるのはアイシャドウ。人の目は目元にいくのでアイシャドウに色を取り入れるのも一つの方法です。

色味のある洋服を着ていたら…。

大きな色に合わせると無難。小さな色に合わせるとオシャレ。ブルーのブラウスを羽織っていてそれにブルー系統のバックやアイシャドウを組み合わせるのは間違いないですが、普通に見えがち。他の色を持ってきた方がオシャレです。

例えばベースはグリーンだけどその中に黄色の模様がついているなどの場合、グリーンをもってくるのではなく黄色の靴やブレスレットをもってくる方がおしゃれです。大きな色と小さな色が合った場合、小さな色に合わせる方が簡単にセンスアップできます。

コーディネイトや色のセンスをアップさせるには…。

・人真似からスタート。

今まで自分で試行錯誤して難しかったのであれば、自分が憧れる方やショップの店員さん、雑誌でも構わないので真似をするところから始めましょう。いつの間にか自分のものになっていきます。

・毎日のコーディネイトをする際、今日は何をする、誰に会うかを必ず考えましょう。

恋をするとオシャレがしたくなるもの、そんな時にセンスが上りますが、毎日同じ生活をしていても、今日は帰りに○○に寄ろうとか、○○さんが来るかもしれない、電車でかっこいい人に出会うかも、とこれで本当にいいのかコーディネイトを見つめ直す時間を1分でもいいのでもつことです。

そうする事でいつもはしないイヤリングをつけてみたり…という動作につながります。

・メイクを先にしない。

いつものメイクをしてから洋服を着る…という方はセンスがあがりにくいです。洋服はとりあえず衛生的に毎日変えるもののメイクはいつもと一緒というパターンは何十年も同じメイク、同じ色パターンを作りやすくなります。

洋服を決めてから、それに合わせてメイクをどうするかを考えるだけで色のセンスは上がります。大きく変わらなくてもメイクは色を使いますので、考えて変えていくという工程を毎日踏んでいると自然に色を変えるという意識が身に付きます。

人にはパーソナルカラーというのがあり、似合う色というのが有彩色でも必ずあるのですが、いきなり色を取り入れると違和感を覚え元に戻ってしまうという傾向がよくありますので、まずは色に対する抵抗をなくし、少しずつ、色を取り入れる楽しさ、センスアップを図っていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事