• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう失敗したくない!お気に入りの洋服を長持ちさせる洗濯術

Date:2014.11.22

お気に入りのお洋服。洗濯する度にヨレヨレ、色落ちしてきたりしますよね。洗濯すればそれは避けられないことだと、決めつけてしまっていませんか?

確かにそうかもしれません。しかし洗濯のやり方次第で服の劣化を防ぐことはできるのです。適切な洗濯方法を選べば洋服を長持ちさせることができますよ!

表示が全て

洋服を長持ちさせるにはその衣類に適した洗濯方法で洗うことです。その秘訣は洗濯表示に隠されています。それに目を通していますか?

衣類それぞれに使われている繊維や製法が異なりますよね。それなのに全て洗濯機で同じ方法で洗っていないでしょうか?間違った洗い方により衣類を傷つけているかもしれません。

沢山洗濯物があると、すべての衣類の表示をチェックするのは大変ですよね。そんな時はせめてお気に入りの洋服だけでもきちんとチェックすればいいのです。

洗濯表示のどこを重点的にみるのかというと、洗い方の部分です。まずは手洗いか洗濯機で洗えるのかを見極める必要があります。

なぜ洗濯機で洗うとダメージを受けるのか

手洗いよりも洗濯機で洗うほうが、衣類は劣化が起こりやすくなります。それは洗濯時に摩擦やこすれなどの刺激を大きく受けてしまうからです。

最新のドラム式の洗濯機をご使用されている方も増えていますよね。そのタイプなら窓の部分が透明になっていますから中の様子を伺うことができると思います。

見てみると洗濯機の中で衣類が結構な勢いで叩きつけられているのです。そうしなければ衣類の汚れをきちんと落とすことができないからです。

洗濯表示で洗濯機使用可能と書かれていても、やはり摩擦などから受けるダメージは大きいと心得ておきましょう。

洗濯機でのダメージを軽減する洗い方

洗濯機を使っても衣類へのダメージを軽減する方法があります。一つは洗濯ネットを使うことです。ドラッグストアや100円ショップへ行けば沢山販売されています。

メッシュの大きさ、ネットの大きさも種類豊富にありますので用途に応じていくつかの種類を揃えておくことをオススメします。

裏返して洗濯しましょう。色が濃い目の衣類は色落ちが起こりやすくなります。少しでも色落ちを防ぐには裏返して洗うことです。直接衣類の表面に刺激が当たらないからです。濃いめのデニムなどもそうやって洗えば、買ったときの色を長くキープすることができますよ。

洗濯機の洗い方コースを変えましょう。自宅の洗濯機で洗い方のモードが選べるはずです。通常コースではなく、手洗いコースやクリーニングコースを選びましょう。通常コースより洗い方が優しくなりますから繊維へのダメージを軽減できるはずです。

手洗いのススメ

衣類を最も傷めない洗濯法は、手洗いです。洗濯表示をチェックして、手洗いでと書かれている衣類、長く着たい衣類に関しては洗濯機OKの表示があっても、手洗いで洗いましょう。

手洗いで洗う時のコツを紹介します。使用するお湯は30度程度のぬるま湯です。汚れが最も良く落ちる温度だからです。

専用の洗剤が販売されていますのでそれを使いましょう。シミや汚れが目立つ部分は重点的に洗います。そしてすすぎはしっかりと行いましょう。繊維に洗剤が残っていると痛みや異臭の原因となってしまいます。

脱水だけは洗濯機の力を借りましょう。手絞りには限界があります。しっかり水気をとれば乾きも早くなりますよ。その時も痛みを防ぐためにネットを使うのがおすすめです。

クリーニングも活用しながら…

自宅での洗濯方法について理解していただけましたでしょうか。しかし衣類の中には自宅で洗えない物があります。そんな時はクリーニングを活用しましょう。プロに依頼すれば確実にきれいに洗ってもらうことができますよ。

この記事をシェアする

関連記事