• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

洗濯物が乾く時間を短縮出来る、主婦なら知っておくべき干し方

Date:2013.03.21

ポイントを押さえて衣類に合った干し方をすれば、面倒なアイロンをかける手間を省く事ができます。ここでは究極の洗濯の干し方を紐解いてみましょう。

厚手と薄手、大きいものと小さいものは交互に干しましょう→スピード乾燥のコツ!

洗濯をして干す時に、生地の厚みや素材、大きさを考えると、スピード乾燥することができます。厚手の服ばかりを並べて干していると、なかなか乾きませんよね。

そんな時は、厚手と薄手、大きいものと小さいものは交互に干して、できるだけ風通しを良くするのが、スピード乾燥のコツです。

靴下の干し方はゴムを上にして干すのがコツ!

靴下を洗濯して干す時のポイントです。靴下のゴム部分に使われているポリウレタンは、水分や熱に影響を受けやすい素材です。ゴム部分を下にして干すと、水分が溜まり、早めの劣化に繋がります。それを防ぐ為にも、靴下を干す時はゴムを上にしましょうね。

洗濯バサミ跡はテープなどで防止する事ができます→美しく乾かす為のコツ!

意外とついてしまう洗濯バサミの跡。なかなか元に戻りません。困らない為にも、洗濯物に洗濯バサミの跡をつけないとっておきの方法は、洗濯バサミの先端にビニールテープをしっかりと巻けば大丈夫です。

また、洗濯物と洗濯バサミの間に1枚別の布を挟んだり、見えにくい部分を挟むのもよいでしょう。このひと手間が美しくいつまでも長持ちさせる為のコツです。

カーテンのシワ防止は生乾きの状態で干すのがコツ!

洗濯機でカーテンを洗う時は、最後の脱水は20秒程度にして、生乾きの状態で洗濯機から取り出しましょう。水分をほどよく含んだ状態で干せば、カーテンの重みでシワも自然にとれます。

脱水はかけすぎるとシワの原因になるので、注意が必要ですよ。この方法はホントにいいです。自然を利用してキレイな状態にする事ができるのですから。

白い衣類をいつまでも美しい白さに保つには、早めに取り込むのがコツ!

ナイロン製の白っぽい衣類を洗ったら、直射日光に当てて乾かし、乾いたらすぐに取り込みましょう。長時間放置すると、黄ばみの原因になってしまうからです。なお、白く仕上げたいのなら、洗った後で温度が高めのお湯ですすいでから乾かしましょう。

革製品が濡れたら陰干しにしましょう

雨で革製品が濡れてしまったら、まず、乾いたタオルで水分を拭き、ハンガーにかけるなどをして形を整えましょう。

そして、風通しの良い所で干しましょう。乾くまでにはそれなりの時間はかかりますが、だいたい元通りになるのでオススメです。太陽の下で干すと、革が堅くなってしまうので注意が必要です!

洗濯物はただ干すだけではないのです。コツを掴んでこそが衣類を長持ちかつ美しい状態を保つコツなのです。

この記事をシェアする

関連記事