• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お洗濯のお悩み解決します!お洗濯のコツと裏技

Date:2013.06.24

梅雨の季節がやって参りました。天日干しが出来ない時、乾燥機を使いますか?電気量を考えると寒いわけではないし部屋干しですよね。

部屋干しのニオイの原因は雑菌の繁殖によるものなんですね。天日干しは日光殺菌されるのでニオイが残りません。でも部屋干しだと殺菌してくれる日光がありませんから、他の何かで殺菌してあげないとニオイが付いてしまいます。

一番ニオイが残りやすいバスタオルや厚い衣類。部屋干し用洗剤を使うもいいですが、この洗剤にこだわりが!という人もいると思います。

そんな人にお勧めの部屋干し対策が「お酢」なんです。ニオイ残るんじゃないの~?という声が聞こえてきそうですが、お酢は雑菌の繁殖を抑えてくれる優れもの。乾いた時には中和してニオイは残りません。

使い方は「すすぎ」の時に大さじ3杯を洗濯機に入れるだけ。柔軟材と同じタイミングでいいと思います。わざわざ部屋干し用の洗剤を用意しなくても家にあるもので部屋干し対策ができちゃうワケです。

ワキや襟につく汗ジミを防ぐ裏技!

梅雨が終われば夏の到来ですね。ジメジメ暑い時にかく汗は運動で流す汗より油分が多くてニオイまでキツイですよね。じっとり汗をかいた時のワキや襟につく汗ジミ…。

すぐ洗えば汗も落ちるかもしれませんが、洗うのは汗をかいてから数時間たった後…。ちゃんとお洗濯してるのに取れない!って悩んでいる人もいるはず。そこで、こんな裏技紹介します。

用意するのはスプレータイプの洗濯のり。これを着る前にワキや襟の部分ふ吹き付けて乾かすだけ。こうすると、洗濯するときにワキや襟についた汗が洗濯のりと一緒に洗い流されるので汗ジミが残りにくくなるんです。お試しあれ。

洗濯物をムラなく洗うコツ

洗濯機に衣類を入れるときにある順番で入れると効率よくキレイに洗うことができるんです。最初にバスタオルなど大きなものを入れ、次にTシャツなどの衣類、最後にネットに入れた衣類の順番で入れます。

こうすると、洗濯機の回転がよくなってムラなく均等に洗う事ができるんですね。この方法はドラム式には向きませんのであしからず。

靴下時短お洗濯

2つで1組の靴下。洗うときはいいけれど、干すときや取り込む時バラバラになった靴下を1組にするのって探すの面倒ですよね?

そのムダな手間を省くのに使うのが「ダブルクリップ」。靴下を脱いだ時にこのダブルクリップで1組にしておきます。それを洗濯する時にドラムを傷つけたりしないようにネットに入れて洗います。

たったコレだけのことをするだけで、干すときにはクリップの上部を引っ掛けるだけだし、取り込む時もそのまま収納できます。手間いらずの時短お洗濯お試しください。

この記事をシェアする

関連記事