• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

時短家事のススメ。洗濯を素早く綺麗に終わらせるコツ!

Date:2014.01.18

家電が進化して家事がだいぶ楽になりました。今のままでも十分便利なのですが、段々と欲が出てきてもっと便利にならないかなと思うこともありませんか?そこで家事が少しでも楽に早く終わるように自分なりに考えた方法や工夫を実践するのです。

洗濯はどこの家庭でも毎日行っている家事の一つです。一人暮らしなら毎日する必要もありませんが、家族がいればその分洗濯物の量も増えていきますから、毎日1回以上は洗濯機を回しているのではないでしょうか?

洗濯自体は洗濯機がやってくれますが、干したりする作業を考えると全て洗濯を終わらせるのに1時間以上の時間がかかります。もう少し洗濯にかける時間を短くできたらなと考えたことはありませんか?

ちょっとした工夫やコツで時間を約30分短縮することができるのです。今回は洗濯機を使用する時間を短縮する方法について紹介したいと思います。

洗剤は濃縮タイプを使うこと

洗濯機の通常コースを選ぶと、洗濯が1回、すすぎが2回、そして脱水という手順で洗濯が進みます。そのすすぎを1回で済ませる方法があります。それが濃縮タイプの洗剤を使うことです!

今まで販売されていた粉末タイプや液体タイプの洗剤というのはその成分が繊維に残りやすかったので、すすぎも2回しないといけなかったのです。

濃縮タイプ洗剤は泡切れもよくすすぎ1回でも洗剤が落ちるのでそれにより洗濯時間が短縮できるようになるのです。すすぎを1回に減らすだけで10分以上洗濯機使用時間を短縮できます。

洗う時間を短く設定する

洗濯機を回す時設定はどうしていますか?搭載されいているコースを選んでそのままスイッチオンしていませんか?そこで設定時間を再度見直してみるのです。

現代人はとても綺麗好きです。見た目それほど汚れていない衣類でもすぐに洗濯するのです。あまり汚れていない洗濯物を長い時間洗っても逆に繊維を傷めるだけです。

それなら洗いにかける時間を自分で短縮すればいいのです。洗濯機の種類にもよりますが洗いの時間に標準コースでも10分以上かかっています。そんなに長い時間洗う必要はないと思いませんか?

5分から8分程度洗いをすれば十分に汚れや臭いは落ちるはずです。

予備洗いをしよう

洗濯機の技術は進歩したので何でも綺麗にすることができる!と思っていたらそれは過信です。私の友人の例を紹介します。電気屋さんに行くとデモンストレーションで洗濯物が実際に回っているのを見かけることがあります。

真っ黒に汚れてしまった靴下が洗濯機だけで洗っても汚れが綺麗に落ちているのです。それを見た友人はちょうど買い替え時だったので洗濯機を買い替えました。

ところが実際洗濯をしてみると靴下の皮脂汚れは電気屋さんで見たほど落ちはよくありませんでした。がっかりした友人は最新式の洗濯機でもしつこい汚れは落ちないのだと私に教えてくれたのです。

洗濯物全てが汚れているわけではありません。それならと汚れの酷い物は事前に予備粗いをしてしまえばいいのです。結局長時間洗濯機で洗っても汚れが落ちないなら手洗いでそれを落としましょう。

汚れを落としておけば洗濯機を回す時間を短くすることができるからです。予備洗いが面倒だと思っていませんか?そんなものは自分が入浴したついでに洗ってしまえばほんの数分で終わってしまいます!

これだけ実践するだけで洗濯機の稼働時間を短縮できます。電気代の節約にもなりますからオススメですよ!

この記事をシェアする

関連記事