• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一人暮らし女性でもお金は貯められる!節約のポイントを紹介

Date:2014.12.18

一人暮らし女子の皆さん、毎月貯金をしていますか?毎日の生活で精一杯でほとんど貯金できていないという方が多いかもしれません。実家暮らしでもない限り、一般の一人暮らし女性が貯金をするなんて無理、と最初からあきらめていないでしょうか。

一人暮らしでも貯金はできるのです。頑張って節約してもなかなか貯まらないと嘆いているあなた、節約のやり方を変えるだけでお金を貯められるようになるかもしれませんよ。一人暮らし女性におすすめの節約テクニックを紹介していきますね。

理想と現実を知ること

まずは家計の見直しからスタート。

家計簿をつける

節約のためには家計簿をつけるのが鉄則。

昔ながらのノートに書いてもいいですが、書き忘れや計算違いも多いもの。おすすめは家計簿アプリの活用です。これをスマホに登録しておけば使ったその場で記帳できるのです。無料で利用できるアプリも多いですから、是非使ってみてください。

次に平均値を知りましょう。

家賃

まず一人暮らしの支出で大きくのしかかってくるのが家賃です。毎月家賃と管理費を含めてどのくらいを費やしているのでしょうか。

家賃が支出に占める割合として理想なのは、収入の3分の1以下に収めること。

これよりも高い家賃(管理費含む)を支払っている方は今現在住んでいる部屋の引越しを考えたほうがいいかもしれませんね。

食費

次に食費です。外食やランチ代を含めてどのくらいを使っているのでしょうか。これには付き合いで参加する飲み会の費用も含まれます。

食費の理想は3万円以内に収めること。

通信費

そして一人暮らしに関わらず家計に占める割合を大きくしているのが通信費。スマホを持ったことで通信費が倍以上に膨れ上がった方も多いのではありませんか。

またスマホとは別に自宅に固定回線を引いている方もいらっしゃいます。さらに固定電話を引いている方もいらっしゃるでしょう。

通信費も1万円以内におさめたいところ。

服飾費

そしてオシャレな女性には必須の出費である服飾費。これに毎月多額の費用をかけている女性も大勢いらっしゃると思います。

服飾費も上限3万円を目安にしたい。

上記の費目が、一人暮らし女性がよく使う費用の理想です。まず自分のお金の使い方と比べてみてどうでしょうか。理想と大きく上回ってしまった方は、その費目に関して特に厳しい引き締めが必要ですね。

具体的な節約方法

それでは具体的な節約方法をご紹介していきますね。

① 外食を減らそう

大人になると付き合いで外食する、飲みに行く機会も増えますよね。それも厳選して参加するようにしましょう。声をかけられたからといってすべて参加していては、かなりの出費額になってしまいます。

また飲み会や食事会は一回当たりに使う費用も高くなってしまいがちです。できるだけ必要最低限にとどめましょう。

また気の置けない仲間同士の集まりならわざわざ外へ出かけなくても、誰かの家でホームパーティーを開催すれば安上がりになりますよ。

ランチも毎回外食では出費がかさみます。コンビニでお弁当を買っても毎日だと飽きますよね。そこでランチには手作り弁当を持参しましょう。節約にもなりますし、周りには料理上手とういことをアピールできますよ。

② 冷凍を活用せよ!

お店で安い食材をまとめ買いして、結局腐らせてしまった経験はありませんか?一人で食べる量には限界があります。

もしも大量買いしてしまったときは、冷凍庫をフル活用しましょう。一回ごとに使う分に小分けをして購入した日付を書き、冷凍しておくのです。これなら大量に買っても日持ちさせられます。使う分に小分けしておくことで、食材のムダを省けるのです。

もしも一人暮らしを始めるときに冷蔵庫を購入するなら、冷凍庫の容量が大きいタイプを選ぶといいですよ。

③家賃のムダをなくせ

一人暮らし女性の多くは家で過ごす時間がそれほど多くはないはず。リラックスするために今の家を借りたのかもしれません。しかし家賃が高すぎてはそれ以外の部分で節約をしなくてはいけなくなってしまうのです。

多少条件は悪くなってしまうかもしれませんが、引越しをしたほうが結果的に節約になることも。引越し費用も一人なら安くあげられます。知り合いにトラックを借りる、お友達に手伝ってもらえば自分たちの力でも引越しが完了しますよ。

③ 服飾費のムダを削る

洋服を買いすぎてしまっている方はまずは我慢が必要です。欲しいと思ったらすぐには買わないのです。一旦帰って本当に必要なのかを考える、またはバーゲンになるまで待ちましょう。またはリサイクルショップを賢く活用して、安く洋服や靴を手に入れましょう。

他にもおすすめしたい節約方法はたくさんあります。まずは自分ができそうなことから始めてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事