• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自己投資0円で綺麗になろう!この春あなたは「節約美人」

Date:2012.04.12

W580Q100_shutterstock_138387533

節約は今やデキ女のキーワード

モテる女=モテ女の条件は時代とともに変わります。かつては華やかブランド系、今や家庭的いやし系がモテ女。しかし、できる女=デキ女(デキジョ)の条件はその昔から普遍的。

ずばり、話を聞ける女、節約のできる女、この2点をクリアーしたらほぼ「デキ女」と言ってもいいでしょう。話を聞くのは、忍耐とテクが必要。節約するには知恵と我慢が必要。

高いエステやコスメにお金をかけず、節約したって、キレイでいたいのが、デキ女の本音です。いや、それができてこそ、本当の「デキ女」。

今回は、お金をかけずにキレイになれる「節約美人」への道を、エステ、コスメにわけてご紹介します。

お金をかけずに自宅エステで美人

今日も1日会社で疲れちゃった…足もむくんで、肌も乾燥でボロボロ…帰りにエステに寄ってリフレッシュ!ちょっと待ってください。エステに行ったら1万円ものお金がかかるのです。

そこを、ぐっと我慢して、お家に帰って節約リラックスエステに切り替えましょう。まずは、疲れた足のむくみをとりましょう。

むくみとは、血液やリンパの流れが悪くなりおこる現象。長時間のデスクワーク、寝不足、過多の塩分摂取などでもおこります。

簡単に解消できるのは「高枕」。足を心臓より高くして寝ること。あとはマッサージが効果的、自分でやれば費用0円。
・足のむくみ取りマッサージ~足の指を1本1本回して、引っ張る。足裏を手でそらせる。足裏を手の親指で押す。
たったこれだけで、足がかなり軽くなるはずです。40度以下のぬるめのお湯での入浴中に行えば、相乗効果も期待できます。お風呂といえば、お風呂で全身ピーリングも簡単です。
・お風呂でピーリング~37度ほどのぬるめのお風呂に、飲み残しの日本酒(料理酒でもいい)2合に粗塩(なければ普通の塩)を入れて20分ほど入浴。できたら半身浴がおすすめ。

日本酒には発汗作用があり美肌効果も抜群です。芸能人に「酒風呂」ファンが多いのも事実。そこに塩の老廃物排出効果を利用して、簡単にお風呂でピーリング。冬場の乾燥で髪と肌に潤いがほしい…という方には、「ハチミツパック」こちらもお風呂でどうぞ。

・ハチミツ保湿パック~卵黄1個分、ハチミツ大スプーン1 オリーブオイル大スプーン2をよくまぜて、ぬれた髪と肌にぬり、お風呂につかって20分。ただし、入浴後はよく洗い流すこと。

このハチミツパック、週に2回ほどの使用でかなり違いがでます。ファッションモデルの方に教わったのですが、今や私の冬場無料エステの定番です。

次は朝のメイクを完璧にするために夜のうちに、小鼻のケアを。小鼻の小さな黒い毛穴…こちらは重曹パックで簡単にきれいになります。

・重曹パック~重曹適量に水をまぜてペースト状にする。小鼻の気になる部分にぬる。10分放置後洗い流す。

重曹はアルカリ性なので、汚れを中和する作用があります。他にも軟水効果で肌を保湿できるので洗顔ソープに少しまぜて使うのもおすすめです。また低価格なのでお財布にもGood!

朝お目覚め後、あらこんなところに小じわが…という時は即効性のある「卵の薄皮パック」

・卵の薄皮パック~生卵の中の薄皮をはがして、シワにのせ、乾いたらはがすだけ。

この有名で経済的なパック、卵の薄皮に含まれるヒアルロン酸の効果だと言われています。

これらは、ほんの「節約エステ」の一例です。お金をかけなくても、自宅にあるもの、安価なもので、簡単にエステができます。

ただし、肌に合わない方もいるので、心配だったら、体の目立たない場所に少量ぬってパッチテストを。

お金をかけずにコスメ美人

かつてはブランドコスメ全盛…私自身外国製のものばかり使った時期もありました。しかし、日本のスーパーやドラッグストアのコスメ、それらに全くひけをとりません。

それもそのはず、資生堂など日本の有名ブランドや薬品メーカーがプロデュースしているものも多数あるのです。絶対おすすめ、美人になれる低価格コスメご紹介します。

マスカラ~
この価格でこの効果はすごいです。「もてますカラ」(リトルウィッチ)180%のロング率!しかもフロー石という成分がはいっていて、目元にハリをあたえてくれて、まつ毛のケアにもなるそう。1890円はお得です。

つけまつ毛~
シュウ ウエムラの「パーシャル ソフト クロス」は簡単に目元にボリュームをくれるつけまつ毛。初心者にも楽ちんにオンできます。10回ほどは使えて1575円です。

ファンデーション~
「ジェルファンデーションQ10」(DHC)さすがのDHC、肌の荒れないスキンケアファンデーション、しかもエイジングケアもしっかりのQ10 いり。SPF30、よくのびてぬりやすい、それで1600円はおどろきです。

チーク~
低価格コスメの王道マジョリカマジョルカから発売している「パフ・デ・チーク」パフでポンポンとつけるタイプで、ケースもかわいいです。色は2色、ピーチとアプリコット。つけた時の色合いを長時間キープできて、1365円!

ほかにも、100円ショップのつけまつげなども、けっこうお得です。1回きりの使用なら、それもおすすめ。

「お金がなくて」はもうブスの理由になりません。お金をかけずにキレイになってこそ、あなたもデキ女。この春「節約美人」を友だちや彼にアピールしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント