• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

セックスレス?夫婦の愛が冷める原因はあなたの家にある?!

Date:2014.10.25

新婚の時期も過ぎ、結婚生活も3年、5年と長くなってくると、幾らセックスが夫婦の愛情と深く関わっているとは言っても、何かと「その気にならない…」や「疲れていて早く眠りたい…」などの理由で、結局は「セックスレスになってきた!?」なんて感じていませんか?

「愛情が薄れたのかも…」や「浮気でもしているのでは…?!」なんて疑いたくもなりますが、セックスレスになる理由が愛情の問題以前に「家の環境問題」という説も多いらしいですよ?!

ベッドルーム含む部屋が散らかり放題

「共働きで掃除する暇がない!」、「片付けるのが大の苦手」…なんて理由で寝室を含む部屋が散らかり放題なんて事はありませんか?

環境が破壊されれば私達人類も病気になる確率が上がるように、部屋が散らかっていると健康な男女が自然に持つセックスへの欲求も萎えてしまうのだそうです。

また、「日曜日には掃除するつもり…」などと先延ばしにして散らかった部屋のままだと「片付けなければならない…」という義務感が強迫観念になったりして精神的に落ち着かず、2人の愛情を確かめ合うなどという考えに至らなくなるどころか、ストレスさえ感じる女性もいるとか…。

しかも、脂ジミや髪の毛がこびり付いたシーツや枕カバー等をみたらとてもロマンチックな気分にはなれません。ベッドのシーツやカバー類は週1あるいは最低でも2週間に1度は取り替えましょう。

間違いだらけのシーツ選び

清潔なシーツもカップルの愛情には必要不可欠ですが、実はシーツの色や質も重要なのです。

アメリカの寝具デザイナーいわく、赤は女性をセクシーに魅力的に見せてくれる色ではあるのですが、シーツなどのカバーに赤を使ってしまうと男性は女性よりもシーツに目を奪われる可能性が高いのだそうです。

よって、赤のランジェリーは良しとしても、シーツに赤を使うのは止めた方がよさそうです。

また、シーツの質感もとても大切で、ゴワゴワでシワのよった肌触りの悪いシーツは2人の関係もガサガサと音がたつ位に、“ぎこちなく”なること間違いなし。

なので、多少お値段が高くても上質で2人のデリケートな肌に優しい寝具カバーを買いましょう。2人の気分もゴージャスに盛り上がりますよ!

部屋の壁紙選びと夫婦の関係

海外で2000組のカップルを対象とした夫婦生活と壁の色の調査が行われたそうです。

壁の色はパープル、グレーにベージュとグリーンが多く、その中でも寝室の壁がパープルのカップルはそうでないカップルより2倍もセックスをしている事が判明。そしてグレーの壁が半分以下を示し、ベージュもグリーンも余り良い結果では無かったそうです。

「でも、紫はチョッと…」と思われる方もラベンダーにするとか、壁の一部をラベンダーにしたり、インテリアでさりげなくパープルを使っても効果はあるかもしれませんよ。

家族の思い出は寝室の外に…

可愛い娘や息子との家族写真に親、兄弟との写真を部屋に飾るのは暖かい気持ちになり落ち着きます…が、それはベッドルーム以外の部屋に限定にした方が良いと風水のエクスパートがアドバイス。

確かに、ベッドインした瞬間に義理の両親の顔が視界に入ったり、子供の顔がチラついたらロマンチックな気分は削がれてしまいますよね?

その部屋に入ってすぐ目に付く物はその空間の雰囲気を支配してしまうのだそうです。なので、ハネムーンの思い出のビーチなど、風景や花などの自然な写真や絵が寝室には最適な様です。新婚旅行を思い出して熱い夜に…なんて事も有り得ますよ。

「子はかすがい」でも境界線も必要

夫婦にとって子供はかすがいとは言っても、やはり小さな子供と添い寝をしていては、夫婦生活は後回しになるばかり…。

乳幼児はベビーベッドに寝かせ別室が理想ですが、そうも言っていられない場合には、居間でテレビを見る時に2人ソファに寄り添うように座るとか、偶には子供を親に預けてデートをするなど臨機応変に対応して愛情を深めましょう。

テクノロジーはセックスレスの元

寝室にパソコンやスマホを持ち込む事は夫婦関係崩壊の危機です。明日のプレゼンの準備や親友からのLINEメッセージなどに2人が夢中になってしまったら、お互いの存在は無いも同然…。

寝室の電化製品は照明と目覚まし時計のみで、貴女の視線は旦那さんに向けましょう。

ただ明るいだけの照明はNG

部屋の照明にはやたらと明るく冷たい色の蛍光灯はおススメしません。寝室にはフロアランプなどを上手に使い、暖色で少し暗めの照明を使いロマンチックな部屋を演出してみると気分がかなり変わります。

私達の感情や心理というのは好き・嫌いだけではなく、住んでいる環境によっても大きく影響されるもの…。なので、「もしかして、愛情が冷めた?」などと危ぶむ前に1度、寝室の環境を改善してみてください。2人の愛も一新されるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事