• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女の子のあこがれ社交界デビュー世界のデビュタントとは?

Date:2013.04.18

デビュタント、フランス語で社交界デビューを飾る18歳~になったレディーのための晴れ舞台。貴族や上流階級の娘の成人ダンスパーティーです。

これでうちの娘も、いつでも嫁ぐことができますということを、お披露目するという意味合いもあるらしいです。先日、ハリウッドスターのシルベスター・スターロンの娘がデビュタント・デビューして話題になりました。

ヨーロッパやアメリカなどで開催される18歳から20歳の娘たちの社交界デビューは、日本ではあまりなじみのないことですが、欧米では歴史があり現在でも女の子のあこがれの晴れの舞台となっています。

由緒正しいデビュタント、ウィーンのオペラボールOpernball 2012, Wien, aller?ffnungswalzerより

クィーン・シャーロット・ボール(イギリス・ロンドン)/Queen Charlotte’s Ball, London, England

時は1780年のイギリスです。当時の王、ジョージ三世の妻の誕生日を記念してデビュタントが初めて開催されました。その名も王の妻シャーロット女王の名前にちなんだクィーン・シャーロット・ボールです。

約2世紀のあいだ、当時と同じ形でデビュタントはイギリスで続いていました。時は過ぎ去り1958年、エリザベス女王は178年も続いたデビュタント・ボールの伝統を終えさせます。

彼女の夫、フィリップ皇子、妹のマーガレット王女などが反対していたからだとも言われています。現在、イギリスのデビュタント・ボールはシャルロット女王の時代の時とは様変わりしています。

2011年ではロンドンの高級ホテル、サボイホテルでデビュタント・ボールは開催されました。様変わりしているとはいえども、白のイブニングドレスとガウンの着用は昔と同じように義務付けられていますのでエレガントなパーティーには変わりはないですね。

驚いたことに、このパーティーのスポンサーは日本の真珠メーカーのMIKIMOTOでした。

ル・バル・デス・デビュタント(フランス・パリ)/le Bal des Debutantes, Paris, France

パリのもっとも古い高級ホテル「ホテル・デ・クリヨン」でデビュタント・ボール、クリーム・デ・ラ・クリームが開催されます。

1950年代後期に、パリのオペラハウスとベルサイユのどちらかで、交互に開催されていたデビュタント・ボールはイギリス流に白のドレスにガウン、手には白い手袋、頭にティアラという清楚ないでたちでご令嬢が参加していました。

しかし1992年のクリヨンホテルで開催し始めた時より、ドレスがよりカラフルおよびファッショナブルなものになりました。

最近デビューしたご令嬢の中に、ブルース・ウィルス、デミ―・ムーアの娘、タルーラ・ウィルス嬢やダイアナ皇太子妃の姪、キティ・スペンサー嬢などの名前が挙がっています。

フォーブス誌による「世界のトップ10の社交イベントの1つ」として認められているパーティーです。

インターナショナル・デビュタント・ボール(アメリカ、ニューヨーク)/International Debutante Ball, New York, U.S.A.

1954年より2年に1度開催されるインターナショナル・デビュタント・ボールは、海外からの参加者が多く、特権階級の令嬢のためのパーティーと言われるなど知名度があります。なんと、意外にも自由の国アメリカ、ニューヨークでのイベントなのです。

いままで参加した令嬢の名前を羅列するだけでも、その凄さがわかります。たとえば、ニクソン元大統領の娘や孫娘、ユーゴスラビアの王女など名門の家柄の令嬢などが多く集まります。

上海インターナショナル・デビュタント・ボール(中国、上海)/Shanghai International Debutante Ball, Shanghai, China

驚くことに2012年に中国の上海でもデビュタント・ボールは開催されました。17歳から22歳までの女性たちが上海インターナショナル・デビュタント・ボールに参加し、社交界デビューをかざりました。

イギリスより10名の女性の参加を含む、香港、台湾、ポーランドからの参加者で国際色豊かなデビュタント・イベントでした。女性はすべて招待で、ドレスやジュエリーはフランスのメーカーの貸出しでした。

欧米の文化でもあるデビュタントをまねてこのような形で開催したのは、いかに中国の経済繁栄が成功したかということを披露するような、そんな印象を覚えました。

世界のデビュタント・ボール、いかがでしたか?西洋の社交界デビューという夢のような世界ですが日本でもデビュタントのような、そんな雰囲気が楽しめる舞踏会の催しがあるようです。ご興味のある方は探してみて、参加してみてはいかがでしょうか?

▼参考
ウィーン舞踏会普及協会のHP http://www.wienball.org/index.html

この記事をシェアする

関連記事