• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供の節句や誕生の記念写真撮影料金が予想よりも高くなる理由とは

Date:2013.07.05

子供の誕生や節句の写真撮影って予想以上に高額になりませんか?

子供が誕生して落ち着くと、お宮参りの際に記念写真を撮影される方も増えています。写真屋さんによっては、「初着」をレンタルしてそのままお宮参りに出かけることができるサービスを行っています。

初着のレンタル代も別でかりるとなるとかなり高いので、とてもありがたいサービスですよね。また、掛着やママ用の着物も貸し出しを行っています。

このようなサービスをすることで、お宮参り客は気分よく写真撮影に向かうので、お店側としても無理なく写真を撮影して購入してもらえるのです。

さて、フォトスタジオなどで撮影してもらうと、かなり高額になります。普通の写真ですとL版でも現像料は30~40円くらいでしょうか?A4サイズでも600円前後くらいでできます。四つ切でも1000円以下でできるんですよね。

しかし、フォトスタジオだと2万円くらいはかかってしまいます。

フォトスタジオで撮影するメリット・デメリット

上記のように、フォトスタジオでの記念写真撮影はある程度の予算が必要になるわけですが、メリットもご紹介しましょう。

メリットはやはり写真の質がよいこと。プロ用のカメラでの撮影ですので、細部まできれいに摂れています。また、店舗によって異なりますが、シーン別の衣装を色々と取り揃えてくれるので、普段できない服装・格好での撮影が可能となり、より「記念」になります。

そして、服装だけではなく、シーンに合わせた小物や背景の工夫もしてくれるのです。例えば、男の子の節句でしたら「兜」や「こいのぼり」を横に寄せて撮影します。後ろの背景も男の子の強さやこれから前進していく勢いのある雰囲気を出してくれます。

これは素人が家庭や出先で撮ることはなかなか難しい部分ではないでしょうか?

デメリットといえば、予約した時間に子供の機嫌をよく合わせていかないと、撮り直し、もしくは機嫌の悪い写真になりかねないこと。値段が高いことですね。

フォトスタジオでの撮影をするとなぜ高くなるの?

では、なぜフォトスタジオでの撮影ではかなり高額になってしまうのかを考えてみましょう。

①撮影料と写真代は別だから

通常フォトスタジオでの撮影には、撮影料がかかってきます。店によって異なりますが3000円~くらいでしょうか。これは利用者の計算の上、つい忘れてしまいやすい項目なのですね。

②写真1枚の値段が高いから

フォトスタジオで撮ってもらった写真の値段はただ写真を現像した代金の8~10倍以上はするようです(A4~4つ切りの大きさでの比較です)。

1枚購入するだけでもそれくらい高いのですが、多くの方は、1枚だけを購入せず、3枚が台紙とセットになっているようなタイプの写真を購入するでしょう。コチラは、すでにセット価格になっており、2万円前後が目安です。

高いのに、なぜセットの方を選んでしまうのか?というと、写真のパターンが豊富でどれも手元に置いておきたくなるからです。

メリットの部分でお話したように、フォトスタジオでは色々な服装や小物、背景を工夫してくれて撮影するので、どれも魅力的に映し出されます。しかも自分の大切な子供が魅力的に映っていれば、欲しくならない親なんていないでしょう。

だから、「あれもいい」「この写真もイイ」と、まるで魔法にかかったようにどれもよく見えてしまい、結局はセットの写真も買い、単品の写真も買い、ついでに撮影したCD-ROMも買い…とどんどん購入してしまうのです。だからフォトスタジオでの撮影は高額になってしまうのです。

出産すると、出産祝いをいただいたり、会社などからお祝い金が出たりして一時的に金銭的う潤いますので、いただいたお祝いで記念写真を撮影されるかたもいらっしゃると思います。実際私自身もいただいたお祝い金を利用して撮影しました。

そのお礼として、フォトスタジオでは撮影した写真をキーホールだーにもしてくれるので、両面に写真をいれたキーホルダーを両親や祖父母などにプレゼントしました。

キーホルダーとしては1つが両面写真入りで2500円程度でしたので、かなり高額ですが、記念になることやお礼の気持ちを込めておくらせてもらいました。かなり喜んで、毎日カバンなどにつけて持ち歩いては、お友達などに見せてくれたようです。

第一子をフォトスタジオで撮影をすると第二子はどうする?

第一子の誕生の時は、珍しいこともあってフォトスタジオで撮影されたとしても、第二子の時はどうしますか?二人目となると、金銭的にも出産費や子育てにかかるお金が増えるので、写真撮影に回せるお金もよく考えなければなりません。

第二子はフォトスタジオはやめようか、と考えるにしても、上の子の写真はしっかりしたものがあるのに、自分の写真はカッコいい(可愛いのがない!となると、下のお子さんは悲しくなるかもしれません。

子供って、そういう部分の比較は非常にシビアにしますので、いくら家族であってもできるだけ平等にしてあげるのがよいのです。

だから、結婚して家族計画を考えるときに一人っ子なのか兄弟・姉妹を増やすのかを旦那さんと話し合って、先々使えるお金やお金をかける部分のことも話し合っておくことは大事なのですね。

子供が増えると、誕生日やクリスマスなどのプレゼント代のことも人数分必要になるわけですし、写真撮影といえども、よく考えてその時の気分に流されないようにして購入していかれることをおススメします。

この記事をシェアする

関連記事