• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コスパ抜群!安いシートマスクの効果をアップする5つの秘策

Date:2014.04.07

「デートに備えて普段よりも、少し丁寧にお肌のケアをしたい」「最近お肌の乾燥、かさつきが悪化している気がする」そんな方には、普段のケアに「シートマスク」をプラス、がおすすめです。

韓国コスメの人気を受け、コンビニやドラッグストアなどで、手軽な値段で購入できる「シートマスク」が増えています。

今回は、プチプライスのシートマスクの効果をアップさせる5つの秘策をご紹介。ここぞ!という時のケアに利用できるよう、ぜひチェックして頂ければと思います。

シートマスク効果アップ秘策1 まずきちんと洗顔を!

シートマスクは、美容液が濃縮したようなもの。美容液を利用するときと同じように、クレンジング、洗顔をきちんとして、汚れを落としてから使ってください。また、基本的に、「美容液」なので、マスクの前に化粧水は必須です。

基本中の基本ではありますが、シートタイプで気軽に利用できるがゆえに、つい怠りがちなステップ。思いついたときに、顔にのせておくだけでは、十分な効果は期待できないことに注意してください。

シートマスク効果アップ秘策2 ホットタオルで毛穴ケアをプラス

より、お肌の奥まで浸透させたいと考えるのであれば、洗顔の後、レンジで温めたホットタオルを顔にあて、毛穴を開かせておきましょう。家庭用スチーマーをお持ちの方なら、スチームでもOK。

クマや目の下のくすみが気になる方であれば、目の下を集中的に温めると、血行がよくなって、クマが薄く、目立たなくなります。眼精疲労にも効果的で、目を大きくぱっちりと見せる効果が。

タオルに、アロマオイルを数的たらしておくと、リラックス効果も期待できます。おすすめは、お顔のほてりを鎮静させるラベンダー、清涼感がアップするペパーミントやティートリー。その日の気分で香りを変えるのも、気分が変わって、楽しいです。

シートマスク効果アップ秘策3 使用時間は厳守する

「せっかくだからもう少し」、シートマスクにまだ水分が残っているから、と、所定の時間以上に顔の上に放置するのは厳禁です。皮膚が呼吸できなくて、トラブル、赤みの原因になります。

また、マスクが蒸発するときに、お顔の水分も一緒に吸い取ってしまうため、乾燥肌がひどくなるリスクも。名残惜しい気持ちは分かりますが、必ず記載の放置時間をチェックして、きっかり、その時間には、顔から外すようにしてください。

シートマスク効果アップ秘策4 使う頻度は週に1〜2回

シートマスクの美容液はかなりの高濃度、使えば使うほど、美肌効果が得られる、というたぐいのものではありません。お肌の甘やかし過ぎは、かえって老化を早めてしまうので、気をつけましょう。

目安としては、多くても週に1度か2度。頻度を制限する分、肌ダメージが気になってからではなく、アンチエイジングケアとして、継続的に行うのがポイントです。

シートマスク効果アップ秘策5 最後にクリームでふたをする

美容成分をお肌に浸透させた後には、クリームを塗って、表面にふたをしてあげましょう。シートマスクでケアした後は、お肌がもちもちとしているので、「そのままでもいいんじゃないか」と感じがちですが、お肌の質感、水分の持続力に大きな差がつきます。

油分が多いクリームをつけると、日焼けしやすくなるので、ケアは夜、寝る前に行うのが一番。十分な睡眠時間を確保することも、美肌のためには、重要です。

いかがでしょうか。知っているようで知らなかったこと、分かっていたけど実践できていないこと、結構たくさんあったのではないかと思います。今は、肌ダメージが気にならなくても、40代、50代になったときに目に見える差として効いてきます。

お肌の老化を後悔したくないのであれば、ぜひシートマスクのケアを試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事