• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

“シートパックマスク”を○倍も超効果的に使用する方法とは??

Date:2014.01.03

普段何気なく使っているシートパックマスク(フェイスマスク)。ちょこっと工夫するだけで普通にパックするよりもずっと効果的に使うことができるのです。その方法を簡単にレポートいたします。

※ここでいうシートパックマスクは美容栄養成分を肌に浸透させるタイプの一般的なマスクのことです。

“シートパックマスク”を超効果的に使うための大事な6つのポイント

(1)シートパックマスクを使うタイミング
(2)シートパックマスク前のスキンケア
(3)シートパックマスク前のひと工夫
(4)シートパックマスク中のひと工夫
(5)シートパックマスクの使用時間
(6)シートパックマスク後のスキンケア仕上げ

(1)シートパックマスクを使うタイミング

① 洗顔してパックするところのベースを清潔に整える(メイクはしっかり落とす)。
② 基礎化粧で素肌を整える。
そして
③ “シートパックマスク”をしっかりお肌に密着させてパックする。
④ 乳液・クリーム・オイル等でお肌を保護します。
※それぞれ使うシートパックマスクに記載されている取説をよく読んでくださいね。

↑①~④は夜の基本的なスキンケアの1例です。美容液、ナイトパック等他のアイテムをご使用の場合はそれぞれの取説をよく読んでスキンケアしていただければと思います。

ここでの注意点

入浴中(お風呂につかっているとき)にシートパックマスクをするのは効果的ではありません。一見、効果が高まりそうですが逆効果ですので、注意が必要です(例外もあり)。

おすすめのタイミング

  • お風呂上がりで体が温まっている状態のとき
  • お風呂上がり(直後で汗がひいている状態のとき)のお肌は血行がよくなっていてぽかぽかしてやわらかく潤っていて、水分をたっぷり含み膨らんで、まさに美容栄養成分が浸透しやすい状態になっているのです。

    冷たい乾いたお肌にパックするよりも温まっていてやわらかく湿度のあるお肌にパックする方がずっと浸透率も高く効果的なのです。

  • 朝メイクする前
  • シートパックマスクをしてからメイクするとメイクののりが明らかに違います。

    乾燥肌の方にもおすすめです(ここでのポイントはシートパックマスクをしてから、美容栄養成分液をしっかりお肌になじませてください。液がしっかりお肌に浸透して、お肌がいい感じにしっとりしているくらいの状態になったらOKです)。メイクのもちもぐんとよくなります。

    毎日でなくとも、特別な日だけのスペシャルケアとして朝パックをする方法や、短い時間でできるシートパックマスクもあるみたいなので、そういう方法、アイテムなどを上手く利用したりして、毎朝時間がないという方もできそうなところでぜひ試していただけたらと思います。

    実際、朝パックしているのですが、一度効果のすばらしさを体験するとやめられなくなりますね。朝パックしている間にパックしながらでもできる出かける準備をしてみたり。←ながらを極めるのもその日のお肌のコンディションを制する1つの方法かもしれません。

    わざわざ忙しい朝にパックしなくたって…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけの価値大ありです!気になった方はぜひお試しあれ♪

(2)シートパックマスク前のスキンケア

シートパックマスクを使うタイミング”でも、上記の①と②のプロセスがとても重要なのです!清潔なお肌の方がより美容栄養成分が浸透しやすいのでパック前の洗顔はとても大切なプロセスです。

そして洗顔後化粧水等でお肌をすぐに保湿してあげることも美肌を保つためにも重要なプロセスですが、その保湿した後にパックをすることでよりマスクの美容栄養成分がお肌にいきわたります。

例えばですが…乾いた半紙に墨をたらしたものと濡れた半紙に墨をたらしたものとで比べてみてもわかるように、同じ墨を垂らしたとしても、半紙の違いによって紙へのいきわたり力が違います。

濡れた半紙の方が墨が紙によりいきわたりますよね?お肌も同じです。しっかり保湿して基礎化粧等で素肌をしっかり整えた後にパックする方が、よりマスクの美容栄養成分をいきわたらせることができるのです。

(3)シートパックマスク前のひと工夫

蒸しタオル等でお肌をケアして毛穴が開いた状態を作ってからパックすると、そのシートパックマスクの美容栄養成分がよりお肌に浸透しやすくなります。

(4)シートパックマスク中のひと工夫

ラップを利用!シートパックマスクの上にラップをかぶせつけます(目と鼻と口のところは穴をあけます)。ラップをかぶせつけるだけで、潤い保湿効果がぐんと高まります。乾燥が気になる方には特におすすめの方法です。乾燥が原因の肌トラブル対策にもなります。

シートパックマスクできない個所へのケアもしっかりと!パック中に、アイクリーム、リップクリームなどを利用してシートパックマスクでパックできない(マスクがかぶさっていない・マスクで覆われていない)箇所へのケアも忘れないように注意していただければと思います。

しっかりとそれぞれに合ったケアをしていくことが大切です。※その時はくれぐれも目の中に入らないように気をつけましょう。

(5)シートパックマスクの使用時間

毎回使うそれぞれのシートパックマスクが提示している使用時間を守りましょう。それより長い時間パックしていると今度はお肌から美容栄養成分が奪われてしまいます。逆効果です。

+ラップパックしていたとしても、長い時間やりすぎると汗で美容栄養成分が流れてしまう可能性もでてくるので気をつけましょう。

(6)シートパックマスク後のスキンケア仕上げ

シートパックマスクでパックした後は、クリームやオイル等でしっかりケアしてお肌に美容栄養成分を閉じ込めましょう!ちゃんとお肌に“ふた”をしてスキンケアを仕上げていくことはとても重要なポイントです!

これら6つのポイントをおさえて今まで以上にシートパックマスクを効果的に使えるようになっていただけたらなと思います。

そしてシートパックマスクを今まで以上に効果的に使うことができれば、その分スキンケア効果も高くなり、今まで以上により美肌へ近づけるはずです!すでに実行している方も継続は力なりですからこれからもぜひ続けていってほしいと思います。

まだ試したことがないという方はぜひこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか!?

この記事をシェアする

関連記事