• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「もう二度と恋愛なんてしない」と決めた女性が幸せになった方法とは

Date:2014.11.13

失恋したばかりの時は、身も心も傷つき「もう恋愛なんて二度としない」と落ち込んでしまう方は多いのではないでしょうか。

いつまでも悲しみや苦しみが続くと思いがちですが、失恋から立ち直り再び前向きな気持ちを取り戻した女性は沢山居ます。今回は、恋に破れて疲れ果てた女性が幸せになった方法をご紹介します。

友達に話を聞いてもらって幸せになった女性

3年付き合った彼氏と遠距離恋愛になったことで喧嘩が増えて別れた女性は、友達の支えによって前向きな気持ちになったと言います。

「彼氏ができると友達とは疎遠になってしまうものです。彼氏と喧嘩した時や失恋した時に連絡を取るのですけど、その友達は身勝手な私のことをいつも支えてくれるのです。

遠距離の彼氏と別れた時にもすぐに彼女と会って話を聞いてもらいました。特にアドバイスしてくれるわけじゃないのですけど、彼女は私が納得できるまでというか彼氏についての不満が尽きるまでずっと聞いてくれるのです。

失恋した時って意見とかアドバイスとかよりもただ傍に居てくれて、聞いてくれるそれだけで安心できるのですよね。

3年の彼氏と別れた時には『彼氏にはなれないけど、私はいつも傍に居るよ』と言ってくれて、もう駄目だと人生を諦めたのですがその言葉を聞いてなんかまた頑張れそうな気がしたのです。

彼氏とは職場が同じなので退職しようかと考えていましたが、男一人のために私の人生を変えるなんてもったいないと思えたのはその友達のお陰です。彼氏のことはまだ引きずっていますが、友達と過ごす時間が今の私の幸せな時間です。」

SNSの失恋者が集う場所で共感してもらうことで幸せになった女性

彼氏の浮気によって別れた女性は、許すことができず1年の付き合いにピリオドを打ちました。

「一度の浮気なら許せたかもしれませんが二度目だったのでさすがに無理でした。別れてすぐは怒りでイライラしてばかり、そうかと思えば次の瞬間には大粒の涙を流していて、これじゃ精神的に駄目になると思ってインターネットで心療内科を検索したのです。

そしたら、あるサイトに辿りついたのです。そこは、失恋者限定の書きこみ掲示板みたいなサイトで、様々な別れ話が書きこまれていました。

どうせ顔も知らない人たちだし、気持ちの整理になるかもしれないと思って、私の別れ話を書きこんだらすぐに共感や応援の書きこみが私の元へ届きました。

読んでみると、私と同じく浮気されて別れたら妊娠が発覚してシングルマザーになったとか、浮気されたけど別れてすぐ彼氏が事故に遭ったから彼氏には報いがあるはずとか、私より不幸な人や前向きになるような書きこみを読んでいるうちに私だけじゃないと実感したのです。

その掲示板に毎日参加して、同じ別れを体験した人にコメントしているうちに徐々に元気を取り戻すことができました。

彼氏を呪うことを人生の楽しみにしている女性が居ましたが、私は呪うよりも忘れて別の男性と幸せを掴みたい。落ちるか上がるかは自分次第だとわかったので、今は上がるために日々の小さな幸せを探しているところです。」

ボランティアセンターに登録して幸せになった女性

同棲した彼氏との結婚が望めないとわかり別れた女性は、仕事の後にボランティアを始めたことで幸せを再び感じることができたと言います。

「彼氏が家を出てからは家に帰るのが嫌になったのです。一緒に居た楽しい時間ばかり思い出してしまうので、できるだけ家に居る時間を短くしたかったのです。

仕事の後に別の仕事をしようかとも考えました。でも副業禁止だったので、どうすればいいかと悩んでいた時に友達からボランティアの紹介をされたのです。

ボランティアって海外ですることだと思っていたら、勉強を教えることやただ遊ぶこともボランティアになると知って驚きました。それでボランティアセンターという所で詳細を聞いてすぐに登録しました。

私が選んだのは病院での話し相手でした。仕事の後に病院へ行って担当するある患者さんと話をするだけで特に何もしていないような感じですが、行く度に笑顔で出迎えてくれるのです。

もう結婚できずにこのまま誰にも必要とされず人生を終えるのだと、自分は無価値だと思っていたのですが、その笑顔によって救われたのです。

恋愛だけが幸せになる道じゃなく、人との触れ合いも幸せになる道かもしれないとわかった今は、恋愛よりもボランティアに夢中です。

失恋は時間が解決してくれるので

失恋した時には時間が止まっていつまでも心の痛みを引きずるように思うかもしれませんが、時間は痛みを癒しながら進んでいきます。失恋した時には、時間に身を委ねつつ何か行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事