• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦仲が良く、幸せな結婚生活を送るカップルの共通点

Date:2014.02.23

今や日本でも約35%以上ものカップルが離婚をする時代ではありますが、やはり一度は愛し合って一緒になった2人が別れるのは精神的にも身体的にも辛い事ではあります。

そんな辛い経験を少しでも軽減しようと海外でも様々な研究や調査が行われており、幸せな恋愛や結婚を続けているカップルには共通にみられるとある素質や能力が最近分かってきたそうなのです。

生まれ持った遺伝子で恋愛観が変わる?!

「どうして私の恋愛っていつも長く続かないんだろ?」なんて疑問に感じたことがある方はもしかしたら、あなたが生まれ持った遺伝子の性かもしれません。 

最近発表された100人の既婚者を対象としたカルフォルニア大学の長期研究結果によると、‘幸せホルモン’セロトニンの伝達機能を担う5-HTTLPR遺伝子が長い人ほど恋愛関係や結婚生活の満足度も高いことが判明したそうです。

というのも5-HTTLPRが長い人はそうでない人に比べると比較的精神の安定が高く、感情に流されないそうです。 逆に5-HTTLPRが短い人ほど喜怒哀楽が激しく、いわゆる‘感情的’な人が多いようなのです。

恋愛に必要なのはコミュニケーションの量ではなく質

カルフォルニア大学の研究結果の通り素直に‘感情’の赴くままに行動したら、楽しいときは良いとしても、怒りや恨み等の負の感情は恋愛や結婚生活では避けたいもの…なので、やはり感情をコントロールした‘大人の関係’が恋愛そして結婚生活には不可欠なのです。 

そして、自分の感情をコントロールするだけに留まらず、相手とのコミュニケーション術にも長けていないといけないようなのです。

よく、「幸せな結婚生活はコミュニケーションから…」なんていう文章を見ますが、ただ闇雲にコミュニケーションを取れば良いという訳では無く、彼の興味や悩み事そして喜ぶ事などを日々の生活や彼の態度から読み取り、彼の社会的立場や地位、更に彼の両親、兄弟などの誕生日などを覚えるなどのコミュニケーションおよび社交能力が恋愛、特に結婚生活を保つ上で大切な要素だという事が海外のカップルを対象にした調査で明らかになっているのです。 

やはり、「人当たりが良い」、「心配りができる」というのは仕事・友人関係に始まり恋愛関係においても重要だという事なのです。

貴女と彼のお酒の飲み方で恋愛関係が分かる?!

また、カップルのコミュニケーションの場で欠かせないのはお酒…ですが、このお酒の飲み方やスタイルにも恋愛関係が大きくかかわっているってご存知ですか?

結婚をしたカップルを対象に長期的な調査をした結果、カップルの内どちらかが大量のお酒を飲むなどの2人の間でアルコールを飲むペースや習慣が違うと半数近いカップルが10年以内に離婚していたそうなのです。

「大量に飲むからいけないのでは?」とも思いますが、2人が一緒に多めのアルコールを飲む夫婦は2人とも少量あるいは飲まないというカップルと同様に約3割程度の離婚率だったようで、飲む量あるいは飲むか飲まないかは関係がなく、2人がどれだけ似通ったお酒の飲み方をするかが良い夫婦関係と深くかかわっていると結論付けたのです。 

遺伝子の違いや社交能力そしてお酒の飲み方など色々と成功しているカップルに共通するポイントを紹介しましたが、お付き合いをする前、結婚する前にこれがなければその恋愛関係は成功しないという訳では決してありません。

「結婚をすると夫婦は似てくる」などと言われることもある通り、一緒にいる時間が増えると自然に相手と生活ペースやスタイルが似てくる事もあるのです。

それは2人がいかに相手を知ろう、そして合わせようとするかの努力や意欲の表れ…。よって、今の結婚や恋愛関係を成功させたいのでしたら、その日々の努力が必要という事なのです。

この記事をシェアする

関連記事