• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

退屈な毎日を楽しく生きる6つのヒントで脱マンネリ生活!

Date:2016.02.03

shutterstock_329901242多忙なのにいつも悠々と楽しそうにしている人いますよね。ポジティブなモチベーションを保てる人たちは自分なりの工夫で毎日の平凡な日々を楽しみに変えることができる人たちです。

毎日同じことの繰り返しでマンネリ気味と感じている方はいませんんか?

ここでは退屈な毎日をハッピーに過ごせるための6つのヒントを紹介しますね。

1. 思い切ってヘアスタイルを変えてみる

マンネリ生活脱出として、まずは自分の髪型を変えてみてはいかがでしょうか。毎日同じ髪型では飽きてしまいます。ヘアスタイルをチェンジすることで気分も変わります。

髪の長い人であれば、その日の気分で簡単にアップできるツインコームを使ってみたり、髪が短い人であれば、エクステンションで憧れのロングヘアに変身してみたり。

前髪をチェンジしてみるだけでも変化が見られますよ。

  • 髪の分け目を変える
  • 前髪を横に流す

それだけのことでかなり雰囲気が変わるものです。

思い切って髪の毛を切るという方法もありますよね。ロングヘアをボブやショートに変えてみては?

ヘアスタイルを変えることでしばらくの間、テンションがアップします。新しい自分になれたようで行動や考え方が変わることも珍しくありません。 

マンネリ生活を何とかしたい人、モチベーションアップしたい人はぜひ、ヘアスタイルチェンジを検討してみてはいかがでしょうか。

2. 植物のエネルギーを口から目から吸収しよう

shutterstock_159416819
花や木々など緑を見たときに不安がほぐれ気持ちが落ちつくことありますよね。これは植物が持つヒーリング効果です。

見ているだけでなく、植物を育てることで「この前よりこれくらい成長した」という実感がわき、嬉しい気持ちになります。

スーパーに行けばすぐに野菜を買うことができますが、自分の手で一から野菜を作るのってとても楽しいものです。

きれいな花を咲かせた後は、かわいい実がなり、そして新鮮な野菜を味わえる、とても楽しい生活になると思いますよ。

初心者でも育てやすい野菜を育ててみよう

初心者でも育てやすい野菜の代表といえば、プチトマトやラディッシュです。どちらもサラダには欠かせない材料で色鮮やかでかわいらしい形をしています。

プチトマト
大きな畑でなくてもベランダで栽培できるので場所がいりません。日当たりがよく風が当たりにくい場所で水を与え過ぎないなどの注意点があるようですが比較的初心者でも簡単にできる野菜です。
ラディッシュ
種をまいてから20日程度で収穫できるのが特徴。サラダだけでなく、浅漬けなどにもいいですね。短い時間ですべての成長をするため、達成感がわきやすいです。
リーフレタス
家庭菜園初心者に向いている野菜です。毎朝の朝食に摘みたてのみずみずしいレタスを食べるのはオススメです!

とれたてフレッシュな野菜たちをいただく、それだけで生きている幸せを感じるものです。

摘みたてフレッシュなハーブは香りが格別

ハーブは少量ずつ使うことができ、料理のアクセントに重宝します。家庭で作れば摘み立て新鮮な香りをそのままいただくことができる!なんて贅沢なのでしょう。

  • イタリアンパセリ
  • ローズマリー
  • ミント
  • バジル

など、種さえあれば育てるのは簡単!それに素晴らしい香りに包まれながらの生活はひときわ幸福感に包まれるものです。

部屋に花を飾る

気持ちに余裕がある人がしていること、それは部屋に花を飾ることです。

「心が豊かでなければ、花を生けるなんて絶対にできない」と思われがちですが、花を生けることで逆に気持ちが豊かになっていくような気がします。

形から入ると自然と自分の内面も変わっていくのですね。

部屋に飾る花は、季節のものでもいいですし、自分がそのときに飾りたい花をお店で選ぶのでもよいかと思います。「これがいい」と本能的に感じたものをチョイスするのが一番いいのではないでしょうか。

アレンジのコツとしては、主役の花をまず決めます。そして、主役の花を惹き立てる野の花などを飾るときれいな印象に。

毎日水を取り替えたり、茎を少し切り直したりして、長持ちできるようにお世話することで日々の楽しみが一つ増えていくと思いますよ。

植物も人間と同様に生きています。粗末にすれば粗末にしただけの結果になりますし、大事に育てればそれなりの花や実を実らせて私たちを喜ばせてくれます。野菜にしろ、花にしろ、生きているものに囲まれた生活は贅沢だし、いいエネルギーがもらえますよ。

3.ときめきを与えてくれる人と会う

今、ときめきを与えてくれる人はいますか? もし、いるならその人のことを考えみてください。もし、いないのであれば、学生時代にときめいた異性と会うとき、どんな気持ちであったかを思い出してみてください。

ワクワクやドキドキ感というのは、私たちの生活の良いスパイスとなります。刺激が全くない生活はつまらないものとなります。ある程度の刺激は必要なのです。

ときめきを与えてくれる人ってどんな人?

ときめきを与えてくれる人とはいったいどんな人でしょうか。

  • その人を思うだけで胸がワクワクする人
  • 楽しみや刺激を与えてくれる人
  • 「こんな人になりたい」と思わせてくれる人

一言で言い表すのはとても難しいのですが“人を惹きつけることのできる魅力ある人”といって良いでしょう。

このように自分に良い影響を与えてくれる人に定期的に会うことで毎日に張り合いがでてきます。

ときめきを与えてくれる人といっても異性に限らず、同性であってもいいのです。「私もこのような女性になりたいなぁ」と憧れの気持ちを抱くことは自分磨きのきっかけになります。

どうすれば、ときめきある人と巡り合えるのか

たとえば、いつも行っているカフェやレストランではなく、行ったことのないカフェやレストランに足を踏み入れてみる。
時間帯も昼ではなく、夜に出向いてみる。

など冒険してみてはいかがでしょうか。

スポーツジムに通うというのもおススメです。ストイックに体を鍛えている男女。その姿はとてもステキですよね。女性も自分の体型を美しくしたいと思っているからこそ、通っているわけですから、一緒に体を鍛えることで必ずよい影響が得られるはずです。

幸せは人から人へ伝わっていくもの。まずは、魅力ある人と出会い、その人たちのマネをしたり、影響を受けたりしてエネルギーをいただく。

それがいつか誰かに与えられるようになれば、とてもハッピーな気持ちで過ごすことができるでしょう。

実際に近く出会えなくてもテレビや映画の中でもときめきを与えてくれる人はいるはずです。

私自身、憧れる女優さんが載っている雑誌を眺めるだけで、テンションがあがります。憧れのような気持ちが日々のモチベーションアップに繋がるからです。

10年前に起きたヨン様ブームをご存じですか?『冬のソナタ』のドラマが大ヒットし、主人公役のぺ・ヨンジュンが世の女性たちの圧倒的な支持を集めました。特に中高年の主婦層の心をわしずかみにし、彼女たちの生活に潤いをもたらしたのは確かだと想像されます。

誰かにときめく…。日々の生活の張り合いや潤いを与えてくれること、間違いなしです。

4.意識してポジティブな言葉を使うようにしよう

shutterstock_97040099
人から「ありがとう」とか「頑張っているね」と言われると認められているようで嬉しい気持ちになります。

言葉の力はとても大きい影響力がある

『言霊(言霊)』という言葉があるように私たちの口から発せられた言葉は他人や自分自身の心を左右するほど強力だと思っています。

言霊(ことだま)の意味は、【良い言葉(ポジティブな言葉)を発すれば良いことが起こり、悪い言葉(ネガティブな言葉)を発すれば悪いことが起こる】ということです。

多くの自己啓発本にそのようなことが書かれてあるので「何だかうさんくさいな」と思うかもしれませんが、心理学的にみてもそれは確かなことです。

「私は○○だから」とか「あの人は○○だから」とレッテルを張ることを心理学用語でラベリングといい、このラベリングが良いものであれば、良い結果となっていく、そのことをピグマリオン効果といいます。

ある実験をしました。もともと成績が良くなかった子供に「あなたはやればできる子なのよ」と言い続けたのです。そしたら、成績はみるみる良くなっていったのです。

その子供の中で「私はやればできるんだ」と勉強へ取り組む姿勢がポジティブになり、自ら自主学習に取り組むことができたからです。また、期待してくれている人の気持ちに応えたいと思う心理が働くからです。

逆に期待されないで「あなたはダメね」と言われ続ければ、本当にダメになってしまう。これをゴーレム効果といいます。人は良くも悪くも期待された通りの成果を出す傾向にあるのです。

人に対してだけでなく、自分に対してもそうです。

「どうせ」とか「やっぱりダメだ」とかマイナスの言葉を発し続けるとその通りになってしまう。マイナスの言葉ばかりだと毎日が暗くなっていきます。

感謝も、愚痴も、その言葉通りになっていく…。言葉にはそういう威力があります。

他人に「ありがとう」と感謝を伝える

退屈な毎日を送っていると感じるならば、意識してポジティブな言葉を使っていくと良いでしょう。何らかの良い変化が起こすのではないでしょうか。

意識して人に感謝を伝えてみる。
「いつもありがとうね」
「いつも助かっているよ」
という感謝の言葉です。

私たちは一人で生きているのではなく、誰かの支えや尽くしてくれる人がいる。まずは、身内の家族や恋人、友達に感謝の気持ちを伝えることで、相手も自分自身も幸せな気持ちになれる!

そして、人のいいところが目に付いたら、すぐに褒める癖をつけると良いかと思います。誰かにポジティブエネルギーを与えることでそれが跳ね返ってきます。お互いいい気分になれば、毎日がハッピーになること間違いなし。

自分が楽しくなる言葉を使っていこう

毎日が「つまらない」と思って生活していると必ず言葉でも「つまらない」と言っているはずです。「つまらない」とか「嫌なことばっかり」と言っていると悪い意識が向くようになります。マイナス方向へ意識が向いてしまうと本当につまらなくなっていくのです。

最初は嘘でもいいので「嬉しい」とか「楽しい」という言葉をどんどんと発していきましょう。毎日毎日何度も何度もポジティブな言葉を言い続けるのです。

言葉は耳を通して自分の脳に再び入っていきます。いくらつまらないと思っても口に出さないことが大切です。元気になる言葉をどんどん口にしていくと楽しい人生になっていくものです。

5.欲を持つことは悪いことではない!どんどん欲望を持とう

「あのブランドの財布がほしい」
「憧れの○○さんと付き合いたい」

人には色々な欲望があります。『欲を持つ』というといけないことのように思われますが、欲望があることは日々の生活にハリを与えてくれます。向上心ややる気を促すので退屈な日々とは無縁の生活になっていくでしょう。

  • あのバックがほしいから一生懸命に働こう!
  • 彼氏に振り向いてもらいたいから7月までに5キロ痩せるぞ!
  • いつかカナダに留学したいから英語を勉強しておこう

あなたの夢や欲望はなんですか?考えるだけでワクワクすると思いませんか?

6. やるときはやる!自分が好きなこともする!メリハリある生活

shutterstock_274420775
いつも時間に追われる生活だったり、ダラダラした生活だったり、偏った生活をしていると毎日が楽しいと思えません。

義務や責任ばかりに縛られると毎日楽しくない

「今日も何だかやる気がしない」とダラダラ生活していませんか?そんな気力がない状態がたびたび起こるのには理由があります。それは、生活の中で“自分の好きなことをやっていない”からではないでしょうか。

毎日を有意義に楽しめない人の共通点は “しなければならないこと”ばかりで“自分がしたいこと”がおろそかになっているということが上げられます。

仕事や家庭など時間に追われる生活をしていると自分だけの時間というものが全くないのでストレスが溜まります。息抜きや趣味がない生活は潤いがないものです。

モチベーションが上がるのは、自分が好きなことをしているときです。好きなことをしていないと人間元気になんてなれないのです。

自由な時間ばかりだとそれも楽しくないもの

だからといって時間がありあまるほどあり、自分のしたいことばかりしている生活というのもいかがなものか?

最初のうちは楽しくてよいのですが、縛りがない分、メリハリある生活がしにくい。けじめがないとだらけた精神や肉体になるので、充実した人生とはいいがたくなるのです。

結局は、“仕事や家事などするべきことはきちんとして、自由な時間は思いっきり自分の好きなことをする”このようなメリハリある生活がとても大事なのです。

色々なことに挑戦してみよう

それでも「毎日がつまらない」という場合は、新たなことにチャレンジしてみると良いでしょう。生きていれば、色々な経験ができるわけですから、楽しくないわけない!毎日をもっとポジティブに楽しく生きるためには、どんどんと色々なことに挑戦してみましょう。

今まで体を動かす経験がなかった人は、ヨガやピラティス、ダンスなどスポーツクラブに通ってみてもいいですし、読書とは無縁だった人は、ノンフィクションから恋愛もの、サスペンス、幅広いジャンルの本を読んでみるのもいい。

今までしたことのない分野にチャレンジすることは、すごく刺激になります。1日に1時間でいいので、新たなことにチャレンジしてみてください。きっと毎日が楽しくなることまちがいありません。

 自分から行動することで楽しい毎日が始まる

「毎日つまらないなぁ」「何かいいことないかなぁ」そう思っているなら、自分から行動してみてはいかがでしょうか?

行動することで今までとは違う何かを感じることができます。上にあげた6つの方法を実践してみてください。

きっと良い刺激や気づきが得られ楽しい日々を過ごすことができると思いますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント