• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットでも寝る前に食べてOK!脂肪を燃焼する5つの食べ物

Date:2014.07.31

「やせたいのなら、寝る前には食べないこと」。これはいわば、ダイエットの鉄則です。しかしながらこの記事では、寝る前に食べてもやせる!というダイエットフードをご紹介します。というのも、お腹が空いた状態で眠りにつく。

すると体は一日のうちに損なわれた部分を修復するためのエネルギーを、筋肉細胞を分解してできたエネルギーを拝借して使うことになってしまう(これを、カタボリズムといいます)。

それがかえって体の状態を悪化させる・・・という考えがあるからなのです。きちんと体を修復するためのエネルギーがお腹に入っていれば、体の組織を損なうことなく、体の脂肪を燃やせるということ。

つまり、高栄養でかつ、低カロリーのスナックを寝る前に摂ることで、体の修復も維持も両方助け、健康的なダイエットを応援しよう!というわけ。さあ早速、ダイエット中でも寝る前に食べてOK!なダイエットフードたちをご紹介しましょう。

1.ターキー

もしあなたが寝る前のお夜食にちょっとしたものを食べたいなと思うのなら、ターキーがおすすめです。ターキーを数切れ食べることで、睡眠中の内臓の修復に必要なタンパク質をとることができます。

ターキーに含まれるアミノ酸により、カタボリズムも防ぐことができるそう。寝る前にどうしてもがっつり食べたい!という欲求が出てきたら、ターキーとレタス、もしくはその他の野菜と組み合わせたサラダにしてよく噛んで食べてください。

2.カッテージチーズ

少量のカッテージチーズをローズマリーなどのハーブと合わせて食べるのもよいでしょう。カッテージチーズのタンパク質はゆっくりと体に吸収されるので、カタボリズムを抑制するアミノ酸もまた、ゆっくりと体に吸収されて効果が持続します。

3.全粒穀物のシリアルとミルク

カルシウムとタンパク質、良質の炭水化物も、寝る前のスナックにうってつけ。夜食もそうですが、他の食事にしてもどんな素材のものを食べるのかによってダイエットに大きな差が出ます。

一口にシリアルと言っても、よりナチュラルで精製が少ないものを選ぶことで健康的なダイエットに寄与することができるのです。

4.マグロ(ツナ)

ツナに含まれる良質なタンパク質は、あなたの筋肉細胞が分解されるのを抑えてくれます。生でもいいですが、調理してあるものの方が消化はいいでしょう。

ツナ缶を食べるのなら、オイルよりも水煮のものを選びましょう。味付けはマヨネーズよりも、塩とレモン汁などヘルシーなものをチョイスして。

5.豆腐とピタパン

ダイエット中だからと言って、毎晩ひもじいお腹を抱えて眠る必要はありません。それよりも、以下に快適に、賢く痩せられるかということに心を砕きましょう。豆腐を水切りしておき、それを薄く切ってピタパンに挟み、サンドイッチにします。

ヘルシーな調味料やハーブでおいしくして、あなた好みのサンドイッチを作ってください。植物由来のタンパク質がカタボリズムを抑制、ヘルシーなダイエットを応援してくれます。

脂肪を燃焼させる食べ物、いかがでしたか?私も、寝る前になるべくなんにも食べないようにしようとぐうぐうなるお腹と戦ってたこともありましたが、これらのお夜食ならいけそう!と思いました。

ダイエットは継続あってこそ。つらいだけだと続かないですものね。この記事を参考に、あなたのオリジナルのお夜食も楽しみながら、ダイエットを成功させてください!

この記事をシェアする

関連記事