• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一生に一度。七五三の記念撮影選び。可愛い姿をどう残す?

Date:2013.12.04

我が子の成長を祝う七五三。子供にとっても親にとっても一大イベント。家族にとっての大切な記念を子供が大きくなるまで残したいものですね。そこで七五三記念写真のパターン別メリットデメリットについてお話します。

まずは定番:スタジオ派

スタジオ○○など、多くの方が利用する記念撮影の場。七五三でも他を検討することなく当たり前のようにスタジオを利用するご家族が多いのではないでしょうか。記念写真のプロだけあってたくさんのメリットがあります。

衣装がレンタルできる…たくさんの衣装を用意してあるところもあり、一着だけでなく、ドレスやタキシードなど着物以外を着られる事も。

ヘアメイクしてくれる…スタジオ内で着替えやヘアメイクも簡単にしてくれるところが多いようです。スタジオ内なので安心して撮影できるというメリットもあります。

また、多くの方が利用するだけに、子供の撮影にも慣れているスタッフや道具も用意されていたりします。早撮りなどのキャンペーンを利用するととてもお安く利用できます。

ただ、その場合は本番と撮影が別日なため、衣装やヘアメイクについても別々に検討しなければならないスタジオもあります。

スタジオの場合、場所固定なため楽ではありますが、背景や撮影道具が定番で、撮影する姿もかたさがあり、写真の仕上がりにおしゃれさを求める方には物足りなさを感じるかもしれません。

また、最初はヘアメイク衣装撮影料などがサービスされていたりと1万以内などお得に感じられますが、結局写真の枚数やデータの追加などをしなければいけない場合が多く、3~4万円以上などになってしまう事はよくあるようです。

撮影中は個人カメラで撮影できなかったりするので、どの写真も欲しくなりますが、金額の上限を決めて撮影に臨むべきです。

私が利用してきたスタジオでは大型であればあるほど衣装は多く、流行のものが入ってきたりしていました。楽さや安心感、ザ・家族写真、のようなきちんと感を重視する方にはスタジオがおすすめです。

そして個性派:個人カメラマン

お気に入りのカメラマンがいれば、それを利用するという手段もあります。記念撮影用スタジオがない場合が多いため、ヘアメイク・衣装は自分で用意する事が多いかもしれません。

プロに任せたい場合はカメラマンなら美容師などの紹介ができる方が多いので相談してみると良いでしょう。また、カメラマンや撮影場所によっては出張費や撮影場所代がかかる場合があります。

ただ、お気に入りの個人カメラマンであれば、撮影の仕上がりには満足いくものができますし、人とは違う個性的な仕上がりのアルバムが残せます。

自宅などスタジオと違い好きな場所で撮影できたり、子供の自然な表情が撮れたり、おしゃれな写真が残せたりというのも個人カメラマン撮影のメリットです。

私が依頼しているカメラマンはスタジオで撮るより安く利用でき、データを全部頂けるのでとてもお得に利用でき、仕上がりも好みが言えます。金額はカメラマンによってかなり異なりますし、人気な方は早い予約も必要になります。

個人カメラマンの場合は、ヘアメイク・着付けが自分でできる(もしくは個人で美容室などを利用する)、気に入っているカメラマンがいる、紹介してもらえるなどの前情報がきちんとあれば、おしゃれさんにはとてもおすすめです。

経済的な:自分撮り

記念日と言えども、スタジオや特別プロには依頼せずいつものように自分たちで撮るパターンです。今は性能の良い一眼レフカメラなどをもっているご家族も多いですし、とても安くアルバムを作れるシステムもあります。

これならば、撮影だからと畏まることも、わざわざ撮影のための準備をする事も必要ありません。そして何より金銭的にもお得に済ませる事ができます。アルバムはネット上で注文ができる場合が多く、一冊のフォトブックに仕上げられます。コメントなども入れられます。

撮影だけ済ませておいて、アルバム作りはキャンペーン時に利用すればたったの1000円~作れるところもあります。ただ、紙質や引き延ばした写真はある程度値段を出さないと雑さがでてしまうので、プロのアルバムとは明らかに仕上がりが異なる点は妥協するしかありません。

手間や七五三という特別感、仕上がりのキレイさなど多くは望めませんが、お金がかかる行事なため金銭的に抑えたい、自分たちで自由な写真を撮りたい、アルバムを自分で作ってあげたいという方はオリジナル作成もおすすめです。

七五三だからとりあえず撮るのではなく、各ご家族の個性に合わせベストな選択をして大切な思い出を記録していってください。きっと大人になった時、愛する我が子への素晴らしい贈り物になるはずです。

この記事をシェアする

関連記事