• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

渡すべき?渡さないべき?親族への七五三お祝い返しマナーとは

Date:2013.12.01

一般的には、子どものお祝い事には表立ったお返しをする必要はないとされています。地域によって風習はことなりますが、七五三の場合は、お祝いのお礼として千歳飴やお赤飯を渡すのが風習です。

ただし、それは昔の事、最近では義理を重視し「内祝い」としてお祝い返しをする方も増えています。

今回は、不安なことが山積みの親族から七五三のお祝いをもらったときのお返しマナーについて、Q&A形式でお答えしていきます。

お返しは気持ちだから、とはいうものの、親戚との関係悪化は避けたいところ、はじめて子どもの七五三を迎えるというママの皆様、ぜひ事前にチェックしてみてください。

Q1:お祝い返しをする時期はいつころがいい?

「我が子の3歳の七五三を控えて、夫の方の母親から3万円を受け取りました。いつ頃お返しをするのが一般的でしょうか?」(24歳 女性 東京都)

A:お返しは、七五三を行った日の後、なるべく早くお返しするのが一般的です。 可能であれば当日、遅くとも1〜2週間の間に行うのがいいでしょう。 時間が経ちすぎると失礼に当たるので気をつけてください。

お義母さんの家が近所であれば、子どもの晴れ姿を見せに行くついでにお礼の品を、というのが一番スムーズだと思います。遠くで直接伺うことが難しいのであれば、七五三の写真や子どもからのお礼の手紙を添えて。

子どもが主役のお祝いですから、子ども自身の当日の様子が分かるように工夫すると喜ばれます。

Q2:高額なお祝いをもらったときのお返しの品は?

「ご近所のママに聞いたら、お返しは千歳飴だけという方が大半。だけど、高額なお祝いを頂いたため、何かお礼がしたいと思っています。お返しの品をプラスするなら、何を渡すのがいいのでしょうか」(28歳 女性 東京都)

A:冒頭でもお話したように、本来ならばお赤飯と千歳飴だけでお返しとしては十分です。それでもやっぱりお返しをプラスしたい、という方は、お菓子や日用品を渡す方が多いようです。

お返しの相場は、もらった金額の3分の1程度ですから、金額に合わせて、お返しを分けるのもいいと思います。

過度なお返しはかえって相手に気を遣わせてしまうので、話題のお菓子、タオルやお茶を用意するのがおすすめです。こだわり派の方ならば、カステラやケーキに子どもの名前を入れてくれるサービスもあります。

いずれにしても、迷っているうちにお返しの時期を逃してしまったということがないようにしてください。

Q3:現金や商品券で返したい、のしは何を使えばいい?

「我が家の親戚は、あまりお菓子を食べないので、商品券でお返しをしたいと思っています。その場合、のしはつける必要がありますか。また、水引きは何と書けばいいのでしょう?」(26歳 女性 静岡県)

A:七五三はお祝い事ですから、紅白で蝶結び(花結び)の水引きを使用します。水引きの上には「七五三内祝」もしくは単に「内祝」「御礼」だけを記載して、下には子どもの名前を入れましょう。

名字は入れずに、名前だけを書くのが一般的です。華やかさを重視して、水引きではなく、ビースや電車のイラストが書かれた包装を選ぶ方もいるようですが、礼儀を重視するならば、無難なものを選択するのが良いと思います。

商品券だけだと味気ないので、子どもから直接お礼の言葉を添えるなど、少し工夫をするのがおすすめです。

  

Q4:祖父母にお返しを断られた、それでもやはりお礼がしたい!

「初孫が可愛いのか、お母さん、お父さんが奮発してかなり高価な着物を仕立ててくれました。お返しをしようと思ったのですが、受け取ってもらえなくて、、。

親たちにしてみたら、気を遣うな、ということなのでしょうが、やはり何らかの形でお礼をしたいと思っています。何かいい方法はないでしょうか」(34歳 女性 神奈川県)

A:先方がお返しを断った、ということならば、素直に好意に甘えてしまうのもいいと思いますが、どうしてもということならば、食事会や簡単な旅行を企画するのはどうでしょうか。

本来の内祝いのお返しとは違う、イレギュラーな方法ですが、気持ちは十分伝わるはずです。また、着物を仕立ててくれたということなら、当日晴れ姿を見せてあげるというのも大切です。

祖父母にとっては、孫と過ごす時間が何よりもかけがえのないもの、現金でお返しをするよりも一緒に過ごす時間をプレゼントするという発想のほうが、むしろ喜んでもらえることもあります。

ただし、お祝いもお返しもお互いが負担に感じない程度に留めておくのが一番大切、金額的に無理のない範囲で行うようにしてください。

 

Q5:兄弟同時に七五三、それぞれにお祝いをもらった時は一緒に返してOK?

「上の子が7歳、下の子が3歳で、同時に七五三を迎えます。親族からは、それぞれに対してお祝いを受け取っているのですが、お返しはどうしたら良いのでしょう。一緒にまとめて送るのは、失礼にあたるのでしょうか」(28歳 女性 東京都)

A:相手の方はそれぞれに対してお祝いを送ってくれているので、お返しも別々に送るのがマナーです。お菓子や商品券の場合には、それぞれを別梱包、1人1つのパッケージにしてもらい、のしも別につけましょう。

郵送する場合には、一番外側の梱包は一つにまとめていても、中身が別れていれば大丈夫です。お返しに写真を添えたり、手紙をつける場合には、こちらは一つで問題ありません。

あくまで形式的なものですが、間違えると金額は同じでも手抜きに見えてしまうので、気をつけてくださいね。

はじめての七五三は、不安なこともたくさんでしょうが、子どもの大事な晴れ舞台です。旦那様とも相談しながら、抜かりなく準備をして、素敵な思い出にしてください。

この記事をシェアする

関連記事