• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線対策を万全にするためのポイントと魔法のテクニック

Date:2013.10.07

紫外線対策はいろいろありますが、紫外線というものについて少し詳しくみていきたいと思います。まず、紫外線と暑さは別物だと考えてください。真夏の暑さはとても暑いですね。もちろん紫外線も強いです。ですが、暑さと紫外線は同じではないのです。

4月という春は真夏と比べると暑いとはいえません。ですが、紫外線の強さは真夏と同じくらいなのです秋は春と同じくらいの紫外線が照り付けているそうです。ですから、秋といえども紫外線は真夏と変わらないのです。

紫外線は皮膚がんを誘発するといわてていますが、紫外線にもいろいろな種類があります。また紫外線対策グッズもそれぞれ特徴がありますから色々組み合わせて万全な紫外線対策をとっていきましょう。

紫外線には3種類ある

1つ目は紫外線A波です。これは非常に強い紫外線で、屋内にいてても突き破ってくる紫外線です。また皮膚には表皮と真皮がありますが、真皮にまで到達するという紫外線です。

屋内にいてても窓から反射する紫外線を防止するために日焼け止めクリームをつけないといけないのは紫外線A波を防止するというためなのですね。

紫外線B波は遮断すれば皮膚まで到達しない

紫外線B波は帽子や傘でシャットダウンすれば皮膚にまで到達しない紫外線です。ですから、外出時はやはり紫外線対策をとって外出しましょう。

紫外線C波もある

紫外線C波は大気中のオゾン層の上にある紫外線で地球にはまだ到達していません。ですがオゾン層の破壊が恐れられている理由はこの紫外線C波が到達してしまうからです。

もしこの紫外線が到達すれば人間は生きられないと言われています。オゾン層を破壊しないためにもフロンの使用を少なくしていかないといけません。

効果的な日焼け止めクリームの塗り方

普通に10円玉くらいを顔全体に伸ばします。それから乾いたら再度、同じ量を顔全体に塗ります。

日焼け止めクリームの持続時間は

大体2から3時間といわれています。ですからベストは3時間ごとに塗りなおすというのがいいそうです。汗やハンカチで効果が薄れてしまうそうです。

紫外線対策には傘と帽子どちらが効果的なの?

傘のほうが面積は広いですが、紫外線遮断率は50%とされています。一方帽子では紫外線遮断率は60%と言われています。また帽子は太陽がどこから照り付けても紫外線遮断効果のあるつばの長さは7センチ以上だといわれています。

後ろの首部分だけ長い帽子は最適だといえます。傘のほうが紫外線遮断率が高そうですが、意外に帽子もつばが7センチ以上ある帽子なら効果はありそうです。

黒い傘と白い傘どちらがいいの?

昔理科の実験で黒い紙と白い紙で太陽の光を虫めがねであてたことがあります。このとき、早く紙が焦げだしたのは黒い紙でした。

そういう訳で当然黒い布のほうが「暑い」ということになりますが、紫外線遮断率でいうと、100%紫外線遮断傘でない傘の場合は、黒い方が100だとしたら白い布は60ということでした。

また、100%紫外線遮断布を使った場合は、どちらも大差がなかったということです。ですから暑いのは黒い布ということですが、紫外線遮断率という面でも黒い布のほうが高そうです。

皮膚がんと紫外線による日焼けの関係

海に行ったとき、日焼けした後その日の夜は真っ赤になったという経験はないでしょうか?この真っ赤になるということが皮膚がんの原因ということだそうです。

真っ赤になってからしばらくたってからメラニン色素が沈着して黒くなる場合は、この黒い皮膚になれば皮膚がんは関係ないそうです。

ですから、毎日日焼け止めなしで紫外線対策をとらずに外出して毎日真っ赤になって帰ってきてほてりをとめて、また次の日に出掛けるという繰り返しは、もっとも皮膚ガンになりやすいとされています。

また日光過敏症の人はこととき、真っ赤になるのを通り越して湿疹や水泡ができてだるさも出てきます。こうなると皮膚ガンになりやすい体質を作ってしまうので、敏感肌の人は特に気をつけましょう。

海に行ったとき、赤みの上にただれが生じた人は日光過敏症かも知れません。また子供は風の子元気な子というフレーズのように夏でも紫外線対策をとらないというのは危険です。

帽子はもちろん、敏感肌の子供さんは体育の前は日焼け止めクリームをつけてもいいくらい紫外線は危険なのです。

この記事をシェアする

関連記事