• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

LAの留学は超刺激的!?半年間、こんな留学してきました。

Date:2013.10.04

あなたは留学を考えた事がありますか?もしそうなら、どこへの留学を考えているでしょう?留学は、行く国によって、体験する出来事や、出会う人々も大きく変わってきます。今回は、LAへ留学してきたTさんに留学体験の話を聞きました。

語学学校へ入学

Tさんは日本でアメリカ人の友達がいました。Tさんは、英語が得意でなかったため、日本語と英語をまぜこぜでしゃべっていました。それでも、友達関係は続き、このことがきっかけとなり、LAへの留学を決意しました。

LAの語学学校に入学したTさんは、まずレベルチェックのテストを受けました。その結果、振り分けられたクラスはレベル1。授業はb動詞からのスタートとなりました。

住む環境

Tさんが住むことになったのは、治安の良くもなく、最悪でもない程度の、メキシカン街でした。寮には、違う学校に通うアメリカ人の学生や、ロシア人の学生など色々な人種が集まっていました。

そんな中、Tさんは、ルームメイトのアメリカ人、隣の部屋のロシア人と仲良くなります。部屋にこもって、英語を勉強する他のクラスメートと違い、Tさんはこの友達とよく外に出ていきました。

気になるコミュニケーション法ですが、Tさんが「自分は英語しゃべれないよ」と言うと、「大丈夫、この辺には英語しゃべれない人はいっぱいいるから」と受け入れてくれたそうです。それだけ、色々な人種が集まり、色々な言語が飛び交っている町なのかもしれません。

現地の友達と遊ぶ日々

Tさんは、現地の仲間とクラブに行ったり、遊びに連れて行ってもらったりと、いつも外に出て回っていました。そうこうしているうち、Tさんは相手の言っている事が分かるようになっていきます。自分自身、言いたい事をだんだん伝えられるようになっていき、語学力も上って行きました。

語学学校でのレベル

語学学校では、二か月に一回学力能力テストがありました。このテストにパスすれば、どんどんクラスが上がっていき、レベル1からレベル2、レベル3へと上がっていく事ができるのです。

韓国人や、モンゴル人のクラスメートがほとんどを占める学校でした。クラスメートのほとんどは、語学を学ぶ事に必死な生徒が多く、しっかり勉強してレベルをどんどんあげていきます。

Tさんの場合、レベル2へのテストを2回落ち、レベル2に行ってからはレベル3へのテストをパスすることができませんでした。

周りの生徒との違いは、Tさんは読み書きが苦手で、テストをパスすることが難しかったこと。対して、周りの生徒は、読み書きばかり得意になり、先生が言っている事の理解が低かったと言う事です。

先生には、「あなたは本当に頭がいいんだから、しっかり勉強しなさい」と怒られていたそうです。もったいないような気もしますが、どっちもどっちのような気もします。

結局、何を目的に留学に来ているかなのかもしれません。語学力を真剣にあげたいのか、外国で色々な人と仲良くなり、様々な体験をしたいのかの違いなのかもしれませんね。

地下鉄ブルーライン

LAでの移動手段は、地下鉄を使っていたそうです。友達のいる、ロングビーチと言う場所に、ブルーラインという地下鉄に乗って移動していました。しかし、このブルーライン、とても黒人さんの乗車率が高く、治安の悪い場所を通るんだそうです。

しかも、この乗車の仕方ですが、日本のようにチケットを買った人が乗れるという、きっちりとした管理下にあるわけではなく、お金を払わなくても乗れる仕組みなんだそうです。もし、無銭乗車がバレれば、警察に捕まり、裁判沙汰になるほどの犯罪です。

しかし、Tさんは無銭乗車の仕方を覚え、こっそりそれを繰り返していました。

ブルーラインでのケンカ

ある日、Tさんがいつものようにブルーラインに乗っていた時でした。途中から、黒人のホームレスのおじさんが犬を連れて乗車してきました。彼は酔っぱらっているらしく、先に乗車していた女性と喧嘩を始めました。

乗客皆が注目する中、目的の駅につき、ホームレスのおじさんは降りようとしました。その瞬間、彼は転んでしまい、飼っていた犬だけがさっさと駅に降りていきました。「俺の犬!!!」と彼が騒ぐ中、電車は動きだし、電車の中は大爆笑となったそうです。

結局彼は、次の駅で降りて行ったそうです。

刺激的な留学

話を聞けば聞くほど、Tさんの留学は刺激的で楽しい体験だったようです。もし、刺激を求めて色々な体験をしたいなら、LAへの留学もいいかもしれません。しかし、色々な人や人種、日本では考えられないような事もあるようなので、女性は特に気を付けた方がいいでしょう。

あなたが留学を考えているのなら、行く国によって体験も変わってくるので、行きたい国を自分自身の直観を使い、しっかりと選ぶことをおすすめします。

この記事をシェアする

関連記事