• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性社員必見!男女の性質の違いが分かれば仕事の効率がアップ!

Date:2014.02.16

男性と女性の考え方や性質の違いは複雑なようですが、実はあなたが思っているよりも簡単なものかもしれません。男性の考え方について理解が出来ない・・と悩んだ経験がある女性はとても多いです。

特に職場においてはその違いのために、衝突する場面も出て来ます。そうなると仕事の効率が下がってしまうことになりますので、お互いのために良くありません。

少しでも男性と女性の考え方や性質の違いを理解して、仕事の効率を上げるようにしてみましょう。そのための方法を今回はお伝えしたいと思います。

男は人と違う自分でいたいと願い女性は同質である安心感を得たい

男性は基本的には他よりもレベルを上げたいという思いを持つ人が多いです。そして、自分はこういう部分が人よりも優れているということを強調したいと感じるのです。

しかし女性の方は、もしも他の人よりも目立つことをしたら標的になってしまうかもしれないということから、自分は他と同質であることで、安心するという違いがあります。

女性が目立つ行動をすることにより、同性からだけではなく男性からも嫌われるのではないかと不安に思うため、出来るだけ目立たないようにしたいと思うのが女性の本来の気持ちです。

男性は地位を重んじて女性は環境を重視する

男性は今の自分の地位よりも高い場所に行きたいと思うことが多く、いわゆる昇進というものに固執する場合が多いです。ところが女性の方は地位よりも働きやすい環境であることを重視するのです。

向上心の多い女性ももちろんいますが、もしそうであっても環境を整えた上で仕事をしたいと思うのが女性の本心でしょう。自分がどうすることで環境が良くなるのかということを考えるのも、男性とは違う女性の特徴と言えるでしょう。

男性は女性に負けたくないが女性は男性と対等でいたい

男性は女性に対して特に仕事においては負けたくないという男のプライドが強く働きます。男同士でもそのプライドでぶつかり合う事もあるでしょう。一方女性の方は男性と対等でいることを望みます。

そのため、対等に話をしてくれる男性に好感を持つことになるのです。そこから恋愛が始まるということも少なくありません。草食系の男性がモテるのもここに理由があるのです。

男性は残業をしたいと望み、女性は定時の帰宅を望む

男性は残業が無い時であっても、出来るだけ仕事を作って残業をする傾向があります。それは残業をしていることがカッコいいことだと思っているからです。

例えば周りが残業をしているのに、自分は定時で帰宅することになると、自分だけが負けている気持ちになります。

女性の方は、仕事が終わってからの時間を有意義に過ごしたいと思うことが多いため、切り替えが早く定時で帰宅することを望みます。残業を誇りに思うということは、ほとんど無いかもしれません。

男性は論理的で女性は感情的

どうして男性と女性の間にはいつも壁があるのだろう?と思うことはありませんか。それはおそらく、男性が論理的な話を望むのに対して女性は感情的な話を入れることが多いからです。

それによって話の決着がいつまで経ってもつかないということになりがちです。そうならないためにはお互いに譲歩することが必要です。実際に譲歩することにより、スムーズに話合いが出来ることも多いのです。

男性と女性の違いを知ることを楽しく感じることが出来れば、これから男性とうまくやりとりをすることが出来るでしょう。

お互いがお互いの良さを認め合い、足らない部分や苦手な面を補い合うことにより、社会が成り立っているということに気が付くことが出来れば、今までとは違った目線で男性のことを見ることが出来るでしょう。

この記事をシェアする

関連記事