• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クリエイティビティをあげて仕事の効率や質をアップするコツ

Date:2014.05.01

クリエイティブな人と言うと、芸術家やミュージシャンにデザイナー等の職業を思い浮かべますよね?

でも、お湯だけでメイクが落とせるフルメイクウォッシャブルベースやコンビニコーヒーなど、一般の会社から出されるヒット商品やアイデアは私達の様な普通の一般社員から出される優れた発想の賜物…。

そうなのです、私達一般人も創造性が豊かであれば、膨大な利益を生み出し、世間をアッと言わせる商品やアイデアを生み出す事も可能なのです。ただ、どうやったら優れたアイデアを出せるクリエイティブな人になれるのかご存じですか?

最近の調査や研究でクリエイティブな人の気質や創造的になり易いライフスタイルというものが分かってきたようですよ。

“オフ”の時間を上手に利用して脳を活性化

「明日の会議までに新商品の案を提出しなきゃ!」とか「このクライアントとの問題の解決策は…」などと、考えなければならない事が有る時って、残業して、デスクのパソコンとにらめっこしている…なんて事良くありますよね?

でも、画期的なアイデアというのは意外に休暇中や仕事をしていない時に思いつく事が多いのだそうです。

よって、クリエイティブな人達というのは仕事をした後や合間にきちんと“休暇”を取り、旅行やスポーツなどをして自分の脳や身体に新たな刺激を与える事で脳を活性化するのだそうです。

でも、早々休みも取れないし、刺激的な体験や経験と言われても困ってしまいますよね?そんな時に身近で簡単に出来る“オフ”の過ごし方としてビデオゲームやオンラインゲーム等があります。

とかく「ゲーム脳になるから…」などと言われ敬遠される事も多いゲームではあるのですが、気軽にワクワク、ドキドキ興奮する事で脳を活性化し、しかもロールプレイングゲーム等では問題解決能力を高めるとまで言われているそうなので、著名なアーティストや作家などのゲームファンが多いのも頷けるのです。

優れたアイデアや旺盛な好奇心は’散らかった部屋’から

皆さんの職場のデスクや自宅は物が山積みで散らかっていますか?実は、最近発表されたアメリカでの研究で、“散らかった部屋”がクリエイティブになる為の秘訣だという事が判明したのです。 

アメリカの大学生グループに散らかった部屋ときちんと片付けられた部屋を割り当て、卓球のボールの新たな活用法を考えてもらったところ、出されたアイデアの数は両グループとも同じではあったのに、散らかった部屋を与えられた学生のアイデアは整理整頓された部屋の学生より、研究内容を知らされていない審査員から「面白い!」、「画期的だ!」という高い評価を得たのです。 

また、新たなアイデアを生み出すという事は新しいことに好奇心旺盛でなくては流行を作り出す様な画期的なアイデアは生まれませんよね?

その好奇心もどうやら“散らかった部屋”と関連がある事が、約200人の大人を対象にシャーベット状の飲み物‘スムージー’を使った調査で明らかになったのです。

この実験でも片付いた部屋と散らかった部屋を使い、両方のグループからスムージーの注文を取ったところ、キレイな部屋を与えられたグループからは定番の味のスムージーが注文されたのに対して、物が散乱している部屋のグル―プは新しい味や開発途中のスムージーを好んで注文したそうです。

という事で、これら2つの実験からも、クリエイティブな人になるには ”乱雑な部屋”を好み、”新しもの好き”でないといけない事が分かります。

自分ひとりではクリエイティブにはなれません

では、クリエイティブになるには“散らかった部屋”で仕事をして、たまにコンピューターゲームで気分転換をすれば良いのか?…、という単純な事でもなく、クリエイティブな人達は実は「社交的」で「聞き上手」でもあるのです。

休暇で頭に刺激を与えるのはなにも海外旅行やスポーツだけではなく、人が集まる場所に行き、人と交流する事で新たな意見や今の流行りやニュースなど様々な生きた情報を得る事が出来るのです。

という事は、社交の場で自分に利益になる話題や情報にいち早く耳を傾ける事が出来る能力を備えているのもクリエイティブな人の条件の一つなのです。

それに、人と対話するという事は新たな情報を得るだけでは無く、今まで自分が思い描いていた計画に反するアイデアや意見なども得て、自分ひとりでは思いもつかなかった違った視点や考え方に気付く可能性も多いのです。

「それでも、創造性なんて生まれ持ってくる部分が多いのでは?」と思っている貴女!実は創造性が遺伝で影響されるのはたったの1割で、9割は環境で変わるという事が遺伝子レベルの実験で証明済みなのです。

なので、これから休暇に部屋を片付けるのではなく、自分を活性化する為に費やし、様々な事に好奇心を向けると、もしかして「21世紀最大の発明」なんてアイデアを思いつくかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事