• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の難しい転職…長続きさせるために持っていると有利な資格

Date:2014.08.10

仕事は生きていく糧を得ていく大切なものです。好きな事を仕事としやりがいを感じる事が出来れば、糧を得るだけでなく生きがいをもつ事ができます。

とはいえ、誰もがそのような仕事に巡り合えるものではありません。また自分に向いている仕事であると感じても、職場の人間関係など環境によって仕事が続けられないという女性に多い問題もあります。

職場で肩身の狭い思いをしないためにも資格という肩書を持っていれば、転職はもちろん同職で環境が変わった場合も長続きさせることができるのではないでしょうか?

20代であれば、吸収もよいため採用の扉は大きく開かれているものです。ですが、年を重ねていけばいくほど・・・転職自体が難しくなるものです。難しい状況であっても自分の売りにできる資格こそが長く続けられる職に就けるパスになるのではないでしょうか?

自分の売りにできる資格は使える資格であること!

年収の高い職に就くために良いとされる資格のベスト3は、ファイナンシャルプランナー、社会労務士、中小企業判断士と言われています。

それぞれ国家資格なので学ぶべきことはもちろん、求められることも多くあります。勉強期間は半年から1年、場合によっては数年かかるとされています。一度資格を得ておけば、直接仕事につながる資格です。

ですが、人それぞれ個性があり職種が合うものと合わないものがあるものです。特に女性はおかれた状況によって活動範囲が限られるため資格を持っていても使えないという事があります。置かれた状況で自分を売りにできる、使える資格でなくてはならないのです。

時短かつ転職有利な資格!

もちろん国家資格を取る事が一番望ましい訳ですが、周りにそのニーズがなくては意味がないのです。ニーズがあって直接必要とされる資格、または直接的ではなくても職種に応じてあると良いと思われる資格を見定めて取得することがポイント!

年収の高い職種に必要な資格は取るのも時間がかかってしまうものです。手早く取得でき就職につながりやすい資格とはどのようなものか?2,3ピックアップしてみるなら…

*調剤薬局事務・・・薬局で処方箋を受け取ったり保険の確認や薬剤師のサポートをしたりする仕事。国家資格ではないため取得がやさしい。

*医療事務・・・医師や看護婦のサポートをする仕事。診療報酬明細書作成や病院の受付業務をする仕事。資格が取りやすく、ニーズも多い仕事。

*マイクロソフトオフィススペシャリスト・・・パソコンが客観的に使える事を証明する資格。使いこなすことができる事を証明するため派遣などでも昇給される資格。

*ファイナンシャルプランナー・・・保険外交員がよく持っている資格。データーベースをもとにお金の管理法を把握し相続から貯蓄まで金銭管理のアドバイスをするお仕事。保険の仕事に付随して仕事が入ってくるので保険レディーとしてさらに幅が広がります。

*旅行業務取扱管理者・・・旅行代理店などには欠かせない資格。プランを立て、チケットやホテルの手配から現地入りまで旅行者のサポートをするお仕事。

通信だけが資格取得方法ではありません

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験は毎月行われるため、とりやすい資格の1つです。事務職などの仕事に再就職の場合も評価が高いと言われる資格の1つです。

また医療事務や調剤薬局事務も、人間関係が良くない環境から他の場所に変わっても長く続けられそうなところを探せるという点ではメリットが大きいかも知れません。

また求人が多い保険のお仕事にもファイナンシャルプランナーの資格があれば、お客さまからの信頼を得て保険商品の売り上げが上がりやすいというメリットがあります。

それぞれで出来そうかなと思うものを1つか2つピックアップして資料請求して学ぶことができますが・・・本屋さんで問題集を取り寄せ自分で学ぶこともできます。もしわからないところがあるなら、その手の本職さんに直接聞いて見る事は良いことです。

または市などの行政が開く講座を利用することもできますし、近くに大学などがある場合、外部者対象の様々な資格取得のクラスがある場合もありますから、賢く使う事も出来ます。

数年後の自分のために・・・

確かに今のご時世、転職は難しいとされています。しかし!自信を持って仕事ができるように資格を持っているなら辛い状況で無理をして仕事を続ける必要はないのではないでしょうか?自分に合う環境に移動して仕事をした方が数年後の自分にとっても良い選択ができます。

今を生きるというよい言葉もありますが、数年後を念頭において計画的に生きていく事も自分や周りの幸せになるものです。ですから、自分にとって何が次のステップにつながりやすい資格か考慮してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事