• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子宮頸がん検診でもしも引っ掛かったら…

Date:2013.09.05

最近は若い女の子の子宮頸がんワクチンの話が随分騒がれていますが、そういう怪しいものが出てくる前から、子宮がん検診はありました。

子宮頸がんと子宮体がん、両方の検診があるのですが、きちんと毎年欠かさず行っている人もかなりいます。今回はこの検診について、また再検査になってしまったら、ということをお伝えしたいと思います。

子宮頸がん検診と子宮体がん検診の方法

まず、受診するのは産婦人科か婦人科です。20歳以上になると、市から「がん検診のご案内」が来ますから、1年おきに無料になっていますので、その年は迷わず申し込みましょう。

「子宮がん検診」は「子宮頸がん検診」のことです。検診の仕方は医師と話をした後、別室で下着を取って、お腹の辺りにカーテンの下がったイス式の診察台に座らされて、ちょっと「チクッ」とした感じで子宮頸の細胞を綿棒で採取されます。

いつもは感じない痛みなので、一瞬「ウッ」としますが、すぐ終わるので恐れることはないです。そして10日~2週間くらいで、その細胞診の結果が分かります。

「子宮体がん検診」については、希望すればやってもらえますが、比較的50歳過ぎの人や何か子宮の病気をした人などに、検診することが多いようです。なぜならば、子宮頸がん検査より多少痛みがあり、高齢の方のほうがなりやすいからということなのです。

但しお医者さんによっては、ほとんど痛くない人もいましたので、必要以上に怖がらないでくださいね。また、無料なのは1年おきなのですが、心配な方・40歳以上の方は、なるべく毎年検診を受けましょう。頸がん700円、頸・体がん1000円ほどでやってもらえます。

子宮頸がんの細胞診の結果

段階でいうと、クラスⅠ~Ⅴまであります。そしてこれは、細胞を取ってみたレベルのことですから、「がん」のレベルではありませんから気をつけてください。

  • Ⅰ・・・全くの正常上皮(陰性)。問題なし
  • Ⅱ・・・良性異型(陰性)。多少の炎症・傷・異形成あり
  • Ⅲa・・・軽度~中等度異形成(疑陽性)
  • Ⅲb・・・高度異形成(疑陽性)
  • Ⅳ・・・上皮がん(陽性)
  • Ⅴ・・・浸潤がん(陽性)

今までの分類では、Ⅰ・Ⅱが陰性で問題なしでしたが、最近採用されているベセスダ分類では、Ⅱ~ⅢaまでをASC-US(アスカス)と分類して、意義不明異型扁平上皮という意味で陽性としています。これは「がん」というよりはその前期の軽度異形成があるということを表しています。

正常でなかったら次にする検査諸々は?

アスカスだった場合は、今度は「ヒトパピローマウィルス検査」をします。アスカスと診断された場合は保険がきくので2000円弱です。

子宮頸がんの原因だろうといわれているHPVですが、細胞診で既に感染していると分かっても、ハイリスクな(がんになりやすい)15の型のウイルスがいるかどうかは、分かりません。そこでまた細胞診と同じ要領で検査します。また、10日ほどで分かります。

もしハイリスク型が見つかったら、コルポスコープというもので、子宮頸を見て細胞の様子を診断し、怪しい箇所があれば組織診といって切り取って調べます。しかし、出血は多少あっても、そんなに痛みはないそうです。

もし手術になったら…

一番簡単で意外に受けたことがある方が多いのが「円錐切除術」です。子宮頸つまり子宮の入り口の尖った部分を、円錐状に切り取る手術です。2~3日入院するところもあれば、日帰りのところもあるそうです。

円錐切除でがん(又は異形成)と思われる部分を取り除き、後で取った部分の細胞も調べるそうです。つまり、手術と検査を兼ねているわけです。メスもレーザーや電気が多いということです。この手術後、妊娠・出産も可能です。

それからもし、検査でがんが進んでいるようなら、もちろんセカンドオピニオンを取ってもいいと思いますが、子宮全摘も仕方のない選択になるかもしれません。考えようによっては、世の中では種々の理由で子どもを諦めた方だっているのですから。

「自分だけが…」と思い悩まないでください。「全く、子ども、子どもってさぁ!」とブーブー言いながら生きている人種もいることを、お忘れなく!

その他子宮がんについて

子宮体がんは、不正出血から分かることが多いとされます。生理じゃない時期の出血には気を付けましょう。また、腹痛が酷い・貧血などもよくないので受診はお早めに。

子宮頸がんも子宮体がんも、まめな検診で早期に発見できますから、面倒がらずに検診に足を運びましょう。健康に暮らすためにも是非。

この記事をシェアする

関連記事