• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

老け顔とはお別れ!顔のシミを薄くするために試したい5つの方法

Date:2014.10.29

年齢とともに私たちの肌の状態は少しずつ変わってきます。10代や20代前半ではニキビや吹き出物に悩んでいたのに、年齢を重ねるにつれ、今まで考えてもみなかった肌のシミがうっすらと出てきてしまい、焦ってしまうものです。

シミは年齢を感じさせてしまい、老け顔を作ってしまう、正に女性の敵ですよね。若々しくいるためには、うっすらと出てきたと思ったら、すぐにでもケアをしてあげる必要があります。

ここではそんな顔のシミが出来てしまったときに試して頂きたいケア方法をご紹介していきます。

ハイドロキノンが配合されている化粧品を選ぼう

ハイドロキノンはシミに非常に高い効果があります。ただ、ハイドロキノンは刺激が強く、かゆみが出ることがあります。

一方で、アルブチン、こうじ酸、天草エキス、ビタミンCなどは刺激が少ないのですが、ハイドロキノンほどの強い効果はありません。そのため、ハイドロキノンにプラスして、これらの刺激が弱い成分が含まれているクリームや化粧水を使うようにしましょう。

これらの成分が2種類以上含まれていると相乗効果が期待できるため、お勧めです。是非成分をしっかりとみて選ぶようにしましょう。

レチノールを使ってみよう

アンチエイジングの味方として知られているレチノールは、しわやたるみに効くことで有名です。しかも、このレチノールは色素沈着にも大いなる効果を発揮してくれるのです。

レチノールを使うことで、細胞のターンオーバーが早くなります。そのため、シミが完全に形としてできてしまう前に新しい肌が出来てくるという効果が期待できるのです。是非ナイトクリームなどとしてレチノールを夜寝る前に使ってみましょう。

また、レチノールの効果を最大限に得るためにも、更にシミを作ってしまわないように毎日日焼け止めを塗ることを忘れないでくださいね。

顔全体をホワイトニングしよう

シミは年齢とともに出るものでもありますが、そもそも日焼けが大きな原因となります。そのため、顔全体が薄黒くなり、くすんでしまっているものです。

それを改善するためには、シミ取りクリームなどで部分部分をケアするほかにも、顔全体をホワイトニングしてあげることが大切となります。それで顔の印象がかなり明るくなり、若々しく見えることでしょう。

そこで、ブライトナーなどの古い角質を取り除き、肌を明るく見せるための美容液を使ってみましょう。更には美白効果があるビタミンCが成分に含まれているものを選ぶと、相乗効果が期待できるのでお勧めです。

ピーリングで更に一層シミを薄くしよう

シミや顔全体を明るくするためにも、グリコリック酸(グリコール酸)やサリチル酸を使ってピーリングをしましょう。

ピーリングをすることで、古い角質が取り除かれるため、シミ取りのクリームやホワイトニングクリームなどの効果を更に上げて、顔全体を明るくし、シミが薄くなる助けとなります。死んでしまった古い皮膚細胞が一皮むけるだけで、驚くほどに若々しく見えるものなのです。

首も忘れずにケアしよう

一生懸命ケアをして顔のシミが薄くなっても、首やデコルテのあたりにシミがあると、老け顔の原因となってしまいます。そのため、顔と首はセットで考えた方がよいのです。

顔のシミのケアをする際に、一緒に化粧水や乳液、クリームなどを首やデコルテにも使いましょう。ただ、顔よりもデリケートな部分のため、様子を見ながら1日おきくらいに塗ることから始めてみましょう。

いかがですか?是非参考にして、いつまでも若々しい肌を保ってくださいね!

この記事をシェアする

関連記事