• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

悩める新婚カップルへ。新居は賃貸、購入、どっちがいいの?

Date:2014.04.07

結婚するとこれから始まる新婚生活に向けた準備が出てきます。色々やることはありますが、二人が住むための新居をきめることもその一つ。

新婚さんの中にはまだ、どちらかの両親といきなり同居するパターンも聞きますが、大半の方が自分たちだけで住む場所を探すはずです。

そして悩むのが、賃貸にするのか、購入するべきかではありませんか?それぞれのメリット、デメリットを知り新居探しの参考にしてみてください。

購入のメリット、デメリット

新婚でいきなりマンション、住宅を購入してしまう、そのメリットとデメリットとは何でしょうか。

・メリット

思い描く新婚生活がスタートできます。近頃の賃貸住宅はオシャレで機能的な物件も増えているのですが、自分の理想を満たす物件に巡り合うのは難しいもの。機能や内装も充実した物件も多く、注文にすれば自分の理想を実現できるのです。

自分が思い描いていた新婚生活を、理想としていた住まいで始めることがきます。早くローンが返せます。住宅の購入には多くのお金が必要になります。キャッシュで一気に購入できる人はほとんどいません。

皆さんローンを組んで何十年もかけてそれを返済していくのです。少しでも早く購入して早くローンを返済していったほうが老後に借金を背負う必要がなくなり、精神的ゆとりが生まれます。

・デメリット

転勤の時に困ります。例えば転職等、転勤等で現在購入した家から通勤できなくなってしまったとき、その後の扱いに困ります。売るか誰かに貸すことを考えなくてはいけません。

後で後悔することもあります。新婚生活を始めてみて、家に求める物がわかってくることがあります。家を購入してしまった後で、こうすればよかった、ああすればよかったと思う部分も出てくるものです。そう思ったらリフォームするか住み替えるしかありません。

ローンが負担となります。結婚当初はまだお子さんもおらず夫婦共働きという前提でローンを組んだかもしれません。ところがお子さんが生まれる等で状況が変わると住宅ローンが負担になってきます。

賃貸のメリット、デメリット

・メリット

気楽に選べます。住宅を購入すれば基本はそこで一生住むことになりますから、全て慎重に考えなければいけません。その点賃貸では少ない費用で住み替えができますから気楽に物件を選ぶことができます。

費用負担が少ないのもメリットです。住宅購入の時は何千万ものお金が必要になります。その負担が大きくなると結婚式の費用にまで影響が出てくることも。知り合いでそれを理由に結婚式を挙げなかったカップルを何組か聞いたことがあります。

転居の時も楽です。万が一転勤や転職で引っ越すことになっても、解約すればよいだけなので経済的精神的負担も少ないはずです。

・デメリット

家賃を払っても自分の物にはなりません。長年同じ賃貸住宅に住んでいてもあくまでもそれは借りている家。自分の持ち物にはならないのです。定年後の事を考えると一生賃貸では不安が残ります。

ローンの方が安いことも。住宅購入時はローンを組まれると思うのですが、毎月の家賃のほうが高くなってしまう事もあります。それなら買った方がいいと考えるでしょう。

賃貸、購入のそれぞれのメリット、デメリットを挙げてみました。それらを良く考えて、新婚さんの新居選びに役立ててみてください。

この記事をシェアする

関連記事