• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メール好き女性はモテない?!好きな人に嫌われる失敗メールとは?

Date:2014.04.03

絵文字や画像、音楽などを添付できるメールは、インターネットが使える状況であればいつでも送信可能ですから、友達や家族などと気軽に楽しんでいる方は多いことでしょう。

しかし、メールを楽しめる人ばかりではありませんので、メール好きの女性は注意が必要です。内容や頻度によっては、恋愛に悪影響を与える可能性があるからです。

今回は、好きな人にメールを送って「疎遠になった」、「嫌われた」という女性たちをご紹介します。彼女たちは、一体どんなメールを送って失敗してしまったのでしょうか。

メルマガ化したメールを送った女性

合コンで出逢った3つ上の男性(K君)に一目惚れした女性(28歳)は、連絡先を聞いて別れた直後からメールを頻繁に送り合ったと言います。

「顔も性格も私の理想の人でした。『彼女と別れたばかりで寂しい』と言っていたのでこれは私にもチャンスがあるかと思って、合コンの夜からメールでアピールしたんです。

出逢ってすぐですからどんな内容を送ればいいか悩みましたが、K君から話を振ってくれることも多くて助かりました。でも、一週間くらい続けているとさすがに話題もなくなってきたので、K君からのメールが激減したんです。

このままじゃ彼女になれないと慌てた私は雑学の本を購入して、K君にクイズ形式で送ることにしたんです。なぜこんなことをしたかと言えば、合コンで雑学好きと言っていたからです。

朝昼晩と頻繁に送ってしまいましたが、K君はマメに答えを返信してくれました。それから3週間した頃に思い切ってデートに誘ってみたんです。そしたら、なんと撃沈。

『単なる友達としてメールしていたからそういうつもりはない』って言われちゃったんです。K君に送信したメールを読み返してみれば、雑学や天気のネタやらで『まるでメルマガ』とも言われました。

女性としてアピールしていた部分は全く無かったんですよね。仕方無くK君のことは諦めて今は新たな出逢いを探す日々です」

男性が喜ぶメールばかり送った女性

飲み屋で逆ナンパして男性(Nさん)のアドレスを手に入れたOLの女性は、3日に1通くらいのペースでメールしたそうですが上手くいかなかったと言います。

「いつも友達と行く飲み屋があって、そこでめちゃくちゃタイプの男性が居たんです。お酒の勢いもあって一緒の席で盛り上がると、Nさんは帰り際に電話番号とアドレスを教えてくれました。

次の日に連絡しようと思いましたが、素面になると電話をかける勇気がなくてメールを送ることにしたんです。でも、普通の内容ではNさんにつまらない女性と思われるんじゃないかと思って考えました。

男性と言えば、下ネタ好きと思っていたので『おはようございます。今朝は生バナナです』とバナナを口に含んだ自分の写真を添付して送ったんです。

そしたら『もしかして下ネタ好き?意外なことする女性でびっくりしたけど、なんか俺と合いそうで嬉しいよ』と返事がきました。彼氏いない歴3年に終止符が打てると思った私は、その日から下ネタ入りのメールを送ることを第二の仕事にして頑張りました。

でも、そんなメールを送るある日のこと、『悪いけどもうメールはいいよ。最初は付き合いたいなと思っていたけど、下ネタが多すぎて女性として見られなくなった』ってメールを最後に音信不通になりました。何事も程々が良いと学びました」

頑張りすぎてリアルとのギャップを埋められなかった女性

SNSサイトを通して同県に住む男性(Yさん)と出逢った女性は、普段から男っぽい性格と言われるほど身だしなみや言葉遣いに無頓着でした。彼女が送ったメールの内容とは?

「メールでは、文字の大きさや色を変えたり、絵文字を入れたりと女性らしくできるのですが、現実ではなかなか恥ずかしくて『そうね』とか『○○よ』、『○○だわ』みたいな女性言葉とかできないんですよ。

そんな私ですがネットで知り合った男性と写真の交換まで進展して、メールのやりとりも存分に楽しみ、そろそろリアルで会おうかなんて話が出たんです。それで、友達に女性らしい服やアクセサリーを借りて、化粧もしてもらっていざYさんと会ったんです。

Yさんは、『写真より実物の方が可愛い』と言ってくれたんですが、デート開始から30分も経たないうちに帰りました。理由は、メールの私と実物の私の中身が違いすぎるということでした。

メールで女らしさばかり出さず、もう少し加減して素の自分も見せていれば上手くいっていたかなと後悔しています。今も連絡を待っていますが、送信はできても返信がくることはありません」

送信前に必ず読み返しましょう

メールは、ご自身の望む形で好き放題楽しめますが、一度送信ボタンを押してしまったら送った内容を取り戻す方法はありません。送信する前に読み返す、酔った勢いで送らない、自分を飾り過ぎないなどよく考えることをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事