• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

真珠の爪、白魚の指。女優の手はこうして作る!

Date:2013.08.08

身体が素材の舞台女優は、ネイルアートはしない代わりに、素のままで美しい手指を保つ努力をしています。爪や皮膚のケア方法から、なめらかな動きのためのエクササイズまで、手をきれいにする方法をお教えしましょう。

爪の命は保湿

爪は皮膚が角化したもので、細胞自体は生きていません。タンパク質のひとつであるケラチンが主成分で、10%前後の水分を含んでいますが、自己修復能力はないのです。

爪が折れやすかったり、先が剥がれて二枚爪になったり、というトラブルに悩まされている女性は多いと思いますが、見えている部分は死んだ細胞の集まりなので、爪をあとから丈夫にすることは出来ないのですね。

爪に出来るケアは、保湿しかありません。油分の多いクリームをこまめに塗りこんで、10%の水分量を守ってあげましょう。

特に除光液は、爪の水分量を減らして表面をザラつかせるので、アフターケアをしないと爪が脆くなったり黄色く変色してきたりします。また、中性洗剤などにも爪を荒らす成分が入っています。除光液や洗剤を使ったあとは、必ずクリームで爪の保護をしましょう。

丈夫な爪を作る方法

見えている爪は、言ってみれば死骸なので補修のしようはありませんが、もともと丈夫な爪を作っておくことは出来ます。

爪は1日に0,5mmずつ伸びるので、生え変わるまでには、5ヶ月前後かかります。丈夫な爪を生み出すには、日々爪を作る栄養素を摂り続けることが大事なのですね。

爪にいい食べ物の代表例

  • 動物性タンパク質・・・肉・魚介類・卵・乳製品
  • コラーゲン・・・シャケ・ウナギ・鶏皮・牛すじ
  • ビタミンA・・・ニンジン・レバー・ウナギ
  • ビタミンB・・・肉類・卵・青魚・納豆
  • ビタミンD・・・卵・干しシイタケ・マグロ
  • カルシウム・・・牛乳・小魚

爪を作っているのは生え際の部分です。ここを反対側の指でトントントントン!と軽く叩いて、普段から血行をよくしてあげることも効果的です。テレビを見ている時などのクセにしてしまうとイイですね。

爪ヤスリの使いみち

爪のタテ筋は、加齢によって加速します。エメリーボード(爪ヤスリ)で表面を均す際には、できるだけ目のこまかいものを使いましょう。

エメリーボードは、使いすぎると後から生えてきた爪との間に段差を生じさせ、むしろ爪をボコボコにさせる原因になります。使うときは加減をしながら、必要な部分だけにやさしくかけましょう。

また、爪切りは、力が強すぎて二枚詰めや爪割れの原因になります。伸びた爪はヤスリで削るか、使う場合は一気に切らず、なるべくこまかくカットしていくようにしましょう。

気になる指先の角質も、爪ヤスリで整えることが出来ます。お湯で指先をふやかしたら、エメリーボードをやさしくかけます。このヤスリをかけた後に、私は卵白を塗ってしばらく放置しています。これをすると、指先がなめらかになります。

卵白は、カラに残っている分だけで充分、10本の指に行き渡ります。水で洗い流したら、もう一度エメリーボードを使ってオイルを擦り込みます。

ちなみに、指先の乾燥が特に酷い時は、一本一本に卵白やオイルを塗って、上からラップを巻いて休んでいます。翌朝には驚くほどしっとりしていますよ。

手の表情を作るエクササイズ

マジシャンやフラメンコダンサーの手は、表情があって魅力的ですよね。ちょっとしたモノを渡すような際にも、ああいったしなやかな手の動きが伴っていると見ていて美しいものです。

また、アルコールが回って体温が高くなると、手が白くみえることはありませんか?血行がよくなると、手は格段に美しく見えます。

血行促進といえばマッサージですが、意外に見落とされがちなのが、関節の運動です。

手首を回したり、10本の指をピアノを弾くように動かしたり、握っては開くグー・パーを繰り返したり、全体を振ってブルブルさせることは、いつでも簡単にできる最強のエクササイズです。

内側から手の温度が上がってきて、血流がよくなることが感じられると思いますが、実感としては、マッサージはこの後にした方が効果的だと思います。

手になめらかな表情を持たせるために、私も出番の直前には必ずこの関節運動をしています。余談ですが、手の血行がよくなると、緊張から早く解放される副産物もあります。

手指の輝きは内側から

どうでしょう。どれも簡単に出来ることばかりですよね。ポイントは、保湿と血行です。

爪は、自前の潤いがあればクリームやオイルを擦り込んだだけでツヤツヤと輝きますし、きちんと血流がめぐっていれば何もしなくても桜貝のように綺麗なものです。手が暖かいほど、指先も手の甲も、白くやわらかそうに見えます。

これから暑い季節になりますが、冷房はやはり美しい手にとっても敵ですね。手が冷えた時には、例のエクササイズをこまめにして、内側から血行をよくしましょう。

真珠の爪、白魚の指は、こんなちょっとしたケアの継続が作り出すのです。

~舞台女優が教える美のレッスン

この記事をシェアする

関連記事