• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼のすべてを知ったら不幸になる?彼のことを知りすぎないメリット

Date:2013.11.21

好きという気持ちが募れば募るほど、彼のことが気になるものですね。仕事中も今彼は何をしているのかしら?と考え、仕事が終われば、彼はまだ仕事かしら?飲み会って言っていたけど本当かしら?今何をしているのかしら?と気になってメールをしたりしてしまいます。

でも返事がないと不安になって、TwitterやFacebookを確認したりして…。彼女なのに、なぜそんなことをして彼の行動を知らなくてはいけないの?なんてわびしくなってしまうことも。

さらに、Facebookなどを見て、自分には知らせていないことが載っていたりすると、私には秘密にしている!なんて思ってしまい、彼を問い詰めてしまったり。それが誤解でも、悲しい思いをすることに変わりはありません。

そんなことにならないように、彼のことを追いかけすぎるのはやめた方がいいかもしれませんよ。

彼のことを気にしない

いくら恋人同士でも、会っていない時間は自分の時間です。その時間はそっとしておいてあげることが今後の付き合いにも影響しますよ。

彼が自分の時間に何をしているのか、気になるのは仕方ないけれど、それを詮索するのはよくありません。束縛されていると思うからです。束縛ではなく、単純に彼のことを知りたいだけなら、自然に聞いてみればいいのです。

それを変にTwitterやFacebookを確認していると、彼は監視されていると感じてしまいます。お互いに自分の時間に関しては、何をしているかは理解していても、干渉はしない、ということが大事ですよ。

TwitterやFacebookを見ない

片思いなら、彼が何をしているのか、誰と会っているのか、休日は何をしているのか、趣味は何か、などについて彼の口から聞けないだけに、気になります。だから、TwitterやFacebookなどを除いて、彼の行動をチェックするのです。

でも、彼女であればそこに登場するくらいの立場。それを気になるからといって、いちいちチェックする必要はないのです。

彼女の立場でそれをしていたら、彼にとってもみれば、監視されている、と感じてしまうかもしれません。彼が何か隠し事をしているかもしれないから、チェックしている、と思わられて、イヤな気分になるかもしれませんよ。

気になるなら、本人に直接聞きましょう。

知らなくていいことは知らない方がいい

携帯電話を見て、女性の名前があるだけでイヤな気分になるように、TwitterやFacebookを見て、女性の名前や写真が載っていたら、イヤな気分になりますね。

彼としてはただの友達としてしか見ていない女性なのに、彼女が焼きもちをやいていれば、面倒くさい、と思ってしまうかもしれません。

彼が浮気をしている、ということではないのなら、余計なことで傷つく必要はありません。知らなくていいことは知らない方が優しくなれますよ。

彼の過去のことを気にしない

彼の元カノのことは気にしないようにしましょう。元カノと連絡を取っていることもあるかもしれません。でもそれは、彼からではなく元カノから連絡が来ているだけなのかもしれません。

どうしても気になるようなら、どういった要件なのか、どうして元カノと連絡を取っているのかを、1回だけ聞きましょう。あなたに影響がなさそうであれば、気にしないことです。

彼の情報を集める時間を作らない

彼は今、何をしているのかしら?もしかして他の女性と会っているのでは?などと疑心暗鬼になってしまうことが、一番怖いことでムダなことです。彼のことばかり気にしていると、疑心暗鬼になってしまうので、疑うような時間を作らないようにしましょう。

彼と会えない時間は、何か熱中できることをしましょう。彼のことなんて考えなくてすむこと。映画を観たり、友達と会ったり、エステに行ったりと楽しい時間を過ごしましょう。一人でも楽しい時間を過ごせることで、心に余裕ができ、疑心暗鬼にならずにすみます。

エステやスポーツジムなどに行って、体を磨いて美しくなればそれも自信につながりますよ。

『知らぬが仏』

彼のことを疑うということは、彼を信じていないということ。信用してもらえない彼は、悲しい思いをするでしょう。それにやましいことは何もしていないのに疑われるのは、気分が悪いものです。彼女の嫉妬深さに嫌気がさすかもしれません。

疑わなければそんな思いをさせずにすむし、自分も楽な気持ちでいられるのです。彼のことを疑わずに信用してあげましょう。そのためには、疑心暗鬼の要素となるメールやTwitter、Facebookなどを見ないことです。

知らなければ、疑うこともないし、彼のことを大好きな優しい彼女、でいられますよ。

この記事をシェアする

関連記事