• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

実証!尻ウォーキングで小尻は作れる!?

Date:2013.10.22

デパートやショッピングモールで、水着がたくさん並んでいるのを見ると、欲しくなって手に取りますが、結局もとに戻します。理由はただ一つ。はたして本当に着れるのか?ということ。お腹、二の腕、太もも…女性の体形の悩みは尽きません。

中でも、30歳を過ぎると、お腹・お尻を含む腰回り、気になりませんか?出産を経た方は特にそうかもしれませんね。普段動かしにくい場所ですので、筋肉が付きにくく、どのようにすれば痩せるのか、永遠のテーマと言っても過言ではありません。

痩せることも良いのですが、痩せすぎても、パンツなどが不似合になることもあり、筋肉が付き引き締まって健康的になってくれたら理想的だと思いませんか?

お尻の筋肉は、まず、腰回りを「中殿筋」、お尻のほっぺた部分を「大殿筋」と呼ぶのだそうですが、この2つを上手に鍛えられれば、お尻の位置が高くなり、スタイルも良く見えるとのことで、痩せるよりも鍛えることを考えたいと思うのですが…では何をしたら良いのか…?

と、悩んでいるところで、随分昔に、どなたか忘れましたが、あるタレントさんが、小尻になるためのヒップウォーキングなるものを紹介していたのを思い出しました。

簡単に言えば、「お尻で歩く」のだそうです。床、畳の上に足を伸ばして座り、左右のお尻をずらしながら前進・後進します。イメージはこうです。

本当かなぁと半信半疑ではありますが、夏のビキニに向けて、1週間5~10分程度ずつで続けてみました。

8畳の部屋(フローリング)を端から端まで、ヒップウォーキングで10往復します。畳の方が痛くないのですが、フローリングの方がお勧めです。

お尻の肉部分が、骨と床にあたりゴリゴリして(実際音もするほどゴリゴリします)、それがかなり効果的なのだと思います。痛いですが、お尻のお肉も厚みがあるので、音や感触の割にはあざができたりすることもありません。

ゴリゴリは、エステでもみほぐされている効果と同じなのではないかと思います。また、右、左、と、お尻を持ち上げるように前後させますが、その際、腕は肩の位置まで引き上げるのが良いでしょう。脇腹から両腕までを伸ばすことで、外腹斜筋も鍛えられます。

初めて3日ほどで、私の場合は早々効果が見られました。お尻の下のたるみが消えました。サイズそのものは、期待していたほどダウンしていませんが(1cm弱のダウン)、鏡で見る自分の後ろ姿のヒップラインが、まったく違います。

テレビにでるタレントさんは、もともと綺麗だから…と、その紹介も半信半疑で聞いていましたが、私のような一般人にも効果があることが分かりました。

夏は水着だけでなく、ホットパンツやミニスカートなども履きたくなる季節ですが、この夏、お尻・腰まわりの悩みは、このヒップウォーキングで乗り切れそうです。簡単に今すぐに始められるエクササイズです、お試しください。

この記事をシェアする

関連記事