• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

裸眼で過ごせるようになる!どうやって視力を回復したらいい?

Date:2013.10.23

コンタクトや眼鏡はわずらわしいですよね。コンタクトはきっちりお手入れをしなくてはいけませんし、長時間つけていると目に酸素が届きにくいという悪影響が・・・。

眼鏡は、視界が狭く、夏は汗をかいた時不快ですし、冬は電車に乗った時などにレンズが曇ってしまうことも・・・。やはり裸眼で過ごすのが一番です。どうにかして視力を回復することはできないでしょうか?

3D

よく、目の焦点をずらすと立体的に見える絵がありますよね。寄り目にしたり、少し遠くを見るようにしたり目を動かしていると、突然絵の中から文字が浮き上がってきたり。

その3Dの絵が視力回復に役に立つそうですよ。こんなもので視力が良くなるのかと不思議に思ったりもしますが、視力が良くなった人もたくさんいるようですよ。

視力回復用に3Dの絵ばかりが載っている本もありますから、いつも持ち歩いてちょっとした空き時間に見るのもいいかもしれません。普段使わない筋肉が動かされるのでしょうか、慣れないと少ししんどいですが、気分が悪くならない程度に見てくださいね。

裸眼で過ごす

視力が悪いとどうしても、眼鏡やコンタクトにいつも頼ってしまいがちですが、そういうものにずっと頼っていると、やはり自分で見る力が弱まってしまいますよね。時には裸眼で過ごし、より遠くを見るようにしたほうが良さそうです。

日々、眼鏡やコンタクトに頼っている人は、見えなくてイライラしてしまうかもしれませんが、自分で目の筋肉を動かすことはやはりしておいたほうがいいですよね。

すぐには効果は出にくいかもしれませんが、毎日積み重ねていけば視力も少しずつではあるようですが良くなっていくみたいですよ。

超音波機器を使う

視力の悪い人は目の奥の筋肉が固まってしまっているそうです。その固まった筋肉をほぐしてくれる機器があり、その超音波を毎日当て続けると、固まった筋肉がほぐれ視力が少しずつ良くなっていくそうです。

目の奥の筋肉は自分で指をつっこんでほぐすことなんてできないので、そういう機器があるなら是非とも使ってみたいですよね。

使い方は、毎日10分間まぶたに当てるだけとのこと。痛みなどの不快感も全くなく、抵抗なく続けられるもののようですよ。簡単に視力が回復してくれるなら嬉しいですよね。

他にも、最近増えてきているそうですが、視力回復用コンタクトレンズやレーシック手術がありますが、もし抵抗がなければ試してみるのもいいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事