• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏に嫉妬をやめたい!周りへ嫉妬せず心穏やかに付き合う方法

Date:2017.11.09

彼氏の周りにいる女性や友達などに嫉妬することはないでしょうか。

彼氏と二人だけでいたいという気持ちが強いと、彼氏の周りにいる同僚や友達、家族などに嫉妬してしまうようです。

特に、自分と同い年くらいの女性や魅力的な女性がいると嫉妬心は強くなる傾向にあります。嫉妬は不信感や不安感を招くだけで良いことが何もありません。

今回は、彼氏の周りに嫉妬せず、心穏やかに付き合う方法をご紹介しましょう。


彼氏と連絡をマメにして気持ちを通わせる

彼氏の周りにいる女性に嫉妬してしまう場合には、連絡をマメに取り合うことがお勧めです。

彼氏と一緒にいられない時は、連絡することで心が落ち着くものです。

連絡を取らないことで、寂しさや苛立ちなどを感じて心が乱れてしまうでしょう。不安になった時や嫉妬しそうな時は、彼氏を避けずに繋がることがポイントです。

心穏やかに付き合うために、彼氏と一緒に過ごせない時間は連絡を取って気持ちを落ち着かせましょう。

電話やメール、SNSなど連絡を取る手段は様々ありますが、基本的には相手の時間を奪わなくて済むメールやSNSがお勧めです。

彼氏の仕事を邪魔することなく、彼氏のタイミングで返信することができるからです。

連絡好きな女性の場合は、彼氏から返事が来なくても連続送信してしまうこともあるかもしれませんね。

しかし、こちら発信で行ってしまうと彼氏からは来ないというパターンになりやすいので要注意です。

嫉妬している時は、以下のようなことを考えませんか。

  • 「返さないのは女性といるから」
  • 「私以外の女性と連絡を取っている」

上記のように思ってしまうかもしれませんが、彼氏が単に忙しいだけということは多々あることです。

しかも、彼氏側からしなくても彼女側から必ず連絡が来るというスタイルが定着してしまうと、彼氏からの連絡はますます減っていきますので、負の連鎖状態です。

嫉妬しないために連絡を取り合っているのに、自分で嫉妬心を煽ってしまうということもあるのです。

10回連絡したら彼氏からも10回連絡がくるのではなく、10回返事が来るだけです。連絡が欲しいなら、こちらも受け身になる必要があるのです。

もちろん自分が希望とする連絡間隔ではない場合、嫉妬心が解消されることはないので、彼氏との話し合いは必要です。

「1日〇回は自分からメールする!」というお互いに納得できる回数を決めれば、対等の関係になりますし、過剰に連絡をすることがなくなるでしょう。

特別であることを感じる時間

嫉妬しないためには、連絡が来たら細かいことは気にしないということも大切です。

  • 「メールが届くまで〇時間かかった」
  • 「メールの内容が薄い(短い)」

上記のように不満はかもしれませんが、毎日のように愛情たっぷりのメールをできるのは彼氏と彼女として付き合っているからです。

心穏やかでいるためには、メールの回数や内容ではなく、やりとりしているということを意識しましょう。

特別な相手だからこそできるやりとりなのです。

自分が彼氏にとって特別な存在であると認識してさえいれば、余計な嫉妬などせず楽しく付き合っていけるでしょう。

中には、嫉妬して彼氏の携帯電話を見てしまう方もいるようですが、彼氏と女性のやりとりを見ても幸せになることはないでしょう。

何の変哲もないメール内容であっても、嫉妬している気持ちがきっかけで覗き見しているので、嫉妬心が収まることはないのです。

嫉妬せず、心穏やかに付き合うためにも自分と彼氏のやりとりだけを考えて、他の女性と彼氏の連絡事項は見ないようにすることもお勧めします。

周りにいる女性のことを把握しておく

彼氏の周りには職場の女性や女友達など、女性の影は常にあることでしょう。

自営業でも出先や美容室などに、やはり女性の存在はありますので避けることは難しいことです。

嫉妬してしまう理由として、彼氏との関係性が見えない、不意に現れるので把握できていないなどがあります。

心穏やかに付き合うためには、彼氏の周りにいる女性について明らかにしておくこともお勧めです。

職場の同僚や幼馴染、彼氏の友達の彼女、美容室の担当女性など、彼氏が親しい女性について知りたいことを聞いておくのです。

  • 年齢
  • 結婚や彼氏の有無
  • 付き合いの長さ

上記のような情報を入れておくことで、全く見えない存在ではなくなるので安心できるようになるからです。

特に、彼氏と連絡を取り合う女性とは一度紹介してもらうと良いかもしれません。

自分も親しくなれば、嫉妬する理由がなくなるからです。

嫉妬してしまう女性がいるなら仲良くなってしまうことが最適ではないでしょうか。

不満な女性がいたら友達へ相談する

嫉妬しないために彼氏の周りにいる女性を明らかにしたものの、それでも出会いが途切れることはないですし、中には仲良くなれない女性もいるでしょう。

そんな時は嫉妬する気持ちが増してしまうかもしれませんね。しかし、嫉妬しても良いことなど何もありません。

わかっていても嫉妬してしまい、様々な気持ちと葛藤してしまう時には友達へ相談することも一つの解決法になるでしょう。

特に女友達であれば同性ですから、抱いてしまう不安な気持ちや苛立ちなども理解してもらいやすいはずです。

女性の場合は、誰かと話すことでストレスが発散できるということもあり、直接会うか電話などで気持ちを吐き出してみましょう。

仕事を辞めない限り、又は女友達との連絡を断ち切らない限りは、彼氏の周りにいる女性への嫉妬を完全になくすことはできないでしょうが、それは無理なことです。

話すことで楽になる、気持ちの整理がつくなどメリットがありますので、心穏やかにするためにも友達に自分が思っていることを全て聞いてもらいましょう。

妄想や想像で判断しないようにする

彼氏に嫉妬してしまう時、現実ではなく妄想や想像から判断していることはないでしょうか。

彼氏の周りの女性の存在を知っていても、親しいことがわかっていても気持ちをそこへ注がずに、二人のことへ目を向ければ心は穏やかになります。

  • 「この前くれたプレゼント、とっても可愛かったなぁ。今度は私も何かプレゼントしよう」
  • 「今度のデートはどこへ行こうかな」
  • 「そろそろ二人の記念日だからどうやって過ごそうかな」

上記のように、彼氏と自分の恋愛だけに目を向けるようにするのです。

妄想や想像の話は、実際に起きていることではないのですが、考えているうちにそうではないかと思い込むことがあるようです。

立場を置き換えてみれば、とても失礼なことをしていると気づくのではないでしょうか。

考える力は良いことばかりではない

妄想や想像をしてしまう方は、感情豊かで何についても深く考えてしまう傾向にあるようです。

想像力も感情豊かなことも決して悪いことではないのですが、嫉妬についてその力を使ってしまうとどんどん悪い方向へ進んでしまうかもしれません。

できるだけ明るく、楽しいことへ使うことで嫉妬からも解放されるはずです。

彼氏の周りに嫉妬しないために、自分の力は良いことへ注ぎましょう。自分の想像力で心穏やかになることはできるのです。

嫉妬しそうになる時には、彼とのデートや将来など二人のことについて考えると良いでしょう。

例えば以下のような嫉妬はNGです。

「私に連絡しないで○○(女性)とメールしてた?」

連絡が来ない時や遅い時に、嫉妬していると思わせるような内容を言うのではなく、以下のように言ってみましょう。

  • 「流行りのお店へ行ってみたい」
  • 「一緒に○○というイベントへ参加してみたい」

以上のように、他の女性と連絡を取っているということには触れず、二人のことを話すのです。

例え女性の影が見えていてもそこを指摘しないことで、「二人のことをいつも考えてくれる良い子だなぁ」と思ってもらえるでしょう。

想像や妄想する力は、二人の仲が良くなることに使って、自分だけではなく彼氏の心も穏やかにしてはいかがでしょうか。

大好きな彼氏の愛を疑わない

彼氏の周りの女性や友達に嫉妬しないで心穏やかに過ごしたいのであれば、彼氏の愛を疑わないこともお勧めします。

彼氏は、あなたのことを愛しているからお付き合いをしているのですから、疑うことはせず、信じましょう。

彼氏が周りにいる女性に目を奪われて恋をしていれば、あなたとの恋人関係は解消するはずです。

それでも他の女性を選ばずにあなたのことを彼女としているのですから、嫉妬する必要はありません。愛されていることを信じるのです。

中には「好き」や「愛してる」など、気持ちを口に出してくれない彼氏もいるかもしれませんが、「言ってくれない」=「愛されていない」ではないのです。

彼氏の愛を実感できたことを思い出す

心穏やかに過ごすために、周りに女性の姿が見えても「彼氏に愛されているのは私だけ」と思えることを思い出してみましょう。

優しくされた時や助けてもらった時、抱きしめられた時など、愛されていると実感できた時を思い出すのです。

彼氏から日々もらっている愛情表現や出来事を思い返すで、嫉妬してしまう気持ちを愛されているという気持ちで消すことができるでしょう。

彼氏の周りに嫉妬してしまうような素敵な女性はいるかもしれませんが、同じように愛情を注がれている女性はいないのです。

彼女だからこそ愛してくれるのですから、大好きな彼氏のことを疑わずに信じましょう。

彼氏の笑顔や優しさを思い出すきっかけとして、動画や写真を見ることもお勧めです。

二人でいるからこそ見せてくれる笑顔によって心穏やかになりますし、彼氏の愛を感じられる思い出に浸ることで嫉妬からも解放されるでしょう。

独占したいという気持ちを抑える

彼氏の周りにいる人々に嫉妬してしまうのは、「私のもの!」、「誰にも渡したくない!」という独占したいという気持ちがあるからです。

大好きだからこそ思う気持ちではありますが、独占欲が強すぎると過度な束縛にも発展しかねません。

束縛されることで彼氏は窮屈さを感じてしまい、付き合うことがストレスになっていくことも考えられます。

独占したいという気持ちを抑えることができれば、嫉妬に対しても敏感に反応しなくなるでしょうから、考え方を変えて心を穏やかにしましょう。

彼氏は自分の物ではない

まず気づいていただきたいことは、彼氏は人であり物ではないことです。

自分が購入した靴やバッグなどは、自分の物ですから人に貸さなくても良いですし、履かずに飾っていても構いません。

しかし、彼はあなたが購入した物とは違います。

人間であり、「ああしたい」、「こうしたい」という意思もあります。ですから、あなたの思いとは違う方向へ動くこともあります。

他の女性と食事をする、メールをするなど、仕事上やむを得ずすることを逐一あなたへ確認する義務はないのです。

自分の物ではない以上、独占することなど不可能であると考えましょう。

結婚しているわけではないので、付き合っている証明はないことから不安になってしまうかもしれませんが、それはどうにもならないことであると気づきましょう。

どうにもならないことをどうにかすることなどできませんから、彼氏への独占欲は潔く諦めるのです。

彼氏は、何の約束も証明もなくても自分の元へ戻ってくれるのですから、独占したい気持ちではなく気持ちよく帰れる場所へすることに目を向けましょう。

「私といないとダメ!」という気持ちではなく、以下のような気持ちになりましょう。

「私の元へ早く戻りたくなるように、安らぎや癒しを与える場所を作ろう!」

以上のような気持ちになれば、そうするためには何が必要か、何をすべきかなどについて考えるようになります。

彼氏が好きな料理作りやマッサージの勉強など、嫉妬以外にすべきことが見えてくれば心が穏やかになっていくはずです。

嫉妬する気持ちは彼氏を気持ちよく迎えるという気持ちに換えて、独占欲も押さえましょう。

彼氏以外のことにも目を向ける

嫉妬してしまう時には、彼氏のことを考えても独占したい気持ちが強まりますので、彼氏のことを忘れてしまうこともお勧めです。

忘れるといっても完全に排除することはできませんが、ご自身が好きなことに目を向けているうちは考えずに済むはずです。

  • 気持ちがすっきりする断捨離や掃除
  • 恋愛観を考える機会になる映画やドラマ鑑賞
  • ハンドメイドやスポーツなどの趣味

ご自身が好きなことをしている限りは、彼氏についてあれこれ思いを巡らせることはないはずです。

嫉妬しないためには、彼氏のことばかり考えすぎないということです。

丸1日彼氏のことだけを考えていると自分の生活や仕事、趣味などが疎かになってしまいます。

嫉妬する気持ちから依存する気持ちになってしまうと、彼氏なしでは何もできなくなってしまうかもしれません。

恋愛はどちらかが相手を背負うのではなく、ある程度距離を置いて同等の立場で楽しむものです。

嫉妬と言う負担をかけすぎれば、彼氏は倒れてしまうかもしれません。

彼氏の周りに嫉妬してしまう気持ちになる前に、自分の時間も楽しめる女性になって
心穏やかに、そして楽しい付き合いを続けていきましょう。

嫉妬ではなく「やきもち」と伝える

彼氏の周りに嫉妬してしまう時には、嫉妬してしまう気持ちを伝えるという方法もあります。

ここでポイントになるのが、本気で伝えないということです。

「○○君ってモテるね。やきもちやいちゃうよ」と可愛らしく伝えることが重要です。

イライラや怒りの気持ちで伝えてしまうと口喧嘩になりかねません。

嫉妬しているのはこちらの気持ちで、彼氏の気持ちではありません。

嫉妬についてそれほど関心がない、全く気づいてないという彼氏の場合は、急に「嫉妬でイライラするんだけど!」と言われてもびっくりさせるだけです。

「やきもちやいちゃう」というやんわりした言葉で、こちらの気持ちに気づいてもらうのです。

抗議ではなく、気持ちを伝えているだけですから、彼氏は「可愛いなぁ。でも俺が好きなのは○○だけだから心配しないで」と言ってくれるのではないでしょうか。

優しい言葉を掛けられることで、嫉妬していた気持ちから解放されて心が穏やかになるはずです。

「好き」も伝えることで嫉妬から解放される

「やきもちやいちゃう」と気持ちを伝えることで、気持ちも楽になるでしょう。

言葉に出して伝えることで胸のつかえが取れるからです。

話して状況が変化しなくても、彼氏の心に「好きだから嫉妬してしまう」という気持ちも届くはずですし、彼氏の行動が今後変化することも考えられます。

彼氏に嫉妬していることを可愛らしく伝えた時は、「あの子がとっても可愛かったから。ごめんね」と謝ることも忘れないようにしましょう。

「やきもちやいちゃうのは、私のほうが○○君のこと好きなのかもしれない」と言うこともお勧めです。

「俺のほうが好きだよ」、「好きなのはお互い様だよ」などという答えが返ってきたら、彼氏の愛を実感することができて心が穏やかになるはずです。

嫉妬した時は、伝え方次第で二人の愛情を確認する時間にもなりますので、こちらの方法も是非試してみてはいかがでしょうか。

昔話をしても過去の恋愛には触れない

嫉妬しないためには、不要な情報を排除することもお勧めです。特に、メリットがないことは彼氏の過去の恋愛です。

お互いの幼少期や学生時代などの昔話をしているうちに、過去の恋愛へと話が及ぶことがありますが、嫉妬を避けるためには聞かないことです。

過去の恋愛についてはお互いに言わない、聞かないという決まりを作れば、不要な嫉妬をすることはありません。

彼氏が付き合っていた彼女のことが気になることもあるかもしれませんが、聞いたところで何のメリットもないのです。

むしろ嫉妬心が強くなって、もう存在しない彼女のことを考えることが増えていきかねません。

話を聞いたところで心は満たされない

心穏やかに付き合うためには、彼氏の元彼女の話は聞かないほうが良いでしょう。

大好きな彼氏のことは何でも知りたいと思うかもしれませんが、全てを知ることなどは到底無理ですし、内容によっては自分が落ち込むだけかもしれません。

彼氏と出会った女性が何人いるかわかりませんが、その女性たちのおかげで今があり、こうして付き合うことができていると思うようにしましょう。

また、彼氏の周りの女性について情報収集することも良いとご紹介しましたが、細かいことは聞かないほうが良いかもしれません。

例えば、職場の同僚の女性と出張へ行った、飲み会へ参加したなどの話も、その場を想像して嫉妬しそうになるのであれば止めましょう。

しなくてもよい嫉妬をする羽目になるかもしれませんので、彼氏の過去の恋愛について問いただす、質問するなどは控えましょう。

彼氏に嫉妬しない彼女になれば恋愛の悩みが1個減る!

恋愛中は、色々な悩みが出てきますよね。その中のひとつが嫉妬です。

ご紹介した方法で、嫉妬しないで心穏やかに付き合うことができれば、悩みを1個消すことができます。

嫉妬は負の感情なので、良いことは何もありません。自分にも彼氏の負担になるだけです。

彼氏のことが好きだからこそ起こる感情ですが、心穏やかに付き合うためには排除すべきことと言えるでしょう。

嫉妬しないことは、慣れるまでは難しいかもしれませんが、自分の心を操作できるのは自分だけです。

彼氏と会っている時も離れている時も楽しい時間を過ごすために、嫉妬とも上手く付き合ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント