• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性と話して激怒は異常?!嫉妬深い彼氏と円満に付き合うコツとは?

Date:2014.02.05

「男性と話しただけで激怒される」、「好きな男性芸能人の男性の話をしただけで不機嫌になる」など嫉妬深い彼氏と付き合ったことはありますか?

嫉妬深い彼氏を異常者にせず、円満に付き合いたいなら嫉妬させないことが一番の解決策です。今回は、嫉妬深い彼氏と円満に付き合うためのコツを実際に嫉妬で困っていた女性たちから学びましょう。

Iさんのコツ 転職する

大学時代から付き合っている彼氏はあることがきっかけで嫉妬するようになったそうです。詳しく聞いてみましょう。

「大学時代は会える時間が沢山あったので嫉妬はほとんどありませんでした。でも社会人になって私の仕事が忙しくなると徐々に態度が変化していったんです。彼は土日休みで平日も定時に終わる仕事に就いたんですが、私の仕事は不規則。

男性も多かったせいか、帰りが遅い日などは必ず『職場の男とデートしていたのか?』と嫉妬するようになったんです。『仕事よ』と本当のことを話しても信じてもらえず、出張が増えると彼氏の嫉妬はエスカレートして、会社にも電話をしてくるようになりました。

浅い付き合いの彼氏ならそこで別れも考えるかもしれませんが、大学時代からの付き合いなので別れる気はなくて、どうすればいいか考えてあることを決めたんです。転職です。親戚の会社で事務員を探していたのでいいタイミングだと思いました。

土日は休みですし、平日も午後6時には仕事が終わる職場なので彼氏とのデートもできるので、嫉妬されることはないと思いました。実際に転職してみると彼氏の嫉妬はなくなりました。前の仕事に未練はありますけど、私の一番は彼氏なので後悔はありません」

Aさんのコツ 予定を知らせて休日は携帯電話を離さない

客室乗務員のAさんは、フライトで海外へ行くこともしばしばあるそうです。付き合った当初は嫉妬されなかったそうですが、あることをきっかけに悩む日々が始まったそうです。

「ある日のフライトで3人の男性から連絡先を渡されたんです。もちろん丁重にお断りしましたが、1日に3人なんてことがなかったので嬉しくて彼氏に話したんです。

そしたら『Aが誘うか、その気にさせるようなことをしたからだろ!』ってひどく怒られたんです。怒らせるつもりじゃなくて嬉しかったから聞いてほしかったと言ったんですけど、翌日くらいからでしょうか、連絡が頻繁に来るようになりました。

フライト中は、メールも電話も一切できないので出ることができないと、着信履歴が彼一色。メールも『仕事中にナンパされた男と一緒なのか?』という嫉妬的内容がぎっしり。どうしたらいいかと考えて、予定を全て伝えることにしたんです。

『休みの日はいつでも電話に出るけれど、今週○曜日と○曜日は仕事で海外です』と一週間ごとに予定を詳しく伝えることにしたんです。宿泊先のホテルの場所や電話番号も教えました。

それでも嫉妬が続くなら別れるしかないと思いましたが、仕事やOFFの日の予定を詳しく知らせるようになったら『本当に仕事なんだな。疑って悪かった』と謝ってくれて、嫉妬が落ち着いたんです。知らないことが不安で嫉妬していたとわかりました」

Rさんのコツ 一緒に暮らす

職場の同僚と付き合うことになったRさん。嫉妬深い彼氏にあるコツで対応したそうです。

「職場の男性から告白されたことで嫉妬深い彼氏になってしまったんです。『彼氏が居ると断ったよ』と伝えたんですが、『あいつは彼氏が居ても気にせず奪うタイプだ』と言って、帰宅後には電話やメールで私が本当に一人で居るのかと探ってきました。

なるべく告白してきた男性と関わらないようにしていましたが、仕事上話すこともありました。そうすると『あいつにまた口説かれていたのか?』と彼氏に問い詰められることもしばしば。

それでずっと一緒に居れば落ち着くかもと考えて、同棲を提案したんです。仕事でも家でも一緒に過ごすようになると、疑うことも嫉妬もなくなりました

急に嫉妬されなくなったのでちょっと寂しい気もしますが、彼氏が落ち着いて嫉妬がらみの喧嘩は無くなったので良かったです」

嫉妬されることには原因がある

ご紹介した女性たちの共通点は、彼氏の妄想ではなく嫉妬のきっかけとなる原因があったことです。

皆さんも付き合っている彼氏に嫉妬されないように、くれぐれも誤解を招く言動は控える、日々愛情を伝えるなどして円満に付き合う努力をしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事